守備の人 の変更点

+本来は打撃を期待されていたが、蓋を開けてみたら守備しか取り柄がなかった選手
+守備の上手さだけでも出場価値がある選手
+貧打や[[スラガガー]]さが目立つ守備固めタイプ
+守備がかなり下手な選手に対する皮肉

[[野球ch]]時代からよく用いられる蔑称/愛称である。
上記の用法を見ても分かる通り、''文脈によって全く意味が異なる''ので注意。

*1の概要 [#jeb09d36]
主に「これまでの実績や評判から打力に期待されていたが、今現在打てていない主力」、「他チームからFAで移籍したが思ったほど活躍してない」「主力なのに打てていない、でも守備はそこまで悪くない」選手に用いられる。
共通項として「守備の良さに定評があるものの、''明らかに期待はずれな打棒''」を暗に揶揄されている。

主な例は以下の通り。球団は在籍当時のもの。''太字はFA移籍''。

-[[2012年の>太った寺内]][[村田修一>優勝受取人]](''巨人'')((実際に古巣の後輩である筒香嘉智に「村田さん、守備の人になったんですか?」と煽られた。))
-[[2013年から2014年中盤までの>うーんライト福留]][[福留孝介>ファックさん]](阪神)
-[[2017年>無修正]]と2021年トレード前の[[中田翔>日本の四番]](日本ハム)
-[[2017年と2020年の>サムライスイング]][[山田哲人>山田らの集団]](ヤクルト)
-[[2018年開幕から7月末までの>春の大山]][[大山悠輔>大山重複しろ!]](阪神)
-[[2018年・>緒方伝説]][[2019年日本シリーズの>オールブラックス]][[丸佳浩>マッルレ(バッツレ)]](2018年は広島、2019年は''巨人'')
-2019年の[[内川聖一>チック]]((打撃では精彩を欠いた反面、パ・リーグ所属のファーストでは史上初となる守備率10割を記録。パ・リーグ所属のファーストの守備率記録を51年ぶりに更新(内川以前は榎本喜八が東京オリオンズ(現ロッテ)時代の1968年に達成した.999だった)し、自身初のゴールデングラブ賞を受賞、プロ入り19年目での初受賞は史上最遅である。))(''ソフトバンク'')
-MLB移籍後の[[秋山翔吾>ウタンショーゴ・二ゴロスキー氏]](シンシナティ・レッズ)
~
*2の概要 [#v43879a8]
「[[守備だけでも客を呼べる・試合を左右できる>残念そこは○○だ]]レベルに上手い」選手のこと。「守備の人」という表現を捻らず額面通りに受け取った場合の意味。
基本的には元からそこまで[[打撃を期待されていない>自動アウト]]選手につけられる事が多いが、[[非常に優れた守備力>3900億円]]の持ち主と広く認識されている場合、平均レベルに打っていてもこの表現が使われる事がある。
またいくら守備が上手かろうが[[あまりの貧打ぶり>松井雅人賞]]などからヘイトを集めた場合は3のような扱いになる。
なお、「守備も優れてる上に打撃力もトップクラスに期待できる」選手はこの枠にカテゴライズされにくく、“チームの中核選手”という別の評価がつきがちである。(([[坂本勇人>坂本個人軍]](巨人)など。))
なお、[[坂本勇人>坂本個人軍]](巨人)のように「守備も優れてる上に打撃力もトップクラスに期待できる」選手はこの枠にカテゴライズされにくく、“チームの中核選手”という別の評価がつきがちである。

主な例は以下の通り。(これ以降は多すぎるので現役に限定)

-[[安達了一>社会人No.1内野手]](オリックス)
-[[大和>セミ]](阪神→DeNA)
-[[菊池涼介>革命]](広島)((2016年には最多安打を記録するなど打撃もそこそこ期待できるが、上記の通り守備が非常に上手いという評価のためこの枠に入る。))
-[[辰己涼介>なんか悪いことしたんかな]](楽天)((チームメイトで仲のよい則本昂大から本当に守備の人呼ばわりされた事も。))
-[[後藤駿太>タフィ駿太]](オリックス)
-[[今宮健太>盛宮]](ソフトバンク)
-[[源田壮亮>トーマスの駅員]](西武)
-[[甲斐拓也>もしもし甲斐です]](ソフトバンク)
-[[京田陽太>中日のショート]] (中日)
-[[大田泰示>怖いOBが来なくなった]] (日本ハム)
-[[桑原将志>桑原外野手]](DeNA)
-[[宗佑磨>オコエ]] (オリックス)
-アデイニー・エチェバリア(ロッテ)
~
*3の概要 [#xf739917]
「守備要員としては文句ないが、あまりに[[貧打>自動アウト]]や[[スラガガー]]ぶりが目立つ」選手。
2が「打撃力の低さを補って余りある守備力」を持つ選手ならば、こちらは「守備力の高さを考慮しても許容できないレベルの打撃力」の選手と言えるだろう。またアマ時代の名声などから中軸になることを期待されながら守備は良いが中軸になりきれない選手もこのカテゴリーに入る。

主な例は以下の通り。

-[[堂上直倫>形状記憶合金フォーム]](中日)
-[[江越大賀>4ツールプレイヤー]](阪神)
-[[中島卓也>北海道唯一のゴキブリ]](日本ハム)
-[[中谷将大>テレビの映りが悪いんじゃないですか]](阪神→ソフトバンク)
-[[小林誠司>コバヤシィ!]](巨人)
-[[根尾昂>量産型○○]](中日)
-[[加藤匠馬>即戦力外ドラフト]](中日→ロッテ)

~
*4の概要 [#b08b9dbe]
[[壊滅的守備難>やーい、○○の守備××~www]]の選手に対して、揶揄と嘲りを込めて正反対の意味で使われたりする。同義語に「[[守りの名手]]」がある。
なお、[[かつて名手と言われたが故障や衰え等により逆に守備難になった選手>鳥谷安定]]はここに含まれない。

主な例は以下の通り。
・文句無しに壊滅的な守備力の例
-[[王柏融>台湾の高山]](日本ハム)
-[[高山俊>リポビタン真中]](阪神)
-[[糸原健斗>Iso原]] (阪神)
-[[松山竜平>松山の悲劇]](広島)
-[[宇草孔基>左2キ]](広島)
-[[清宮幸太郎>かわいそうでした]](日本ハム)
-[[渡邉諒>○○王子]](日本ハム)

・過去のインパクトゆえに復調あるいは向上しても守備難扱いされる例
-[[倉本寿彦>T-倉本]](DeNA)
-[[陽川尚将>ゴリラ]] (阪神)
-[[山本泰寛>山本監督]] (巨人→阪神)
-[[植田海>海くん→植田くん→植田→こいつ]](阪神)
~

*余談 [#h8d8b43d]
なお、「守備の人」という言葉についてはプロにも似たような概念があるらしい。
> 阪神・マルテが攻守で活躍 日本語で「シュビノヒト」とニヤリ
> https://www.daily.co.jp/tigers/2021/05/14/0014327484.shtml
> (前略) 直後の守備では先頭・若林の一塁線への打球を好捕してアウトを奪った。
>昨年10月23日に東京ドームで[[1試合4失策した>自滅の刃]]という苦い過去がある。試合後は「[[へっへっへ。>ヘッヘッヘッ。]]シュビノヒト(守備の人)。へっへっへ」と満面の笑みで日本語を披露。「毎日、一生懸命やってチームに貢献したい」と全力プレーを誓った。
*関連項目 [#da396f8b]
-[[守りの名手]]
-[[残念そこは○○だ]]
-[[やーい、○○の守備××~www]]
~
&tag(野球ch,なんJ);