オコエ

Last-modified: 2020-07-23 (木) 17:29:17

肌の黒い人物に対する別称・蔑称。
由来は東北楽天ゴールデンイーグルス・オコエ瑠偉から。

解説

関東一高時代に甲子園に出場したオコエは、その俊足ぶりと身体能力を最大限に活かした外野守備*1により一躍有名人となる。
オコエはナイジェリア人とのハーフであり、いかにも外国人めいた風貌をしていたことから、なんJ内では肌の黒い人物の代表格となった。
これにより、なんJではそうしたアフリカ系・ベネズエラ系の人物やハーフの日本人に対して「オコエ」という単語が日常的に用いられるようになっている。

使い方によっては人種差別に該当する可能性もあるため、注意が必要である。

オコエスレ

"オコエの握ったお寿司"や"オコエ「ネットデ オデノコト バカニシタロ?」"等オコエをただの黒人として馬鹿にするスレ。

なおオコエ本人は入団当初こそハーフの高卒ドラ1野手として注目されたが期待ほどの結果は残せていない。
しかし、奇抜な髪型やTwitterやInstagramなどでのファッション系の投稿、さらには公私に渡る度重なるやらかしなどの話題を定期的に提供し続けており、捻りのないオコエスレが注目されることは少なくなっている。

関連項目


*1 当時のオコエ評は「守備走塁は一軍即戦力、打撃はお察し」である。