Top > スイッチオン


スイッチオン

Last-modified: 2019-10-19 (土) 02:50:55

2012年シーズン終盤、埼玉西武ライオンズ監督・渡辺久信が当時好調だった中継ぎ陣の連投を示唆した発言のこと。


初出記事と経緯 Edit

スポーツナビ「西武・渡辺監督、中継ぎ陣の連投を示唆『スイッチオンだよ』」(2012年9月2日)

 以下は渡辺久信監督のコメント。
(中略)
(ウィリアムスは4連投だが?)明日は(試合がなく)空きます。
9月の1カ月のために(これまで)4連投以上をさせないで来た。中継ぎのピッチャーもわかっています。
ランディ(ウィリアムス)の4連投はベンチの意思表示。スイッチオンだよ

ここまでの西武の中継ぎは7月以降の防御率を2点台(7月は2.55、8月は2.65)に押し上げるなど前半戦の惨状を払拭する活躍を見せていた*1

 

しかしこれがフラグとなってしまったのか、発言直後の試合(9月4日)で長田秀一郎が炎上し敗戦投手に。それ以降も

  • 涌井秀章セーブ失敗(9月8日)
  • 松永浩典・岡本篤志十亀剣の2-2-1失点炎上リレー(9月9日)
  • 涌井セーブ再度失敗(9月11日)

と立て続けに燃えては燃やされいつもの俺達へと逆戻りしてしまいチームは失速して首位から陥落*2、北海道日本ハムファイターズの3年ぶりの優勝を許した事から、前述の発言が

「ナベQは自爆スイッチを押した」
「スイッチオンした結果wwwwwwww」

などとネタにされたのが由来である。

AA Edit

                   ⊂⊃
                                  ⊂⊃
           ⊂⊃
仲間入りだっちゃ    L21   L22   L38   L34
   Λ_Λ          _、_    _、_     _、_    _、_
  ( ´-д-`)      ( ,_ノ` )( ,_ノ` ) ( ,_ノ` )( ,_ノ` ) スイッチオン♪
  | ̄ ̄ ̄|──□ ( O┬O ( O┬O ( O┬O ( O┬O   スイッチオン♪ 
    ̄◎ ̄  ≡ ◎-ヽJ┴◎-ヽJ┴◎ヽJ┴◎-ヽJ┴◎ ____...,、___
⌒::;;⌒⌒⌒;;::⌒⌒.:: :⌒;;⌒::.;;.⌒⌒/   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /::. :; ;⌒⌒:.:⌒:;⌒;;⌒⌒
:::    ;;:    :,;: ;;..  : :;   ,::.;  /   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /.., ,; .:   ,,。,    ::;;,
    :::  :;..  .,;;   ;    : :::., /   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /,,;    :::  :;    ;;:

※AAは左から涌井秀章・十亀剣・岡本篤志・松永浩典・長田秀一郎


リミッター解除 Edit

2019年、西武は8月から調子を上げて逆転優勝も見えていた9月10日、このシーズン主にセットアッパーを務めていた平井克典が「リミッター解除」と称して連投制限の解除を宣言した。

 

しかしリミッター解除をした段階で既にシーズン70試合も登板していたことから、なんJでは平井のリミッター解除を不安視する声が多かった。
その大方の不安は的中し、12日のホークスとの首位攻防戦で0.1回2失点と打ち込まれて敗戦投手、58年ぶりにパ・リーグのシーズン登板数を更新する79試合目のメモリアル登板*3となった9月21日の楽天戦でも0.1回5失点と大炎上で敗戦投手となるなど、2012年同様炎上を繰り返し*4防御率のリミッターを解除した等ネタになった。なお2012年と違って西武は優勝、結局平井は久保田智之に次ぐ81試合(82.1回)に登板し5勝4敗36ホールド、防御率3.50だった。

記事 Edit

西武平井リミッター解除「何連投でも」稲尾超え視野

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909100000688.html

神がかり的な逆転Vへリミッターを外す時がきた。首位攻防最終ラウンドを前に、平井は言った。「もうリミッターを外します。何連投でも投げるつもり。残り14試合で10勝するなら10回投げる。ここまできたらリミッター外して投げきります」。今季は4日連続が1回、3日連続が3回。3日以上の連投を極力避けるチーム方針のもと開幕からブルペンを支えてきたが、自ら制限解除を宣言した。

関連項目 Edit



Tag: 西武 AA






*1 低反発球による超投高打低にも関わらず防御率が4月5.85、5月5.07、6月4.55という悲惨さだった。
*2 72勝63敗で2位。なおCSでは案の定3位ソフトバンクに1勝2敗でファーストステージ敗退。
*3 それまでの登板数の記録は1961年の稲尾和久による78試合(当時西鉄)
*4 9月の防御率は9点台である