行くな!行くな!越えるな!

Last-modified: 2020-02-23 (日) 21:52:51

2010年9月30日、対横浜ベイスターズ22回戦(甲子園)で藤川球児が炎上したときの、サンテレビ実況の心の叫び、及び該当シーンのこと。

概要 Edit

この試合は阪神の優勝のためには負けが絶対に許されず、また矢野燿大の引退試合でもあった。
試合は3-1と阪神がリードのまま最終回を迎え、クローザーの藤川球児は普段の登場曲のリンドバーグではなく、矢野のテーマ曲を背負ってマウンドへ上がる。
だが藤川は制球に苦しみ無死1・2塁とし、この日ソロ本塁打を放っている4番・村田修一から逆転3ランを被弾

 

リードが失われたことで矢野の出場機会は消滅し、裏の攻撃は二死1・3塁まで粘ったが逆転には至らず試合終了。結局矢野は試合終了後に引退セレモニーのみを受け、しかもその花束プレゼンターは当時横浜で選手会長をしていた村田というオチがつき、悪い意味でインパクトを残したことから○川○児が誕生

 

そして、サンテレビの中継では、実況・湯浅明彦アナウンサーが「行くな!行くな!越えるな!」と絶叫。その後打球がスタンドインし村田がホームインするまでの十数秒の間解説・広澤克実氏ともども絶句、ようやくホームイン手前になって悪夢のような現実がそこには待っていましたと一言絞り出すように呟くというお通夜状態となった。

なお最終的には中日と1ゲーム差の2位でシーズンを終えた

 

時は流れ2019年8月にサンテレビが開局50周年を記念してサンテレビボックス席展を開催した際、
サンテレビは「行くな!行くな!越えるな・・・!」と書かれた湯浅アナ 名実況マフラータオルを展示内で発売していた。

悪夢は繰り返される Edit

2016年9月8日、広島が中日に勝利且つ、2位の巨人が阪神に負ければ広島は本拠地で胴上げという状況であった。そして広島は勝利。阪神巨人戦の結果待ちという状況になった。

しかし阪神はこの年甲子園で巨人戦に未勝利という体たらく。
この日は巨人戦防御率1点台の青柳晃洋を先発させ、7回までは無失点の好投。ところが8回表に青柳が一死1・2塁のピンチを招くと、金本知憲監督はなぜか巨人戦防御率4点台(8月以降は6点台)の藤川をマウンドに送る。
一方、巨人・高橋由伸監督は首位打者を独走していた坂本勇人を代打に出す。
22回戦、甲子園にリンドバーグの曲が流れ、走者は1・2塁、対戦チーム内で一番の強打者(しかも右打者)との対戦という強烈な既視感による不安は的中し、藤川はレフトスタンドに逆転3ランを被弾。その結果

  • 阪神の今シーズン甲子園での対巨人戦初勝利をフイにする
  • 好投の青柳に黒星を付ける
  • 広島の本拠地胴上げを阻止
    • ついでに広島のリーグ最速タイ優勝記録も阻止
      • それどころか広島の移動日に優勝決定の可能性までも与える
  • 試合終了直後になんJが落ちる
  • Twitterで阪神ファンがカープファンに一斉に謝り出す
  • 矢野の引退試合の実況を合わせた動画が作られる
  • 移動日優勝を阻止するため、広島ファンがFAで出ていったはず大竹寛(翌日先発)を応援する

などの状況が生み出された。大竹が広島ファンの思いに応えた……かどうかは誰にもわからないが、ともかく翌日も巨人が勝利したため、移動日優勝は回避された。

地上波でも取り上げられた Edit

2018年12月16日、ジャンクSPORTS(フジテレビ系)の「プロ野球 現役引退お疲れ様SP」で村田が杉内俊哉山口鉄也・後藤武敏らと出演した時に
引退試合でもホームランを打って場の空気を変にしてしまう神」と題して佐々岡真司の引退試合と共にこの試合が紹介されてしまった。しかも実況付きである*1

 

なおこの映像を見た村田は
「本当は高めの球を振って三振しようと思ったけど、軽く振ったら当たって入ってしまった
「(力が入ってないせいで、力みのない)理想的なスイングになっちゃってますね(笑)
「自分も実況と同じで走ってる時に行くなヤバいヤバいと思ってた」
とコメントを残した。

村田、笑顔で当時を振り返る

D8D014C8-4A51-416E-B410-251C269CACB0.jpeg

ニッコニコの村田

 

FED24EB0-0D2A-4B96-BFA2-6C09DE830DCA.jpeg

い つ も の

 

808F6F99-6883-4C96-B6E5-7AEE977FDCB9.jpeg

 

8FB072D1-FBD8-4535-A6B1-F4662B0AAD5F.jpeg

ワイプでもニッコニコの村田

 

453AF980-5FBA-440C-986E-5D8EBE55B19D.jpeg
97AF0C5E-F3EB-4FCA-938A-21D9CF27CF5A.jpeg
9549093A-A410-4441-8F66-FB4C8D37F7CE.jpeg

 

54AAC8AA-28D3-4A9A-B677-BAAE1B17CB77.jpeg
5ABF7681-6787-4DC3-BC51-5EEDD88FC6FF.jpeg

だそうです

コピペ Edit

サクバンノツカレトアルコールガマダノコッタゴゼンロクジッオーン♪
(『ありがとう矢野さん』のボードを持つファンと矢野の家族の抜き)
アナ「ご家族も訪れました矢野選手の引退試合、広沢さん」 
広沢「はぁい」
アナ「いつもの、リンドバーグの曲じゃないんですよ。ファンキーモンビー(噛み)ファンキーモンキーベイビーズのヒーロー、これ実は矢野選手の今シーズンの、打席に向かうときのテーマ曲を、初めてバックに背負って今マウンドに上がった藤川球児!」
広沢「なるほどぉ、いいですなぁ^^こういうねぇ、人情物ってのはウルウルしますなぁ^^」
アナ「えぇ」
広沢「まああの今ぁ、城島がね、マスク被ってますけど、2アウトになったら出てきてくれるんじゃないかなぁと思ってねぇ」
アナ「あっ!そういう可能性もありますかね。実はこのイニングが始まる前にぃもう!360度のタイガースファンから!矢野コールもあったんですよねえ」
広沢「うん、だからねぇ、2アウト取ったら矢野出てきてほしなぁ…」
アナ「いつもの、リンドバーグの曲ではなくて、矢野の!打席のテーマ曲で!マウンドに上がった藤川球児!」
広沢「うん」
広沢「あの、ベンチに矢野がいたら出てこないですけどねw」 
アナ「そうですねぇ」
広沢「え?ぶぇっ?まあベンチはあの…あれでしょうけども(意味不明)」
アナ「明日は矢野さんの引退セレモニー。いい雰囲気でそのセレモニーを行いたいと話していた関本がファーストに回っています」
(連続四球で無死一塁二塁、挙動不審な真弓監督の抜き)
広沢「いやこれほんとに嫌なバッター迎えましたねぇ…」
アナ「外野は当然深いしゅびうち(噛み)」(低め150kボール)
アナ「こ れ ほ ど コントロールがままならない藤川!まあ滅多にないですよねぇ」
広沢「ちょっと、ちょっとあのぉ鳥谷が行ってるあたりはいいんですけど」
アナ「はぁい」
広沢「ちょっと城島も行って、久保コーチも行って、ちょっと慌ただしくなりましたよ3人行ってね」
広沢「チッ(舌打ち)まあここらへんちょっとねぇ、空気の読めるバッターなら空振りしブヘッwボール球をねw空振りして欲しいんすけどねぇwwここはね、演出で(キリッ」
アナ「はい(キリッ」 
広沢「空気を読んで」 (アウトハイ153kファウル)
アナ「おぉお」
広沢「空気を読んでくれましたねえ^^ダァッ!っと…」 
アナ「関本も!帽子を飛ばして!懸命にファウルボールを追いました!」
広沢「このストライクでね、落ち着いてほしいと思いますね」 アナ「はい」 広沢「一つ取ればね」 アナ「はい」
広沢「ですから次のボールが大事になりますねぇ…ストライク先行!」(インハイ150kストライク)
アナ「150キロ!」 (祈りを捧げる不細工なババァ集団の抜き)カーン!! 
広沢「うわっ!」
アナ「行くな!行くな!越えるな!」
(呆然とした真弓→藤川→真弓→ベースを回る村田の抜き。この約10秒間実況席無言)
アナ「…悪夢のような現実がそこには待っていました。村田、逆転3ラン…4対3!」
(顔面蒼白汗だくの藤川、やっちまったーと顔をしかめる城島、なんかうんうん頷く真弓、いまさらマウンドに向かう辛い
広沢「この大バッ…このバッターにこれだけまっすぐを続けたわけですからねぇ…悪夢ですなあ」

関連項目 Edit


*1 映像提供はサンテレビであるため残当といえる。