第六期魔王戦

Last-modified: 2017-05-06 (土) 18:34:06

第五期魔王戦 << タイトル戦:魔王戦 >> 第七期魔王戦

第六期魔王戦

過去最多40名が予選に挑戦。
半年に一度の、ニコ生最大のバックギャモン大会!

日時

予選A日程:12月13日(土) 20:30~24:00
B日程:12月14日(日) 14:00~17:30
1人につきどちらか1日のみ参加できる。
敗退した人(合計2敗した人)から解散。
挑戦者決定戦1月17日(土) 21:00~
魔王戦五番勝負1月24日(土) 21:00~
 
 

予選A組

結果を表示

出場者

Noおなまえ魔王戦出場過去実績
1りばー初出場
2レディオ3回目
3すぎ初出場
4うきき6回目第二期魔王
5danjo6回目第四期予選突破
6TK.shi4回目
7ネス2回目
8Draak初出場
9nasu2回目2012王位戦優勝
10しすけ3回目第四期予選突破
11ハラボン3回目
12へいごん初出場
13のん5回目
14ひびき初出場
15カナ初出場
16一茶っさ初出場
17george初出場
18Bee3回目
19ぽてと初出場
20くろ4回目第一期挑戦者
21ゆたぽん4回目
22たかだよ4回目
23よぐわい初出場
24ラバー6回目第三期予選突破

結果

3ptマッチ、制限時間15分。2敗した人から敗退。

順位お名前   1R2R3R4R5R6R7R
1位通過danjo○Bee○george○しすけ○ぽてと○ネス
2位通過nasu○ゆたぽん○TK.shi●ぽてと○TK.shibye○ぽてと○しすけ
3位しすけ○すぎ○たかだよ●danjo○Draak○一茶っさ○ネス●nasu
4位ぽてと○ラバー○くろ○nasu●danjo○うきき●nasu
4位ネス○カナ○よぐわい○うきき○たかだよ●danjo●しすけ
6位うきき○のん○レディオ●ネス○ラバー●ぽてと
6位一茶っさ●レディオ○ハラボン○のん○すぎ●しすけ
8位Draak●よぐわい○カナ○ゆたぽん●しすけ
8位すぎ●しすけ○Bee○よぐわい●一茶っさ
8位ラバー●ぽてと○ひびき○ゆたぽん●うきき
8位TK.shi○りばー●nasu○くろ●nasu
8位たかだよ○ひびき●しすけ○george●ネス
13位レディオ○一茶っさ●うきき●Draak
13位くろ○へいごん●ぽてと●TK.shi
13位ゆたぽん●nasu○りばー●ラバー
13位george○ハラボン●danjo●たかだよ
13位のん●うきき○へいごん●一茶っさ
13位よぐわい○Draak●ネス●すぎ
19位カナ●ネス●Draak
19位Bee●danjo●すぎ
19位ハラボン●george●一茶っさ
19位りばー●TK.shi●ゆたぽん
19位ひびき●たかだよ●ラバー
19位へいごん●ネス●のん
 
 

予選B組

結果を表示

出場者

Noおなまえ魔王戦出場過去実績
25TJ6回目第二期予選突破
26バターズ初出場
27まるごん3回目
28take初出場
29よっす初出場
30ローソン初出場
31成田拳初出場
32きも3回目第五期予選突破
33root初出場
34千鳥初出場
35だるま3回目第四期挑戦者
36紅白2回目
37nishiken初出場2014イスタンブールオープン優勝
38シイ2回目
39JIS初出場
40kuusan初出場

結果

3ptマッチ、制限時間15分。2敗した人から敗退。

順位お名前   1R2R3R4R5R6R
1位通過nishiken○バターズ○よっす○まるごん○シイ
2位通過まるごん○千鳥○TJ●nishiken○だるま○きも○よっす
3位よっす○紅●nishiken○ローソン○root○シイ●まるごん
4位シイ○kuusan○root○成田拳●nishiken●よっす
4位きも●TJ○kuusan○バターズ○成田拳●まるごん
6位root○だるま●シイ○TJ●よっす
6位成田拳○take○JIS●シイ●きも
6位だるま●root○千鳥○JIS●まるごん
9位TJ○きも●まるごん●root
9位バターズ●nishiken○紅●きも
9位JIS○ローソン●成田拳●だるま
9位ローソン●JIS○take●よっす
13位take●成田拳●ローソン
13位千鳥●まるごん●だるま
13位●よっす●バターズ
13位kuusan●シイ●きも
 
 

挑戦者決定戦

出場者

出場者紹介を表示

danjo2.png~ニコ生勢最後の砦!最多出場の意地を見せよ~

 ニコ生大会出場29回。主催者のラバーをも凌ぎ、堂々の第1位。魔王戦も皆勤賞。まさに代表的なニコ生ギャモン勢の一人だ。特に魔王戦に強く、数々のインパクトを与えてきた。そして今回、第四期に続き2回目となる、挑戦者決定トーナメントへの切符を掴んだ。
 ところで、魔王戦の醍醐味といえば「ニコ生勢」と「リアル強豪」の激突である。だが今回の予選、ニコ生勢は史上最大級の苦戦を強いられたと言って良い。次々とリアル強豪の前に敗れ去り、気付けば残ったのは彼ただ一人だ。ニコ生勢、最後の砦。そんな期待を背に、悲願の初タイトル獲得へ挑む。
A組1位 danjo
nasu4.png~魔王の手の内を知り尽くす、最強の挑戦者候補現る~

 2012年12月。若かりし頃の魔王戦が、空前の盛り上がりを見せた。理由は、日本タイトル「王位」保持者、nasu氏の参戦である。さらに日本ランク1位のTJ氏も同日に参戦表明し、当時としては夢のような面子が実現したのだ。その時はTJ氏に軍配が上がることとなる。あれから2年の時を経て、nasu氏が再びこの舞台に帰ってきた。今度こそ、魔王位奪取を目指して―
 1997王位戦、2009日本選手権、2012王位戦の覇者であり、正真正銘の一流プレーヤーだ。そしてもう1つ特筆すべきは、現魔王・すなふきん氏との対戦歴の豊富さだろう。公式戦だけでも過去20回以上の対戦があり、勝ち越している。もし挑戦権を得ることになれば、手の内を知り尽くした者同士の、大注目の決戦となる。
A組2位 nasu
nishiken2.png~イスタンブールのチャンピオンが、次なるタイトルを目指す~

 nishiken氏といえば日本バックギャモン協会のスタッフであり、長野例会の主催者でもあり、日本の一大イベントであるバックギャモンフェスティバルの運営にも携わっている。つまり、日々日本のバックギャモン界を支えている存在で、これが最も知られている顔かもしれない。
 しかし彼は、バックギャモンの強豪プレーヤーとしての顔も持つ。昨年1月、トルコに渡り、イスタンブールオープンという大会を見事に制した。プロが出場する大会ではないとはいえ、世界各地から集まった125人によるトーナメントを7連勝で優勝したのだから、その実力の高さは証明されている。その後ニコ生に出演し、イスタンブールオープンの魅力を伝えて頂いたから、ご存知の方も多いだろう。あれからちょうど1年。魔王戦では、それに続くタイトル獲得を目指す。
B組1位 nishiken
まるごん2.png~ニコ生大会勝率73%!三たび嵐を起こすか~

 今回の予選突破者の中では、danjo氏に次いで二番目に、ニコ生でお馴染みの存在といえるだろう。主戦場はリアルの例会・大会だが、ニコ生にも中級戦予選、魔王戦といったビッグイベントの際に訪れ、大きなインパクトを残してきた。ニコ生大会における成績は実に16勝6敗、勝率73%という驚くべき数字である。
 とりわけリアル大会中級戦のニコ生予選会では、強豪が集まる中初参加で3連勝優勝、2回目も4連勝優勝。連続で本番の無料出場権を手に入れ、中村慶行氏から「無料出場の男」と呼ばれた。ただ、予選では無類の強さを誇るが、まだ本戦の優勝にはあと一歩届いていない。今回の魔王戦こそは予選の勢いそのままに、本戦でも勝ち進むことができるだろうか。
B組2位 まるごん
 

準決勝

7ptマッチ

danjo4-7まるごん
nishiken7-5nasu

決勝

7ptマッチ

まるごん2.pngnishiken2.png
20
40
50
70
 
 

魔王戦五番勝負

挑戦者が、四代目魔王・すなふきんさんと5ptマッチ五番勝負で対決!

すなふきん.jpgまるごん2.png
1試合目 棋譜
02
22
42
43
44
45
2試合目 棋譜
40
42
44
45
3試合目 棋譜
10
20
40
50
4試合目 棋譜
10
12
22
32
34
54
5試合目 棋譜
10
11
31
32
33
53
 
すなふきん.jpg
第六期魔王 すなふきん
 

トロフィー獲得者

 
 

開催要項

魔王戦>第六期魔王戦


すなふきん.jpg
現魔王:すなふきん

半年に一度のニコ生バックギャモン界の祭典!最も権威の高いタイトル戦です。
ネット上で完結するバックギャモン大会としては、日本最大規模の大会でもあります。
初心者~熟練者まで、誰もが気軽に予選に挑戦できるのが特徴です。皆さんの挑戦をお待ちしています!

 

結果速報

参加資格

1.バックギャモンのルールがわかること。(ダブル含めて)
2.ニコニコ生放送を見れる環境にあること。
3.playOKでバックギャモンをプレイできる環境にあること。

日時

予選A日程:12月13日(土) 20:30~24:00
B日程:12月14日(日) 14:00~17:30
1人につきどちらか1日のみ参加できる。
敗退した人(合計2敗した人)から解散。
挑戦者決定戦1月xx日(出場者の予定を合わせて決定)
魔王戦五番勝負1月xx日(出場者の予定を合わせて決定)

対戦場所

playOK
※playOKで対戦をしたことがない方は、1度経験をしておくことをオススメします。

参加方法

今回は事前予約制度はありません。大会当日のニコ生放送内のコメントのみで受け付けます。
参加受付は、開始時間35分前~5分前までです。その間に放送で「参加@お名前」とコメントしてください。
つまり参加受付時間は、13日は19:55~20:25、14日は13:25~13:55となります。

 

各日定員は24名で、万が一埋まった場合は以降、受け付けません(早い者勝ち)。
ニコ生の視聴方法がわからない方は、ニコ生の視聴方法?をご覧ください!

形式

第六期形式.png

予選

予選は2日間開催され、参加者は各自、どちらか1日を選んで参加する。
予選通過者は各日2人、合計4人である。

 

予選は、ランダムに決まった相手との3ptマッチの対戦を続けていく。
2試合目以降は、無敗の人は無敗の人どうしで、1敗の人は1敗の人どうしで組み合わせが決まる。
そして、合計2敗した人(1敗グループで負けた人)から敗退していく。

 

無敗のまま唯一残った人(4勝0敗 or 5勝0敗)が予選1位通過。
それ以外の中で、1敗のまま唯一残った人(5勝1敗 or 6勝1敗)が予選2位通過。

 

なお、予選の合計参加者が32人に満たなかった場合、後日敗者復活戦の開催を予定。

 

挑戦者決定戦

予選通過者の予定を合わせて、後日行う。
4人による7ptマッチのトーナメント。優勝した人が魔王への挑戦者となる。

 

魔王戦五番勝負

挑戦者と現魔王(すなふきん)による、新魔王の座をかけた争い。
5ptマッチの五番勝負で行う。