Top > 裏クライマックスシリーズ


裏クライマックスシリーズ

Last-modified: 2019-12-07 (土) 15:31:36

クライマックスシリーズとは逆に、リーグ最弱を決める試合。

概要 Edit

2018年10月13日、セ・リーグは2位ヤクルト対3位巨人、パ・リーグは2位ソフトバンク対3位日本ハムのクライマックスシリーズ1stステージがそれぞれ行われた。

同日、ただの消化試合である5位中日対6位阪神及び5位ロッテ対6位楽天の試合がクライマックスシリーズの裏で行われていた。しかも、上手いことにいずれも5位のチームがホームだった

背景 Edit

2018年は雨天中止もさることながら自然災害*1が非常に多い年であり、ドーム球場にすら雨野投手が登板するなど、例年以上に中止が多い年だった。
中でも阪神関係の試合は豪雨や台風直撃に伴うコンディション不良、あるいは交通手段が確保出来ないなどの理由で中止になった回数が特に多く、「CS開催日2日前の時点での順位でCS進出チームが決定される」というルールが再確認されるほど試合消化ペースを懸念されていた。
このルールが確認された時点では阪神は3位を争っていたが、その頃から今期絶望レベルの故障者が続出し急激に失速。10月3日時点で4位以下が確定、更に8日には最下位も確定したためBクラスなのにCS進出という謎現象は回避されたが、日程がきつきつなのは変わりなく、最終的には同じくCS進出を逃した中日との一戦がCSと同日に組まれることになった。

パリーグも同様にロッテがこの煽りを受けてきつきつ日程になり*2同じようにCS進出を逃した楽天との一戦が組まれた。

トーナメント表 Edit

         ┃
       ┏━┻━┓
     ┏━┻┓ ┏┻━┓
     ┃  ┃ ┃  ┃
    ┏┻┓ ┃ ┃ ┏┻┓
    ┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃
神 中 巨 ヤ 広 西 ソ 公 ロ 楽
┃ ┃             ┗┳┛
┗┳┛              ┃
 ┗━━━━━━━┳━━━━━━━┛
         ┃

結果 Edit

この2試合に対しては「日本シリーズを制し最上位になれば勿論日本一だが、この裏シリーズを制した最下位には地獄が待っている / 1001*3が待っている」「裏日本シリーズは大宮けんぽグラウンドでやれ / 六郷土手でやれ*4」などの熱い罵倒が浴びせられた。

パ・リーグの一戦、楽天対ロッテは楽天先発・古川侑利(現巨人)が4回1安打の好投を見せる。しかしその後は6年連続2ケタ勝利がかかっている則本昂大が5回からリリーフ登板し勝利投手をヌッス。ロッテは本拠地14連敗*5井口資仁の監督就任初年度勝率の球団ワースト記録を達成することになった。



一方セ・リーグの中日対阪神は森繁和金本知憲両監督が退任を表明しており、岩瀬仁紀荒木雅博の現役最終試合でもあった。これに対し阪神サイドも福留孝介高橋聡文森越祐人(現西武)ら元中日勢揃い踏みを演出した。試合自体は中盤まではともかく後半はグダグダの試合内容で、2018年のセリーグペナントの最後を飾るネタ試合となった。
中日は9回表1死1・3塁まで1点リードしていながら、本盗を警戒した松井雅人(現オリックス)のピッチャーカットのサインを登板していた佐藤優が失念した結果、松井が送球した際にセカンド高橋周平とショート京田陽太がどちらもベースカバーに入っておらず、ボールが誰もいないセンターに転がるという大やらかしで同点に追いつかれ、直後に控えてた岩瀬の引退登板に泥を塗ってしまった*6
その後11回表に祖父江大輔中谷将大に決勝タイムリーを打たれてしまい、2-3で敗戦した。

このネタに溢れた2試合の結果により、2018年の裏日本シリーズの出場チームは(仮に開催されたとしたら)中日対ロッテということになった。
惜しくもこの年で引退した浅尾拓也岡田幸文が活躍した2010年の日本シリーズと同じカードであるが、どちらが最弱となるのかはご想像にお任せする。

なお表であるクライマックスシリーズ1stステージも、巨人 菅野智之によるノーヒットノーラン*7達成や日本ハム中田翔中田翔が破壊された事件など、話題性に富んだものとなった。

過去の例 Edit

2013年のパリーグは9月26日に楽天がリーグ優勝を決め、その後10月1日にオリックスのBクラスが確定した。この時点で開催日程未定の楽天主催のオリックス戦が2試合残っており、日程消化とCSファイナルステージへの調整*8を兼ねたい楽天側の意向から10月12・13日、両リーグのCS1stステージの裏で楽天-オリックス2連戦が開催された。

別名 Edit

経緯からしてネタまみれであり、いろんな呼ばれかたをしている。


関連項目 Edit



Tag: 中日 阪神 ロッテ 楽天 ポストシーズン






*1 6月の大阪北部地震、7月の西日本豪雨、7月~9月の台風12,20,21,24,25号、9月の北海道胆振東部地震等、この年の災害だけで打線が組めるほどである。
*2 ロッテは消化できる見込みだったが、地震の影響で札幌ドームでの試合が中止になったことが大きい。
*3 今回試合を行う4球団の内、ロッテ以外の3球団で星野仙一(この年の1月に死去)が監督を務め、それぞれでリーグ優勝経験があることから。
*4 前者はさいたま市西区にある大型の総合運動場。後者は東海道本線沿いの大田区多摩川河川敷にある野球場のこと。なお両者とも草野球場である。
*5 日本プロ野球タイ記録にしてパリーグ新記録
*6 試合後佐藤は岩瀬に謝罪したが、謝っても許さないと厳しい言葉を返された。
*7 日本球界ポストシーズン初
*8 通常は宮崎で行われているフェニックスリーグに選手を派遣することが多い。