Top > ポジ本ポジ真


ポジ本ポジ真

Last-modified: 2019-06-21 (金) 17:04:30

読売ジャイアンツ・岡本和真の別称。愛称にも蔑称にもなる。





概要 Edit

智弁学園時代、大砲として評判だった岡本は2014年ドラフトで巨人から1位指名を受け入団。和製大砲として期待されるものの入団から3年間は燻っていた。しかし2018年、村田修一の背番号25を受け継いでから覚醒。史上最年少で3割、30本、100打点を達成した。

2019年も活躍を期待されたが低迷、
そんな中で岡本自身が「ポジ本ポジ真」と自称し、ネット上でウケて瞬く間に別称として定着。いい意味でも悪い意味でも幅広く使われることになった。


巨人・岡本が夕刊フジに“言葉責め”要求! 「『打てない』って、ボロクソにぶったたいてください」 - 夕刊フジ 5/8(水)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000010-ykf-spo

7本塁打はまずまずのペースだが、打率・244、出塁率・303(成績は同日現在)は物足りなさ過ぎる数字だ。
(中略)
「僕は今、ポジティブキャンペーン中なんです!」と謎のアピールを始め、自身の名前をもじり「“ポジ本ポジ真”でいきます」と景気づけの改名まで宣言していた。


関連項目 Edit



Tag: 巨人






*1 片岡治大経由で中村剛也に弟子入りを志願し打撃が覚醒したと言われている。中村の弟子としては二号扱い。ちなみに弟子一号は山川穂高