Top > 1重信


1重信

Last-modified: 2019-08-31 (土) 23:32:35

プロ野球契約更改における年俸増減の単位。1重信=1000万円。

概要 Edit

2017年の重信慎之介は、前年に引退した鈴木尚広の穴を埋める形で代走要員として開幕ベンチ入りし、そのまま二軍に落ちることなくシーズンを完走。オフには1000万円アップの2400万円で契約更改したと報道された。
上昇額が1000万円と分かりやすかったこと、また「打撃で結果を残した選手と同等以上の評価をされていた」ことから、主に巨人選手の年俸増減幅を語る際の基準として使われるようになった。

用例 Edit

【巨人】小林誠司400万増5400万
http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1512359905/

1: 風吹けば名無し 2017/12/04(月) 12:58:25.81 ID:aOOVvtQQH
巨人小林誠司捕手(28)が4日、都内の球団事務所で契約交渉に臨み、400万円増の年俸5400万円で更改した。
今季はプロ入り自己最多の138試合に出場。
開幕前のWBCでも侍ジャパンの正捕手として扇の要を務めた。
同大会では打率4割5分、1本塁打、6打点の大ブレーク。
シーズンに入ってからは打撃不振に苦しんだが、オールスター第2戦で初安打が初本塁打と“持ってる”ぶりを発揮した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00069112-nksports-base

6: 風吹けば名無し 2017/12/04(月) 12:59:36.07 ID:urC5pzPFa
0.4重信かよ
ひどくね

77: 風吹けば名無し 2017/12/04(月) 13:05:24.43 ID:u5IlBjRc0
0.4重信とか小林かわいそう

88: 風吹けば名無し 2017/12/04(月) 13:06:15.31 ID:afEhE5Xl0
重信っていつから単位になったんや

2017年以降 Edit

重信の上昇幅は、一軍に在籍し続けた実績や将来の期待値を考慮すれば不自然ではない。
2017年の盗塁数は10個だが盗塁死も4個あった。また打率は.157と結果を残せなかった。さらにミスの多さも目立ち、特に岩瀬仁紀の950試合登板を記録した試合ではベースの踏み忘れでサヨナラのチャンスを潰す大失態を犯している。
そのため「他の若手選手と比べても不自然に高い」という疑惑も出てきており、ついには「巨人の契約更改には(盗塁の多い選手に有利な)片岡式が採用されている」「アップ額を1桁勘違いされている」などと主張する声も出てきた。
尚、2018年は実質外野手に転向。打撃も向上しそれなりの成績を残している。
そして2019年、課題であった打撃においても成長を見せ、殊勲打を放つたびに原監督を驚かせている。
なおスタメンでは起用されない模様。

参考動画 Edit

関連項目 Edit

Tag: 巨人 契約更改