初心者装備

Last-modified: 2019-05-07 (火) 19:41:33

初心者装備

  1. キャラクター作成時もしくは転生時に自動的に着用する、初期装備の服と靴。
  2. 才能に対応する初心者装備。NPC売りの装備品と同じ性能であるが、名称に「初心者」とつく。

以下では順番に解説する。

初心者用服・初心者用靴

  • キャラクター作成時もしくは転生時には、自動的に初心者用の服と靴だけを装備した状態になる。
    服は名前に「初心者」もしくは「ニュービー」と含まれているが、靴にはそうした名前がつかないので判りにくい。
    • 人間:「初心者用ズボン」もしくは「初心者用スカート」と、「革シューズ」
      • 人間用の初心者服は、なぜかズボンもスカートも性別関係なく装備可能。
        また防御が1しかなく、普通の衣装(防御2)よりも明らかに低い。
        モデリングもかなり簡素。
      • 革シューズはNPC売りの品と同じ性能。但し新規キャラクターの装備品に限り売却価格0G、修理費1G。
        転生時の革シューズは、なぜか価格や修理費もNPC販売品と一緒になっている。
      • なお初心者服・革シューズとも、2010年にモデリングが変更され見栄えが少し変わった。
    • エルフ: 「ニュービーウェア」(男女別)と「コンフォートアンクルブーツ 」
      • ちなみにコンフォートアンクルブーツは、靴としては地道に初心者用装備限定品となっている(いわゆる「通常品」が存在しない)。
    • ジャイアント: 「ジャイアント用ニュービーウェア」(男女別)と「ジャイアント伝統靴」
      • ジャイアント伝統靴はNPC売りの品と同じ性能。但し売却価格0G、修理費1G。
  • 才能対応の初心者装備と同様に、基本修理費用が1Gで、他のアカウントのキャラクターへの譲渡が可能。

プレミアムニュービーウェア

  • ちなみにプレミアムキャラクターカードであれば、服がプレミアム用の初心者服に切り替わっていた。
    • 呼び名も「プレミアムニュービーウェア」とお洒落になっている。
    • 性能は普通の初心者服と一緒。但し人間用でもきちんと防御2となっている。
      • また外観やモデリングの力の入れ方が違う。特別衣装が売りであった期間限定プレミアムキャラクターカードならば尚更。
  • その後、システム変更でプレミアムキャラクターカードも販売終了し、プレミアムニュービーウェアの新規入手も不可能に。
    • …と思いきや、2016年5月25日以降は、アカウントに最初に配布されるカード(ノービスカード)で作成したキャラクターの初期装備が、プレミアムニュービーウェアになっている模様。

才能対応の初心者装備

概要

  • エリンに降り立ったミレシアンが最初に選択した才能に対応する装備が支給される。
    NC売りの装備品と同じ性能であるが、名称に「初心者」とつくことからこのように呼ばれている。
    (例: 初心者フルートショートソード、初心者アイスワンドなど)
  • これら初心者装備は以下のような特徴を持つ。
  • ちなみに、他のアカウントのキャラクターへの譲渡が可能。

経緯

  • 元々は、初心者剣精霊アイリが実装されていた頃に実装された初心者用武器であった。
    • 一連のチュートリアルクエスト終了後、アイリとの別れとともに得られる武器であり、アイリ同様に種族ごとに種類が固定されていた。
    • 性能自体は店売り品と同等なものの耐久がやたら高いという特徴を持っており、アイリとの別離から脱・初心者までの期間に用いるにはそれなりに有用であった。
  • G13でアイリが廃止され、種族ごとの初心者用武器が直接もらえるようになったが、やはり固定装備。
    • 武器としては最下級であり、またキャラクターのスキル構成によっては目的に合わずかえって邪魔になる事も。
      そのためか、すぐ打ち捨てられてしまうなどの心が痛むケースも少なからずあった。
  • 時代が下り、才能アップデートやRenovationアップデートで序盤のチュートリアルが大きく変更された。
    特に序盤のフォローアップはかなり手厚くなり、初心者装備も多岐にわたるスキル群に対応したものが実装された。
    これが現在の初心者装備である。
    • 基本的には最下級の装備が支給されるが、なぜかランスだけは、最下級のビシスウッドランスではなくライオンクローランスが渡される。
    • また一部の才能では、初心者装備ではなく通常品が支給される。

備考

  • 多種多様な衣装や防具が存在する中、(期間限定衣装ならともかく)初心者服や初心者靴を愛用し続けるような物好きは少ない。
    才能装備も、スキルに沿ったものが支給されるようになったとはいえ、しょせんは最下級。
    むべなるかな、本格的なエンチャント改造、ましてや細工までして用いるようなことはほとんど無いだろう。
    そういう意味では、やはりすぐさま打ち捨てられてしまうようなものである。
  • しかし、昔からある修理費〇倍エンチャントの存在に加え、昨今では更に100%修理も加わり、装備のランニングコストは膨大なものになりつつある。
    そのため普段使いの気軽な装備として、安価な初心者装備の需要が微妙にあったりする。
    • 何しろ修理費がシステム上最大の10倍になったところで100%修理でも1Pにつき10G。その辺のタヌキでも叩けばすぐに稼げる額である。費用対効果でいえばほぼ最強といっても差し支えない。
    • おススメの初心者装備は下級武器でも修理費の高い、ワンド(魔法・治癒)・ハンドル(人形術)・ランス(槍術)・チェーンブレイド(チェーン)辺り。
      サブキャラならそれに加えて薪用斧(木工)も選択肢に上がる。
    • 一方、デュアルガン(シューター)と手裏剣(忍者)は、初心者装備ではなく通常品を支給されてしまうため非推奨。
  • エリンになじみ、熟練すれはするほど修理と付き合っていかなければならない。そうしたマビノギにあって、修理費の大切さを思い出させてくれる大切な品……なのかもしれない。