打たれた平野佳寿です

Last-modified: 2022-07-05 (火) 23:15:05

2021年9月9日の対ロッテ戦(ほっと神戸)でセーブに失敗した平野佳寿(オリックス)を映した際に表示された字幕。

概要

この日先発のオリックス田嶋大樹は、自己最速154キロを計測するなど8回1失点と好投。2-1と1点リードの9回表から登板となった平野だが、先頭打者の荻野貴司に、カウント0-1から左中間方向へ痛恨の同点ソロホームランを被弾してしまう*1

その後のバッターを三者凡退で抑え、2-2で迎えることになった9回裏のオリックスの攻撃中、J SPORTSのカメラがベンチにいる平野を映し、実況が「打たれた平野佳寿です」と紹介。しかし、その場面で平野が笑顔に見える表情をしていたため、すぐにこの場面を切り取ったスクリーンショットがTwitter上で作られる。


かねてより劇場型クローザーとして知られている平野は、元より仮に炎上して戦犯になろうがふてぶてしい態度を貫く畜生メンタル*2の持ち主で知られており、この1枚はそんな平野の性格を端的に表している。(ちなみに、オリックスの田嶋はこの試合だけでなく、幾度となく平野に勝ちを消されている)
これ以降、平野が打たれた時だけでなく、他投手が失点して悔しがる場面などにも比較として下の画像が出回るようになった。

画像 *3

まさかの公式Tシャツ化

2022年6月2日、平野はNPB通算200セーブを達成。
同月10日には、これを記念してオリックス中継ぎ陣が平野のメモリアルTシャツを作成した。
背中に「祝 平野佳寿(PIPPI)200セーブ」と書かれているまでは普通のお祝いTシャツだったが、その胸に印刷されていたのは上記画像の字幕なしバージョンだった。

https://twitter.com/Orix_Buffaloes/status/1535164573396848640

関連項目



Tag: オリックス


*1 試合はその後両チーム点を取ることができず引き分けに終わった。
*2 自身が炎上し開幕3連敗を喫した翌日に自ら焼肉屋で決起集会を主催したというエピソードがある。
*3 ただし、プロ野球中継など生放送の際の字幕は発言から数十秒遅れて表示されるため、あくまで字幕の発言があった瞬間にこの平野の表情が映された可能性は低いと考えるのが妥当である。