マモノ

Last-modified: 2020-10-12 (月) 16:50:21

勝負を左右する場面で登場するとされる存在のこと。野球では主に高校野球で使われる。

概要

一発勝負の高校野球では、「プレッシャーのかかる場面で突如コントロールが乱れる投手」「勝利目前の緊張で固くなる守備陣」「勝っていたのに試合が無効になり、再試合で負ける」といった理由から、劇的な逆転負けする展開が多く見られた。
プロ野球なら敗戦の原因となった選手は「戦犯」扱いされるが、高校生には酷ということで「甲子園には魔物が棲む」と言う格言が生まれ、いつしか「マモノの仕業」と言われるようになった。


AA

|\_/ ̄ ̄\_/|
\_|  ▼ ▼ |_/
   \  皿 /
    ( つC□
    と_)_)

AAの元ネタは、エニックス(現スクウェアエニックス)のゲームソフト「ドラゴンクエスト」シリーズに登場する名物モブキャラである「あらくれ」。
普段はのんびりと寛いでいるが、野球に限らずスポーツイベントが開かれると頻繁に実況スレなどへ出没。試合の山場になると登場し、一部始終を見届けてから帰宅するという実に傍迷惑なキャラクターである。

余談

  • 『実況パワフルプロ野球』の高校野球モードである「栄冠ナイン」では、意図的にマモノを呼び寄せる「甲子園(地方球場、グラウンド)の魔物」という能力がある。これを使うと、そのイニングの間相手選手の全員の捕球が最低ランクの「G」となり、次々に落球後逸悪送球を繰り返すため、魔物ゲーと称されることもある。
  • 転じて他のスポーツ競技でマモノと称される事柄*1でも登場し、出張と称して実況スレに登場する場合もある。

関連リンク


*1 有名なもので年始恒例の箱根駅伝のマモノ、モータースポーツ「SuperGT」のSUGOサーキット(宮城県)で開催されるレースにおける「SUGOのマモノ」が挙げられる。