サンキューガッツ

Last-modified: 2021-03-25 (木) 19:26:52

元・北海道日本ハムファイターズの小笠原道大内野手をモデルにしたぐう聖キャラクター・日ハム小笠原ガッツ)に対する感謝の言葉。
略して「サンガツ」や「三月」と書くことも多い。
現在では、日ハム小笠原とは無関係になんJで誰かに感謝を伝えるために広く使われている。

概要

語源は野球chなんJ移民騒動のさなか、伝説のカッスラーとして名高い三下沢おゲス晴が放った名言「サンキューカッス」であると思われる。

どうしてくれるんだ自治厨2
http://live24.2ch.net/test/read.cgi/livebase/1242134003/513


513 :三下沢おゲス晴(種:NOAH豚) ◆MW0crJ.GXY :2009/05/12(火) 23:06:42.33 ID:fPSsOyzw
例え最後のひとスレになっても
生き残る信念がカッスにはあるんだろう

サンキューカッス
万歳キンタマ

カッス(巨人小笠原)の畜生行為を描くネタスレ・カッスレは野球chの名物となり、様々な人が競うようにスレを立て発展していたものの、これが遠因となり野球chに大規模な規制がかけられることになり、多くの野球民が難民と化した。
この惨状をみたカッスレの王・三下沢おゲス晴はいくら規制されてもカッスレが生き残ることを宣言、カッスに感謝を捧げた。
その後、野球民はなんJへの侵略を実行。
こうしてなんJに移民を果たし平和を手にした野球民たちは、なんJ民となり現在に至っている。

なんJでは、ぐう畜カッスの対極をなすぐう聖ガッツ(日ハム小笠原)のAAを貼ってぐう聖発言・お役立ち発言をする文化が定着し、これに対するお礼として、サンキューガッツが使われるようになった。


関連項目