あの人は今 の変更点

+日本テレビ系で1995年から2007年まで放送されたバラエティ番組。かつて一世を風靡したが次第に注目されなくなり零落した有名人、または引退した有名人の消息を追跡し特集する番組である。
プロ野球選手ではウォーレン・クロマティ、河野和洋、[[ランディ・バース>バースの再来]]らが出演したことがある。
+上記の番組をモチーフに不振に陥っている現役の選手を「将来は戦力外通告を受け引退しており、セカンドキャリアを謳歌している」という内容のコピペ。

ここでは2について解説する。
~
*概要 [#t7afeccc]
[[藤浪晋太郎>破壊神]](阪神)が初出、ルーキーイヤーの2013年から2015年にかけては3年連続で2桁勝利を記録するなど輝かしい成績を記録するが、2016年にはスランプに陥り[[制球難>明日の○○時、藤浪晋太郎を先発させる]]に加えて7勝11敗と低迷してしまう。
2017年のシーズン開幕直後にそうした輝かしい成績から一転してどん底に陥った藤浪をイメージしてなんJに書き込まれたのがこのコピペである。
流れとしては冒頭で日本シリーズまたはワールドシリーズを見つめる未来では戦力外通告を受けた○○選手がセカンドキャリアとして地元で自営業の店(大体は飲食店)を開業しており、その店の暖簾の文字は彼と関係の深い選手または監督が手がけており((條辺剛(元巨人)が引退後に開いた[[うどん屋]]「[[讃岐うどん 條辺>http://www.johbe-udon.com/]]」の暖簾を[[長嶋茂雄>セゲオ]]に左手で書いてもらったエピソードに由来していると思われる。))、最後はセカンドキャリアへの決意を語って締めるという内容である。
なお、下記の改変版も含め、不振当時の情報をもとに作られたものであり、''現在の様子とは矛盾するところが多々ある''ことを考慮されたい。
**コピペ本文 [#oe1937e3]
>あの人は今  元阪神タイガース 藤浪晋太郎さん(30歳)&br;
2024年、ワールドシリーズ。 それをテレビで見つめる男がいた。 
18歳で将来を嘱望され阪神タイガースへ入団した、藤浪晋太郎さんだ。 
「あの頃は若かったですね(笑)」若き日を回想する藤浪晋太郎は、どこか寂しげだ。 
「未だに当時の夢を見ることがあるんですよ。ワールドシリーズで、俺が完封して活躍する夢を」 
藤浪さんは24歳の時((実際は防御率5.32と不振で、13試合、71.0イニングの登板に留まった。))に[[登板過多>藤浪の161球]]の影響で肩関節唇損傷にかかり、4年間リハビリを続けたが 
結局完治することはなく、タイガースから戦力外通告を受けた。 
今はたこ焼き屋を営む傍ら、地元の少年野球のコーチを勤めている。 
暖簾の屋号の文字は元タイガース、[[金本監督>ヤニキ]]の手によるものだ。 
「いらっしゃい」。古市駅((大阪府羽曳野市に存在する近鉄南大阪線・長野線の駅。))東口から歩いて3分。 
「たこ焼き 骸骨」のえび茶色の暖簾をくぐって店内に入ると白いタオルを 
頭に巻いた藤浪晋太郎さんと妻、彩さんの元気な声に迎えられた。 
「去年の4月にオープンしました。暖簾の『骸骨』という文字は[[金本さん>ヤネキ]]に書いて 
いただいたものだし、開店に合わせてスポーツ紙やテレビでも取り上げてもらった。 
おかげで、県外から足を運んでくださるお客さんが多かったのはうれしかったですね」 
藤浪さんは本当に嬉しそうに、僕たちに語ってくれた。 
とはいえ、その分、プレッシャーも大きかったという。 
「たこ焼き好きは飛行機に乗って本場・大阪まで食べ歩きに出かける時代でしょ。 
ボクが修業した難波の老舗『わなか』のものは白味噌がベースなのが特徴だから醤油 
築地銀だこのような揚げたこ焼きだと信じ込んでる関東人にはモノ足りないようなんです。 
それで怒られちゃったこともあるけどそれも修業のうち。我慢、我慢です」 
かつてのライバルで現ドジャース所属((現在は''ロサンゼルス''エンゼルスに所属。))の[[大谷>サードライナー大谷]]について尋ねると… 
「知ってます?23歳までは僕の方が(通算勝利数)上だったんですよ?」と、おどけ 
「俺も怪我さえ無ければって…歯がゆいですけど」 
「今はもう現役に未練はありません。今度はこの、たこ焼きで日本一になれるよう、 
がんばるだけです!」 
(写真)たこ焼きを手に持つ藤浪さん
**派生 [#m5273b50]
#region([[大谷翔平>キックボクシング大谷]]編)
[[大谷翔平>キックボクシング大谷]]編
> あの人は今  二刀流スーパースター 大谷翔平さん(29歳)&br;
2023年、ワールドシリーズ。 それをテレビで見つめる男がいた。 
18歳で将来を嘱望されファイターズへ入団した、大谷翔平さんだ。 
「あの頃は若かったですね(笑)」若き日を回想する大谷翔平は、どこか寂しげだ。 
「未だに当時の夢を見ることがあるんですよ。ワールドシリーズで、俺が完封する夢を」 
大谷さんは23歳の時にエンゼルスと契約するものの、 
開幕前に肘を故障、4年間リハビリを続けたが 
結局完治することはなく、エンゼルスから戦力外通告を受けた。 
今はゲイバーを営む((おそらく栗山監督の[[ガッフェ]]ネタからの着想か。))傍ら、地元の少年野球のコーチを勤めている。 
暖簾の屋号の文字は元日本ハム[[栗山監督>俺が悪い]]の手によるものだ。 
「いらっしゃい」。盛岡駅東口から歩いて3分。 
「ゲイバー♂♀二刀流」のえび茶色の暖簾をくぐって店内に入ると白いメイクの大谷さんの元気な声に迎えられた。 
「去年の4月にオープンしました。暖簾の『二刀流』という文字は栗山さんに書いて 
いただいたものだし、開店に合わせてスポーツ紙でも取り上げてもらった。 
おかげで、県外から足を運んでくださるお客さんが多かったのはうれしかったですね」 
大谷さんは本当に嬉しそうに、僕たちに語ってくれた。 
とはいえ、その分、プレッシャーも大きかったという。 
かつてのライバルで現エンゼルス所属の[[菊池雄星>松ヤニキ]]について尋ねると… 
「知ってます?NPB時代は僕の方が注目されてたんですよ?」と、おどけ 
「俺も怪我さえ無ければって…歯がゆいですけど」 
「今はもう現役に未練はありません。今度はこのゲイバーで日本一になれるよう、 
がんばるだけです!」 
(写真)シャンパンを手に持つ大谷さん 
#endregion
#region([[炭谷銀仁朗>じゃあなんで炭谷とったんだ]]編)
[[炭谷銀仁朗>じゃあなんで炭谷とったんだ]]編
>あの選手は今、「元読売ジャイアンツ捕手炭谷銀仁朗(41)」特集&br;
都内の公園に佇む一軒のダンボールハウス、そこが彼の今の住まいだ。
「おはようございます」と声をかけて来たのが元巨人の炭谷銀仁朗さん(41)だった。
炭谷さんは元プロ野球選手で長年西武ライオンズの正捕手で日本一にも貢献した。
出場機会を求めて2018年にFAで巨人に入団したが翌年のキャンプの紅白戦
クロスプレーで現在の[[阿部慎之助監督>うなぎ]]と激しく接触、右肩を骨折し全治8ヶ月と診断されシーズンを棒に振った。
再起をかけてリハビリに取り組もうとしたオフシーズン、広島からFAした[[會澤翼捕手>もう一発]]が巨人入団を発表((現実の會澤は残留。))。
人的補償で炭谷が選ばれたが広島への移籍を拒否((現実の炭谷は2021年に楽天とのトレードにかかり、拒否することなく移籍。))、その年で引退をした。
「その後野球に関しての仕事は一切来なく、貯金も妻との慰謝料で全て無くなりました」
「今でも人的補償となった[[内海さん>偽侍]](巨人投手コーチ・内海哲也((現実の内海は2022年から西武で兼任コーチ。)))には申し訳ないと思ってます、チームメイトや首脳陣、巨人ファンから嫌われた僕より辛かったと思います。」
「[[原監督>AHRA]](炭谷を獲得した翌年に急死((現実の原は翌年はもちろん2022年現在も言うまでもなく''存命''である。)))は僕が全盛期に見えたから最高の評価をしてくれたんじゃないでしょうか?」と
空き缶を拾いながら自身のプロ野球生活を語ってくれた。
#endregion
#region([[鈴木誠也>揉みってる]]編)
[[鈴木誠也>揉みってる]]編
>あの人は今  元広島カープ 鈴木誠也さん(30歳)&br;
2024年、ワールドシリーズ。 それをテレビで見つめる男がいた。
18歳で将来を嘱望され広島カープへ入団した、鈴木誠也さんだ。
「あの頃は若かったですね(笑)」若き日を回想する鈴木誠也は、どこか寂しげだ。
「未だに当時の夢を見ることがあるんですよ。ワールドシリーズで、俺が逆転打を打って活躍する夢を」
鈴木さんは23歳の時に左足を故障、4年間リハビリを続けたが
結局完治することはなく、カープから戦力外通告を受けた。
今は江戸和紙屋を営む傍ら、地元の少年野球のコーチを勤めている。
暖簾の屋号の文字は元カープ、[[緒方監督>結果論]]の手によるものだ。
「いらっしゃい」。九段下駅東口から歩いて3分。
「江戸和紙 紙ってる」のえび茶色の暖簾をくぐって店内に入ると白いタオルを
頭に巻いた鈴木誠也さんと妻、彩さん((現実世界の鈴木は2019年に畠山愛理(スポーツキャスター・元新体操日本代表)と結婚。))の元気な声に迎えられた。
「去年の4月にオープンしました。暖簾の『紙ってる』という文字は緒方さんに書いて
いただいたものだし、開店に合わせてスポーツ紙やテレビでも取り上げてもらった。
おかげで、都外から足を運んでくださるお客さんが多かったのはうれしかったですね」
鈴木さんは本当に嬉しそうに、僕たちに語ってくれた。
とはいえ、その分、プレッシャーも大きかったという。
かつてのライバルで現エンジェルス所属の大谷について尋ねると…
「知ってます?23歳までは僕の方が(通算本塁打数)上だったんですよ?」と、おどけ
「俺も怪我さえ無ければって…歯がゆいですけど」
「今はもう現役に未練はありません。今度はこの、江戸和紙で日本一になれるよう、
がんばるだけです!」
(写真)和紙を手に持つ鈴木さん
#endregion
#region([[根尾昂>さあ大谷だ!]]編)
[[根尾昂>さあ大谷だ!]]編
>あの人は今  甲子園連覇ドラ1 根尾 昂さん(38歳)&br;
2038年、日本シリーズ。 それをテレビで見つめる男がいた。
18歳で将来を嘱望され中日ドラゴンズへ入団した、根尾昂さんだ。
「あの頃は若かったですね(笑)」若き日を回想する根尾昂さんは、どこか寂しげだ。
「未だに当時の夢を見ることがあるんですよ。日本シリーズで、僕が逆転打を打って活躍する夢を」
根尾さんは21歳の時に左膝を故障、4年間リハビリを続けたが
結局完治することはなく、ドラゴンズから戦力外通告を受けた。
今は整形外科医を営む傍ら、地元の少年野球のコーチを勤めている。診療所の看板の文字は中日ドラゴンズ、[[立浪監督>素晴らしい先輩]]の手によるものだ。
「今日はどうされましたか?」。岐阜駅東口から歩いて3分。
「根尾整形外科」の看板をくぐって中に入ると元チアドラの奥様の明るい声に迎えられた。
「去年の4月にオープンしました。看板の文字は立浪さんに書いて
いただいたものだし、開業に合わせてスポーツ紙やテレビでも取り上げてもらった。
おかげで、県外から足を運んでくださる患者さんが多かったのはうれしかったですね」
根尾さんは本当に嬉しそうに、僕たちに語ってくれた。
とはいえ、その分、プレッシャーも大きかったという。
かつてのライバルの吉田投手の最多勝について尋ねると…
「知ってます?甲子園で優勝したのは大阪桐蔭だったんですよ?」と、おどけ
「僕も怪我さえ無ければって…歯がゆいですけど」
「今はもう現役に未練はありません。今度はこの、執刀で日本一になれるよう、がんばるだけです!」
(写真)4人の我が子を抱っこする根尾さんと妻◯◯さん
#endregion
#region([[中田翔>無修正]]編)
[[中田翔>無修正]]編
>あの人は今 元日本ハムファイターズ 中田翔さん(37歳) &br;
2026年、日本シリーズ。 それをTVで見つめる男がいた。 
18歳で将来を嘱望されプロ入りした、中田翔さんは今…… 
「あの頃は若かったですね(笑)」 
若き日を回想する中田さんは、どこか寂しげだ。 
「いまだに当時の夢を見ることがあるんですよ。日本シリーズで俺がサヨナラホームランを打つ夢を」 
大阪桐蔭高校を卒業後、ドラフトで競合の末、日本ハムに入団。チームの主砲として日本一にも貢献した。 
中田さんは32歳の時に不調に陥り、気持ちの浮き沈みを繰り返すことになる。 
そんな折、チームメイトへの暴行事件を起こしチーム内での居場所を失い、[[巨人へ放出された。>巨人移籍RTA]] 
しかし再起をかけた[[新天地でも精彩を欠き>松井雅人賞]]、その後独立リーグへの移籍を経て引退。 
今はお好み焼き屋を営む傍ら、地元の少年野球のコーチを勤めている。 
●看板の屋号の文字は現日ハム監督の[[斎藤佑樹>さいてょ]]氏の手によるものだ。 
「いらっしゃい」。山陽本線・新白島駅から歩いて75分。「暴力」のえび茶色の看板を目印に店舗内に入ると、白いタンクトップを着た中田さんと舎弟[[杉谷さん>野球の上手い芸人]]の元気な声に迎えられた。 
「去年の4月にオープンしました。看板の『暴力』という文字は斎藤監督に左足で 
書いていただいたものだし、開店に合わせてスポーツ紙やテレビでも取り上げてもらった 
おかげで、地方から足を運んでくださるお客さんが多かったのはうれしかったですね」 
●とはいえ、その分プレッシャーも大きかったという。 
「お好み焼き好きは飛行機に乗って本場・大阪まで食べ歩きに出かける時代でしょ。 
ボクのお好み焼き理論はヨーグルトを使うのが特徴だから、マヨネーズを使うのが正しいと信じ込んでる大阪人にはモノ足りないようなんです。 
それで怒られちゃったこともあるけど、それも修業のうち。我慢、我慢です」 
●高校時代のライバルで、現在は古巣でコーチを務める唐川(ロッテ)や佐藤由規(ヤクルト)について尋ねると…… 
「あいつら俺より下手やったんですけどね(笑) 」と、おどけ 
「後輩いじりなんてやらなければよかったと思いました」 
「コンプライアンスさえ無ければって…歯がゆいですけど」
「今はもう現役に未練はありません。今度は、お好み焼きで日本一を狙いますよ(笑)」 
(写真)必死の形相で杉谷さんに関節技をかける中田さん
#endregion
*関連項目 [#j7f37305]
-[[2030年、大城卓三は、引退を考えていた。]]
-[[うどん屋]]
-[[うどん屋]]…コピペの素材のひとつ。
-[[米野、お茶!w]]…本当に飲食店を開業した人の例。
~
&tag(なんJ,コピペ);