コナフタ の変更点


*コナフタ【こなふた】(地名?) [#x2ea24fc]
Connaught
----
-[[エリン]]に存在する[[大陸]]の一つ。寒さが厳しいところらしい。
--G23現在も文献上の存在である。

-モデルはアイルランドの北西部に実在するコノート地方。コナハトとも言う。
ケルト神話においてクーリーの牛争いの引き金となった女王メイヴの領地でもある。

**マビノギにおけるコナフタ [#n6d99493]
-西の[[ウルラ]]、東の[[イリア]]と並ぶ北の大陸…といわれている。
しかし、現在のところはゲーム内でも文献上でのみ登場する存在である。
--[[C2]]でのイリアのように後に実装されるかとも思われたが、その後は様々にテーマが変遷し、なかなか日の目を見ない模様。
---G22にて名前だけは登場しているため、忘れ去られているということはなさそうだが、
新しい大陸ともなると広いマップを作成しなければならないためか、中々実装されない。
--ただ、[[シドスネッター]]が他の地域と移動ポイントの形状が異なる事や、
%%温暖な%%[[ティルコネイル]]と雪だるまがいつまでも溶けないシドスネッターの違いなどから、
シドスネッターこそがコナフタの地域なのではとする向きもある。
---雪こそ降ってはいないがゲーム内文献で確認できるとおりティルコネイルは寒冷地。
そこから北に向かうのだから地理的には妥当ではある。
-G24で三大主神はそれぞれのやり方で人を成長させる使命をもち、
過激なやり方も司るものの範囲であれば行う事が判明した。
ゼミダラクは平和を司る。信徒は元々少数で更にこちらに移り住んだ。
未実装地域=ミレシアンが存在しない地域である。
仮にゼミダラクの方針が
争いは多数であれば起こるから少数の選ばれたものを成長させる。
エリンの住民の成長にミレシアンは不要。
平和的な手段として多数とミレシアンに一切接触せずならば
この大陸が実装される事は絶望的である。
ミレシアンやエリン住民の力は三大主神や自然を司る神マナナンなどには
ミレシアンやエリン住民の力は三大主神や自然のひとつを司る神マナナンなどには
全く及ばないようなのでゼミダラクがコナフタに侵入させないと言う方針であれば
上陸はほぼ不可能だろう。(それに今更、大陸を運営が実装すると……)

----
関連:[[エリン]]、[[ウルラ]]、[[イリア]]
*参照 [#t3bb5336]
[[エリン音楽の歴史(1)>mabiwiki:アイテム/本/エリン音楽の歴史(1)]]
[[魔法アイスボルト:由来と修練方法>mabiwiki:アイテム/本/魔法アイスボルト:由来と修練方法]]