切り替えていく の変更点

読売ジャイアンツ監督・[[原辰徳>HARA]]の口癖の1つ。

~
*解説 [#a303b558]
主に敗戦試合後のインタビュー使われる。汎用性が高く、なんJでは「''(○○に)切り替えていく''」と、様々な表現を当て嵌める改変で使われるケースが多く見られる。
なお、原との関わりが深い[[王貞治>O氏]]もホークス監督時代、この言葉を口癖のように使っていた。横浜DeNA監督の[[アレックス・ラミレス>腕組み煮卵]]も[[似たような言い回しをすることが多い>タフな試合#u7719d62]]。

~
**記事 [#a303b558]
>[[2安打の巨人打線に「ちょっとは打てよ!」 >http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20120330-OHT1T00276.htm]]
>◆巨人0―4ヤクルト(30日・東京ドーム) ネット裏から罵声が飛んだ。「ちょっとは打てよ!」。巨人打線はヤクルトの石川に翻弄され、凡打を重ねた。9回1死からの2安打でノーヒットノーランを免れるのがやっと。ファンがいら立つのも無理はない。
3打数無安打の村田は「狙い球は絞ったけど、甘いところに来なかった。あれだけコーナーを攻められると打てない」と脱帽した。球速は130キロそこそこの小柄な左腕に、強打者ぞろいの打線がひねられた。
巨人の開幕戦での零敗は、球団史上初めて。原監督は「負ければ144分の1よ。あしたから、また''切り替えていく''ということ」と努めて前を向いた。
>[[2安打の巨人打線に「ちょっとは打てよ!」 >http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20120330-OHT1T00276.htm]]
>◆巨人0-4ヤクルト(30日・東京ドーム) ネット裏から罵声が飛んだ。「ちょっとは打てよ!」。巨人打線はヤクルトの石川に翻弄され、凡打を重ねた。9回1死からの2安打でノーヒットノーランを免れるのがやっと。ファンがいら立つのも無理はない。
3打数無安打の村田は「狙い球は絞ったけど、甘いところに来なかった。あれだけコーナーを攻められると打てない」と脱帽した。球速は130キロそこそこの小柄な左腕に、強打者ぞろいの打線がひねられた。
巨人の開幕戦での零敗は、球団史上初めて。原監督は「負ければ144分の1よ。あしたから、また''切り替えていく''ということ」と努めて前を向いた。

~
*関連項目 [#a303b558]
-[[HARA]]
-[[知ってた]]
-[[知らなかった]]
-[[しゃーない]]
-[[タフな試合]]
~
&Tag(なんJ,巨人,HARA語);