Top > ダチョウ


ダチョウ

Last-modified: 2018-11-04 (日) 10:12:28

ダチョウ【だちょう】(動物) Edit

  • ダチョウ目ダチョウ科の飛べない鳥。
    大柄な身体、長い首と脚が特徴。長いまつ毛がチャーミング。

マビノギのダチョウ Edit

野生ダチョウ Edit

  • 野生のものはイリア大陸に生息している。
  • ラノ地域に生息するものは、メイズ平原ムユ砂漠北部を通るルートを周回している。
    ルート上に点在する休憩スポットにて、ダチョウの背に乗り降り可能。これにより、未踏の地にも足を伸ばすことができる。
    • 以前はジャイアントは騎乗出来なかったが、現在はできる。
    • ラノ地方の3つのルートを通る野生・及び野生ダチョウに乗った人は「馬とダチョウの友人」タイトルがもらえる。
      • 現実のダチョウも訓練は必要だが乗ることができ、アメリカなどではダチョウのレースも開催されている。
  • 初心者が強さを見るとAwfulとかBossと書いてあるので強そうに見えるが、プレイヤーや他モンスターを攻撃することはないので実際の強さは不明。
    • 但しHPは極端に低い。そこらのハイエナなどを1発叩いてからダチョウに乗ると、騎乗者ごと攻撃されたダチョウは1発で死んでしまう。これは野生馬も同様である。

モンスターとして Edit

  • ピシス地方に生息するものは通常のモンスター扱いである。
    戦うことができるが、騎乗はできない。
  • 武術大会ではルワイが召喚するダチョウと戦うことができる。
    こちらは攻守ともに非常に強力なうえ、移動速度も非常に速いため厄介。

ペットとして Edit

  • G15現在は、褐色/黒ダチョウ、白/黒綿毛ダチョウの4種類が常時販売されている
  • このうち、黒綿毛ダチョウは乗ってしばらく走ると疾走スキルが発動し、通常より速い速度で走ることが出来る。
    • しかし残念なことに、疾走効果はほんの数秒しかない。
    • かつては地上最速ペットであったが、のちにその座をチーター(通常の走行速度が黒綿毛ダチョウの疾走スキル発動時と同等)やキン斗雲に奪われてしまった。

余談 Edit

  • 現実のダチョウもかなりの速度で走れる。但しスタミナがないので直ぐに失速する。
  • ちなみに現実のダチョウはキック力が非常に強力で、一説には100平方センチ当たり4.8tの圧力があるといわれている。
    • この数字だけだとピンと来ないかもしれないが、これはPaに換算すると4.8MPa。単純計算で「消火栓の水圧(0.3MPa)の10倍以上」にも匹敵する圧力である。どう考えても致命的。
  • 日本でも少数が飼育されており、まれに食用とされることも。筆者はダチョウの串焼きを食べたことがあるが、牛肉に近い味わいで美味である。
    • 鳥類最大サイズの卵を産むことでも有名。ただし卵の味は水っぽく、美味しくはないとされる。