シドスネッター の変更点

*シドスネッター【しどすねったー】 [#y4c40f1a]
-一年中雪に覆われた封印の地。
一定のレベルがないと入る事すらできないという、いわくありげな土地。

-[[ティルコネイル]]の北、[[モオン山脈]]中に位置する。
とされているが、他の地域間移動と違い、移動には[[ムーンゲート]]に似たゲートを用いるため、正確な場所は不明。
--これと似たゲートは、キャラクター作成の直後や[[転生]]の際に降り立つ転生フィールドへ出現する時に使われるゲートがある。

-[[消えた三戦士]]の一員、[[ドルイド]]の[[タルラーク]]が隠棲する。
--そのため[[G1]]では度々訪れることになるだろう。

-Sidhe Sneachta. アイルランドの伝承においてSidheはダーナ神族がミレシアンとの戦いの戦いに敗れた後に住んだ地を現す。日本語の書籍では妖精塚や妖精丘などと訳され、現代アイルランド語風に「シー」とカナ表記される事も多いが、古アイルランド語風に表記すれば「シード」となり、マビノギ内の表記もさほど逸脱している訳ではない。Sneachtaは現代アイルランド語で雪。従ってシドスネッターを訳せば「雪の妖精丘」となる。



♪BGM「女神の翼にキスを」