5億年20円

Last-modified: 2020-12-06 (日) 01:02:15

2014年にオリックス・バファローズからFA宣言した金子千尋に対し、広島東洋カープが提示したとされる契約内容。
かつて福井敬治に対して提示した年俸をも下回る超激安年俸であるばかりか、生涯雇用を通り越して、本人の死後の遠い子孫まで雇用するというスーパー長期契約でもあったため話題を呼んだ。


概要

以下のスレが元ネタ
https://orpheus.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1414993442/

金子獲得へ、広島5億年20円提示
1 :風吹けば名無し:2014/11/03(月) 14:44:02.19 ID:rk8cCt0F
最大限の誠意を見せる模様

このスレッドがまとめサイトに転載され、それを通知するツイートが拡散された結果、本当のニュース記事だと誤解されて「5年20億円」の『億』をつける場所を間違った誤植ネタとして広まった。

 


その内容についても

とネタになった。もちろん実際にはオファーがあったというところから嘘ニュース*1である。

 

なお金子はオリックスに残留し、4年契約を結んだのち、2018年オフに自由契約で日本ハムに移籍。

類似例

  • 2年200円
    同じく2014年に阪神タイガースから自由契約を選択した新井貴浩に対して広島が提示したとされる年俸。
    阪神提示の年俸8000万円どころか、最低賃金をも下回る年俸でもかつて裏切った広島に戻ってきたことから、新井のぐう聖ぶりが感じられる。なお、実際には交渉力を発揮した結果2000万円まで上がった模様。


関連項目



Tag: 広島 オリックス 日ハム 契約更改 誤植


*1 広島の資金力をネタにしたジョークであったと思われるが、この5億年20円という数字まで故意だったのかは不明