バットが話しかけてきた

Last-modified: 2022-01-23 (日) 18:36:58

東北楽天ゴールデンイーグルス時代のフェルナンド・セギノールの打席上での顔芸、それに似た構図の俗称。
「バットがしゃべった」などとも呼ばれる。

概要

2009年10月22日のクライマックスシリーズ第2ステージの第2戦、札幌ドームでの東北楽天ゴールデンイーグルス対北海道日本ハムファイターズ戦で打席に立っていたセギノール*1の驚いた表情が、バットに話しかけられているように見えた事から。

その他の選手の事例

この手のネタは結構多くMLBの選手もバットに話し掛けられる様である。
一説によれば「リラックスした状態で打席に入ろうとし、表情筋を動かしたり肩を上下したりする瞬間に撮影された」との事だが…。

  • 柳田悠岐(ソフトバンク)
  • トロイ・トゥロウィツキー(トロント・ブルージェイズ)

コラ画像

バットに話しかけられた選手の画像を改変した雑コラ集。

画像が大きめなのでクリックして展開。







この他にも色々なコラ画像があるので、気になる人は画像検索してみよう。

おまけ(レアード、地震速報に驚く)


2016年10月16日に札幌ドームで行われたクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦の7回裏の日本ハムの攻撃中、午後4時37分に宮城県沖を震源とするマグニチュード(M)5.3、最大震度4を観測した地震が発生*2。その後の速報で地震があった事をテロップで流した際、テレビカメラに映ったレアードが偶然にもその速報を見て驚いているように見えた事から。

関連項目


*1 この試合セギノールは4回に先制のソロホームランを放っている。
*2 この日発生した地震の中では規模、最大震度共に一番強かった。なお試合のあった札幌では揺れは観測されなかった模様。