Top > パ・リーグTV


パ・リーグTV

Last-modified: 2019-12-06 (金) 15:58:18

パシフィックリーグマーケティングが運営を担当する、パ・リーグ公式チャンネル「パーソル パ・リーグTV*1」のこと。公式サイトのほか、YouTubeのチャンネル、公式Twitterがある。

概要 Edit

月額課金制でパ・リーグの公式戦の中継を見ることができる他、下記のような無料動画を公式およびYoutubeのチャンネル*2、短いものであればTwitterにも投稿している。

この動画の売りは「ジャンルの異様な広さ」。以下のような動画が投稿されており、SNSネタにも敏感な様子が伺える。

  • 試合シーンの切り取り動画。実況・解説もちゃんと入っており試合追いかけに便利。
  • 試合ハイライト。実況・解説のコメント付きであることが多い
  • ヒーローインタビューのフル動画
  • 上記の試合シーン切り取りの詰め合わせ動画
    • 1週間の好プレーをランキング形式で紹介する動画シリーズ「WEEKLY BEST PLAYS 20
    • 1人の選手に注目する動画シリーズ「THE FEATURE PLAYER
    • 「○○まとめ」などと題して試合中の一つのプレーに焦点を当てた動画シリーズ「BEST SCENE SELECTION
  • 引退選手の軌跡を辿る動画
  • 「4-6-3」「6-4-3」「その他」の全併殺打をまとめた動画
  • 「暇な人向け」と称した長い動画*3
  • 全く意味不明なネタ動画*4
  • 「マルチアングル*5の正しい使い方を知らない」と(ネタ半分で)言われるほどのネタ動画の多さ
  • 選手がベンチで飲み物を飲むシーンをまとめた動画
  • 選手の変顔やリアクションをまとめた動画*6
    • 2019年は上記のネタ動画の総集編のようなシリーズ「本日のまとめるほどでもないまとめ」が登場。なんと試合のある日はほぼ毎日出る
    • 味をしめたのか、公式お気に入りの選手は「パTVレギュラー」と呼ばれるほど連日登場、逆に別枠動画が作られる
      • 主要メンバーは中島卓也・茂木栄五郎・外崎修汰ら。中島に至っては余りの出演回数の多さから「パTVの恋人」「中島チャンネル」「Youtuber中島」と呼ばれるほど。
    • 他にも試合中に選手がリアクション芸や珍プレーを見せると「はいパリーグTV行き」「常連入り狙い」などと言われる。
  • 無駄に丁寧なコラ動画*7
  • 動画のタイトルや概要欄で完全に遊びだす
  • 公式でセ・リーグファンを煽る動画を投稿する*8
  • 「二盗・三盗・周東」、「満塁神」などキャッチーなフレーズの数々
  • 果てには元ソフトバンク・摂津正と釣りに出るだけの動画

など、ネタ性、実用性に富んだ様々なジャンルの動画をシーズン中はほぼ毎日ペースで投稿している。そのためパ・リーグファンやなんJ民から高い評価を受けており、また、セ・リーグファンからは「セ・リーグTV」の開設を求める声もあるが、諸事情*9から実現できていないのが現状である。

関連項目 Edit



Tag: 日ハム ソフトバンク 西武 楽天 ロッテ オリックス






*1 パシフィックリーグマーケティングはパリーグ球団6社の合弁企業。パーソルの名称が付くのはパーソルが協賛企業であるため。
*2 2018年まではコメントが投稿できなかったが、2019年シーズンからはコメント欄も開放している。
*3 2019年は全キャッチャーフライを全てまとめた動画を配信。
*4 2019年だと、杉谷拳士の四球でどれだけ視聴者を稼げるか、ホームランを打ってホームベースを踏むまでの速さランキング、更には「パ・リーグ選手名しりとり」など。
*5 試合中のプレーを様々な角度からのカメラで撮影した映像。
*6 ソフトバンク・松田宣浩や楽天・ウィーラーなどが常連。
*7 銀次のバットをライトセイバーにする、「宝石のような有原」と題して有原航平の顔を宝石のようにする、サヨナラ内野安打を無駄に効果音付きでゴルフのカップインのようにする、など
*8 交流戦や日本シリーズ開催の直前。
*9 巨人が日本テレビ系列の「G+」を展開している事と、DeNAのニコニコ生放送等の独占収益、阪神・広島・中日の対民放各局の放映利権の関係などで合弁企業が成立しないため。