ヤクルトは新潟に移転して解散しろ

Last-modified: 2022-06-29 (水) 22:25:33

2009年頃から使われ始めた謎理論。明確な初出時期は不明。

概要

1990年代後半以降のヤクルトスワローズは東京を本拠地にするが故の地味さ*1に端を発する観客動員数の伸び悩みが続いており*2、地方に移転したほうがよいとする意見がなんJの内外で多く出ていた。移転地の候補として挙げられたのが新潟(後述)や愛媛*3であったことから、上記の言葉が出現したとみられる。
その中でも「移転してから解散」という流れ作業的かつ理不尽な二度手間を要求するフレーズがなんJ民に受け、定型句として広まっている。

移転構想の経緯

前史:新潟県のスポーツ振興活動の隆盛

新潟をホームタウンとするJリーグクラブであるアルビレックス新潟は1999年のJ2参入以降観客動員を増やし続け、2001年から2012年にかけて浦和レッズに次ぐ動員数2位の座を長らく保持した*4ことから、地域密着を掲げるJリーグチェアマンから「地方/中堅都市の星」と賞賛を受けた。さらに2007年には野球方面でも二匹目のドジョウを狙うかのごとく独立リーグ球団*5の新潟アルビレックス・ベースボール・クラブが設立され、着々と地元に根ざしたスポーツ環境づくりの基盤が固められていった。

NPB誘致へ

2009年7月の新潟県立野球場(現:HARD OFF ECOスタジアム新潟)の完成を契機に、新潟県ならびに新潟市はプロ野球の開催数増加、さらには本拠地誘致を目指す運動を積極的に展開していった。この本拠地誘致のターゲットに選ばれたのが、球場使用契約で当時毎年のように揉めていたヤクルトと横浜だった。

相次ぐ問題点の露呈~誘致活動の停滞、そして自然消滅へ

しかし実際に試合を開催すると、以下をはじめとする観客輸送を中心とした数々の問題が明らかとなる。

  • 球場が最寄り駅の新潟駅から4kmほど離れているため路線バスが必須。シャトルバス等、専用輸送手段のインフラも未整備*6
  • 隣接するデンカビッグスワンスタジアム*7と駐車場を共用するため、Jリーグ開催とのバッティング時は周辺の交通が混雑する。
  • 新潟空港の立地は(空港としては)近いものの周辺の渋滞が多く、アクセスが安定しない。
  • 新潟周辺の気候変動の激しさから試合中止となるケースが多い。

これらがネックとなり各球団とも本拠地移転および新潟開催に及び腰となったことから、観客動員数は開催2年目の2万7000人*8をピークに伸び悩むこととなった。移転を渇望されていたヤクルトの主催試合に至っては2012年の2試合 *9が唯一の例となっている。

追い討ちをかけるように、誘致活動を主導していた新潟県知事*10の交代や、アルビレックス新潟の深刻な経営難及び成績低迷に伴うJ2降格*11による県民のスポーツ熱低下も重なり移転話は事実上消滅した形となっている。

現状と今後の見通し

現在、新潟での試合が多いのはもう一つの移転候補であったDeNAである*12。そのDeNAでさえもホームゲーム開催を横浜スタジアムに集中する方針へと舵を切っているため、2016年以降は毎年1試合のみ*13*14に留まっている。

このような失敗を経た今もなお、社会的な過疎・過密二極化の打破および野球の裾野拡大の一策として「新潟や愛媛など地方へのNPBチーム誘致」という声が定期的に上がっている*15。特に安倍晋三元首相、王貞治古田敦也といった政界・球界の上層部が提唱・支持する「16球団構想」が有力かつ実現性のある案とされ、なんJでもこれについて議論されることがある*16


当時の書き込み

ヤクルトは新潟に移転して解散しろ!
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1259551458/過去ログ

1 名前:風吹けば名無し 2009/11/30(月) 12:24:18.84 ID:mdgNMmeJ
ヤクルトがいてなかったら阪神のCS進出も横浜の最下位も中日がヤクルトに負け越すこともなかったんや!

4 名前:風吹けば名無し 2009/11/30(月) 12:28:05.05 ID:231G7Eg/
移転してから解散するのか


派生ネタ

2013年ごろから「ヤクルトはもうダメだ、新潟に移転するしかないorz」というコピペが確認されている

【不人気】ヤクルトは新潟に移転すべき【NO.1】
https://kohada.5ch.net/test/read.cgi/npb/1269380082/

177 :無礼なことを言うな。たかが名無しが:2013/09/19(木) 19:41:38.35 ID:6pmyJTgu
ヤクルトはもうダメだ、新潟に移転するしかないorz


余談

  • 横浜ベイスターズは2010年に住生活グループ(現:LIXIL)への身売りを打診したものの、住生活側が新潟や静岡への移転を主張したため神奈川財界と揉め破談。翌オフのDeNAへの身売り後も前述の通り新潟開催は続いており、このことから横浜は「新潟住生活ベイスターズ」や「新潟DeNAベイスターズ」、また新潟県の特産品である米を掛けて「米スターズ」「ライスターズ」などと呼ばれることがある。
  • 新潟県市は2011年シーズンからチーム名と同じ「つばめ」にちなんだ交流事業などをヤクルトと行っている。
    • 事業例としては、つば九郎と共に田植えや稲刈りをして販売される「つば九郎米」などがある。

関連項目


*1 東京には同じセ・リーグに読売ジャイアンツが存在すること、東京は地方出身者が多く地域密着の利点が生まれにくいなどの理由から。
*2 90年代初頭の1試合平均3万人超えが続いた時代をピークに減少傾向。2005-14年の10年間にわたり2万人を割り込んでいた。ソース(球団公式HP)
*3 正岡子規の出身地かつ高校野球の伝統校を複数擁する「野球王国」であることに加え、ヤクルトの主催試合や秋季キャンプに使用される松山坊っちゃんスタジアムの存在などが理由。しかし地理的に近く交通の便も良い広島とのファン競合のおそれから、現在は移転話はほとんど出て来ない。
*4 J2優勝(≒J1初昇格)を決めた2003年は1位
*5 BCリーグ所属
*6 NPB本拠地のように、万単位の観客を捌くイベントを年間百試合近く開催する実績を持たなかったことは考慮に入れる必要がある。
*7 アルビレックス新潟の本拠地
*8 4試合平均
*9 9月8, 9日
*10 泉田裕彦。2004-2016年
*11 2018年~
*12 オーナーの南場智子氏が新潟県出身のため
*13 新潟の1試合を除きホームゲームは全て横浜スタジアム開催。(2021年は例外的に、東京五輪の影響で横浜スタジアムが使用できない時期を他球場で代替開催している。)
*14 2021年は2連戦の予定が組まれていたが、1試合が雨天中止となったため結果的に例年と同じ1試合開催となった。
*15 一例として2021年6月、新潟への多目的ドーム設立ならびに本拠地とするNPB球団設立を目指すプロジェクトが発足している。ソース
*16 逆に16球団構想に懐疑論を表明している人物としては里崎智也などがいる。