我慢の限界 の変更点

1.現読売ジャイアンツ・中田翔のアンチが多用した表現。
転じて[[中田が凡退や>無修正]][[失策した時>グロ]]に書かれる事が多い。
~
2.2016年シーズンに[[アレックス・ラミレス>腕組み煮卵]]による[[ジェイミー・ロマック>ロマック算]]に関するコメント。
外国人選手のケアを欠かさず、選手批判も極力避けるラミレスにしては珍しい[[辛辣な>ぐう畜]]コメントであり、ロマックを象徴する言葉として現在でも語り継がれている。
~
この項目では1.について解説する。
*概要 [#ld2e587d]
北海道日本ハムファイターズ時代の2014年8月頃からあるアンチが中田叩きスレを乱立させていた。特に8月終わりごろには打席毎にスレが立ち、しかも安打が出ても長打でなければ叩くという理不尽な内容と化しており、その中で頻繁に使われた表現が由来。

なお、[[よく勘違いされるが>風評被害]]中田が実際に「我慢の限界」と発言したわけではない。中田は「我慢の限界」と''言われる側''である。(([[特に2017年と2021年>無修正#a6210b4d]]。))

~
**初出 [#n069bb2d]
http://orpheus.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1408857536/
中田】中田翔さん、今日も初回から得点圏で凡退
>1 :風吹けば名無し@転載禁止[]:2014/08/24(日) 14:18:56.09 ID:0j17AE34
もう''我慢の限界''だわ

~
*関連項目 [#k5497f1a]
-[[日本の四番]]
-[[避けようとすれば避けれる]]
-[[無修正]]
-[[俺はもう我慢の限界だ]]…よく似ているがこちらは実際の選手の発言。

~
&Tag(日ハム,巨人,なんJ,絶許);