Top > 逸男 > diff


逸男 の変更点


 福岡ソフトバンクホークスに関する蔑称。由来は2016年のチームスローガン、及びそれを元にした「''熱男''」のパフォーマンス、さらに同年に[[歴史的「V逸」>秋の風物詩]]を喫したことやその原因とも言える「後逸」とを掛けている。
 
 ~
 *2016年前半のソフトバンクホークスと日本ハムファイターズ [#d498953b]
 近年は[[圧倒的な財力にモノを言わせた金満補強>邪悪帝國]]や若手生え抜き選手の台頭などもあり、戦力で他球団を圧倒していたソフトバンク。
 そして同年は松田宣浩の「熱男」のパフォーマンスで話題を集め、チームも好調を維持。[[交流戦での貯金>ソソソ]]((18試合制で13勝4敗1分。))もあり、6月の時点で2位・千葉ロッテマリーンズと6.5ゲーム差、3位・北海道日本ハムファイターズにも11.5ゲーム差と独走状態。日本球界史上最速のマジック点灯((歴代最速マジック点灯は1965年のソフトバンクの前身である南海。この時は[[野村克也>バッカじゃなかろかルンバ]]の大活躍もあり7月6日にM65が点灯、9月26日に見事リーグ優勝を果たした。))という話題が出るほど圧倒ムードが漂っていた。
 #br
 しかし日本ハムは不振のクローザー・[[増井浩俊>憎井酷俊]](現オリックス)を先発転向させたり、[[大谷翔平>キックボクシング大谷]](現エンゼルス)を故障からしばらく打者に専念させるなど[[栗山英樹>ガッフェ]]監督の采配がことごとく的中、オールスター戦前には破竹の15連勝((6月19日~7月11日、NPB史上4位タイの連勝記録。))で7月にはロッテを追い抜いて2位に浮上、その勢いのままソフトバンクを猛追していく。
 
 その後のソフトバンクは松田や[[内川聖一>チック]]が不振に陥り、前年オフにメジャーに移籍した[[李大浩>デブリードマン]]の穴を埋め切れず、徐々に追い詰められていった。
 
 ~
 **「逸男」の誕生 [#h340ad95]
 そして8月25日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦。ここで敗れると2位転落の可能性から絶対に負けられない試合だったが、柳田が[[とんでもないミスを>ベイスボール]][[やらかしてしまう。>石川内野手、痛恨のミス]]ソフトバンクの1点リードで迎えた9回表に、楽天・茂木栄五郎の放ったライナーを中堅手・柳田が後逸しランニング3ランホームランとなり([[動画>https://youtu.be/sNojoUGtSbk?t=189]])、逆転負けを喫し''首位から陥落''。
 その後は浮上してきた日本ハムと熾烈な首位攻防戦を繰り広げ、最後の直接対決となる9月21日・22日の2連戦の初戦、試合はロースコアで進み1点リードを許した状態で9回裏、ホークスは2アウトと後がない状況ながらのランナー二,三塁のチャンスを作ると、[[江川智晃>ロマン枠]]が前進守備のセンター頭上を遥かに超える大飛球を放つ。打った瞬間ホークスのサヨナラ勝ちかと思われたが、&color(Red){''センターの陽岱鋼が前進守備の位置からフェンス方向へ一直線にボールを追うとフェンス手前で飛球をキャッチ。ここぞという場面でビッグプレーを披露されゲームセット''};。まさかの敗戦と、このビッグプレーに勢いづいたファイターズを止めることができず翌22日も敗戦。''とうとう9月28日に日本ハムの逆転優勝を許してしまう''。
 その後は浮上してきた日本ハムと熾烈な首位攻防戦を繰り広げ、最後の直接対決となる9月21日・22日の2連戦の初戦、試合はロースコアで進み1点リードを許した状態で9回裏、ホークスは2アウトと後がない状況ながらのランナー二,三塁のチャンスを作ると、[[江川智晃>ロマン枠]]が前進守備のセンター頭上を遥かに超える大飛球を放つ。打った瞬間ホークスのサヨナラ勝ちかと思われたが、&color(Red){''センターの[[陽岱鋼>陽岱鋼、爆笑]](現巨人)が前進守備の位置からフェンス方向へ一直線にボールを追うとフェンス手前で飛球をキャッチ。ここぞという場面でビッグプレーを披露されゲームセット''};。まさかの敗戦と、このビッグプレーに勢いづいたファイターズを止めることができず翌22日も敗戦。''とうとう9月28日に日本ハムの逆転優勝を許してしまう''。
 #br
 一方のソフトバンクは''最大11.5ゲーム差''から優勝をさらわれ、「逸男」は柳田の後逸だけでなく以前から定着化していた「[[秋の風物詩]]」という意味でもネタになってしまったのである。
 
 ちなみにソフトバンクは[[週刊ベースボール7月25日号に大特集が組まれ>週刊ベースボールの呪い]]、また柳田自身も「[[アスリートの魂]]」にそれぞれフラグを立てられていた。[[画像>https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSK9zaMXpJQX1IvvSVeOzhOOB6e0py17UOjBT8XCHWm_izYyI9HbIC0uRJIzQ]]
 
 ~
 **クライマックスシリーズ [#a8ab8223]
 その後のCSファーストステージはロッテにストレート勝ちで突破、逆転日本一を期待された。
 しかしファイナルステージでは日本ハム相手に善戦したものの、第5戦で4点差を逆転され2勝4敗(アドバンテージを含む)で力尽きまたしても「逸男」と叫ばれてしまった。
 
 **逸男2019 [#m8cb402e]
 2019年も2016年と同じく柳田の後逸から大逆転V逸を食らったため、またしても「逸男」と叫ばれてしまう。さらにその過程で2018年と2019年のチームスローガンを捩った「もう逸頂((元ネタは2018年の「もう一頂」))」や「V脱sh!((元ネタは2019年の「奪sh!」))」が誕生した。仔細は[[秋の風物詩2019年>秋の風物詩]]参照。
 *用法の拡散 [#e6262222]
 現在ではソフトバンクの選手がやらかす拙守そのものを指す場合もある。また他球団でもトンネルエラー(後逸)を「逸男」と呼ぶことがたまに見受けられる。また何らかのチャンスや権利を圧倒的有利な状況から最後の最後に逸することに対するネットスラングとして使われるケースも見受けられるようになっている。
 現在ではソフトバンクの選手がやらかす拙守そのものを指す場合もある。また他球団でもトンネルエラー(後逸)を「逸男」と呼ぶことがたまに見受けられる。また何らかのチャンスや権利を圧倒的有利な状況から最後の最後に逸すること((一例として[[2019年の広島>セ界の広島]]))に対するネットスラングとして使われるケースも見受けられるようになっている。
 
 *関連項目 [#e3592680]
 -[[秋の風物詩]]
 -[[96.3%]]
 -[[VICTORYROAD]]/[[予約ルト]]
 -[[メダルだメダルだメダルだ]]
 -[[Vやねん!]]
 -[[世界の野球の歴史に刻まれし人類の超特大超特別A級最終戦犯ジョシュ・ハミルトン特別終身名誉死刑囚>178日]]
 -[[やーい、○○の守備××~www]]
 -[[ルールブック工藤]]
 
 ~
 &Tag(ソフトバンク,西武);