フォドラー

Last-modified: 2022-10-09 (日) 14:50:31

フォドラー【ふぉどらー】(NPC)

nolink

  • G24から登場する、黒き月の教団の幹部。副官はデイルブラー。冷静沈着で慎重な性格だが、皮肉屋でセーラケフレーンを辛辣にやり込めたりなど、ただおとなしいだけの女性ではない。
    • 体の方はある理由から丈夫ではないため、参謀に神の言葉を伝え、言葉をもって組織を動かす。立場としては高位の神官に近い。
    • 実働部隊としては活動しておらず、どちらかというと教団のブレーン的立場なのだが、ただ無力と言うわけではなく強力な呪術、精神攻撃なども可能なようだ。しかし、これらも相当に負担がかかるのか使用は控えているようだ。

      G24ネタバレ

      • その正体はヴァン族のビフを母に持つトレジャーハンターの姉である。ネメトンで暮らす事に痺れを切らしたクェーサルの一部が「そろそろ大丈夫なのではないか?混血を使って実験しよう」と外に出したところで神の呪いの影響で死にかけた際に*1三大主神のハイミラクが利用価値を見出したことで死を免れ、それ以降は黒き月の教団員として活動していたようだ。
      • エリウという妹もいたが、呪いこそ避ける事ができたものの神の目を完全に欺く事はできず、地上へ出て数十年後に粛清されてしまった。
        クルクレの原住民達はエリウの子孫らしく、この事から考えるとフォドラーの年齢は少なくとも数百歳、恐らく数千歳と思われる。
      • 実はG22でも少しだけ登場している。キャラ名は????でローブで身を隠しているがケフレーンとの会話がある。
      • 2021/10/20のアップデートでC7関係のキャラの2次タイトルが多数追加された。このタイトルの効果は概ねキャラのイメージに沿った効果なのだがフォドラーの効果は「最大ダメージ15増加、デュアルガン最大ダメージ20増加、移動速度1%増加」とトレジャーハンターの為だけにあるような効果になっている。‥‥すごい姉だ。

*1 混血は血統を封印することでエリン世界との関係は持てるが、神の力が作用する場「神の目が届く場」では呪いの影響を受けるらしい。G23でマナナンの力による雨天でトレジャーハンターが酷く衰弱したのもこのため。