才能 の変更点


*才能【さいのう】(System) [#ldf436e1]
[[The Classic]]で実装されたキャラクターの成長システム、及びそのシステムで用いられる17種のスキル群のこと。
[[G13]]で実装された[[将来の希望]]と入れ替わる形(公式ではリニューアルと表記されている)で導入された。
----
#contents

**共通する要素 [#s2d5e0cf]
-転生時orキャラクター作成時に「修練才能」を選択・変更できる。
--修練才能に対応するスキルの修練速度が2倍になるボーナスが得られる。
また転生直後およびレベルアップ時に上昇するステータスにボーナスが得られる。
**主な変更点 [#qd3a5532]
***全体 [#n7c2909a]
-ランク制が導入され、対応するスキルをランクアップしていくと才能自体もランクアップするようになった。
-スキルと希望が一対一で対応するルールが廃され、複数の才能にまたがって所属するスキルが設定されるようになった。
--代表的なものが[[メイキングマスタリ]]で、料理・裁縫・調合・木工・鍛冶の5つにまたがって所属している。
-槍術([[エルフ]]不可)や弓術([[ジャイアント]]不可)など、種族によって選択できない才能が設定された。
--将来の希望では種族によって選択できないものはなく、弓使いをジャイアントが選択することも可能であった。
-キャラクター作成後の才能選択時に[[初心者装備]]が手に入るようになった。
--初心者装備は特別改造が出来ない代わりに基本修理費が何%でも1Gという破格の修理費である、
才能は転生で変更出来るため、最初の才能は欲しい初心者装備で決めても全く問題ない。
---しかし、[[シューター]](ゼダーII)と[[忍者]](螺旋形手裏剣)は通常品が渡されるため注意。
***才能タイトル [#uc8eb1bd]
-正確に言えば変更点ではなく追加要素であり、既存の[[タイトル]]および二次タイトルとはまた別種のシステム。
-各才能毎に決まった才能タイトル(戦術なら「戦士」・弓術なら「弓使い」など)が与えられ、これら各才能タイトルの獲得によってステータスボーナスが得られる。
--スキルをランクアップさせると対応する才能の「才能経験値」が得られ、これによって才能タイトルの階級がランクアップし、ボーナス量も増加していく。
なお才能タイトルの獲得・ランクアップは''現在の修練才能とは無関係に行う事が可能''で、タイトルによるボーナスも同様に得られる。
---通常はマスター階級(15段階)までしかランクアップ出来ないが、特定の手順を踏む事で16段階目の階級[[グランドマスター]]へのランクアップが可能。詳細は当該項目を参照されたし。
-獲得した才能タイトルはキャラクターの頭上に表示されるが、これは好きなものに切り替える事が出来る。ただしどの才能タイトルを装着しても特に効果はなく、単なるコレクション・ファッション要素となっている。
--複数の才能を修める事で、複合型の才能タイトルである[[隠し才能]]タイトルを獲得する事が出来る。例としては、戦術と弓術の才能がベテラン以上になると「レンジャー」の才能タイトルが得られる。
これらのタイトルを獲得・ランクアップしても特に効果はないが、幾つかは隠し才能スキルの習得条件になっている。
---中には「最強キャラクター」などという凄まじいタイトルも。
---なお、[[英雄達の称号>英雄才能]]も隠し才能タイトルとして存在する。当然これも単なるコレクション要素なのだが、複数の才能をマスター階級までランクアップさせる必要があり、獲得難易度は高め。
***各希望と才能の対応状況 [#cb1e632e]
※括弧内は才能タイトル名。

-旧戦士は戦術(戦士)と槍術(ランサー)の2つにわかれた。
--槍術は[[ランス]]に関するスキルと一部の近接戦闘のためのスキルが所属している。
-旧魔法使いは魔術(魔法使い)と治癒(司祭)の2つにわかれた。
--治癒は魔法のうち、防御・治療系のスキルが所属している。
-旧錬金術師は錬金術(錬金術師)と錬成術(錬成術師)の2つにわかれた。
--錬金術は純粋な攻撃スキル、錬成術は生産スキルのほか補助的な色合いの強いスキルが所属している。
-旧商人は交易(商人)・料理(料理人)・裁縫(裁縫師)・調合(製薬師)・木工(木工職人)・鍛冶(鍛冶師)・冒険(冒険家)の7つにわかれた。
--交易と冒険を除けば生産物ごとにカテゴリ分けされている。冒険スキルは実質「その他」扱い。
-旧弓使いは弓術(弓使い)に、旧格闘家は格闘(格闘家)に、旧吟遊詩人は音楽(吟遊詩人)に才能名が変更されたが、対応スキルに変更は無く、才能タイトルにはそのまま旧名が使われている。
-冒険家が実質廃止(前述した冒険才能として新たに実装)され、ボーナスを得ないという選択はできなくなった。
***スキルの割り当て変更 [#g41febd1]
-戦術・槍術でも[[クリティカルヒット>クリ]]修練にボーナスが得られるようになった。
-戦術を選択することで[[回避]]修練にボーナスが得られるようになった。
-治癒を選択することで[[応急治療]]修練にボーナスが得られるようになった。
**英雄才能 [#j11e6058]
-[[ZERO]]アップデートで実装された、英雄の名を冠する才能。
-既存の才能ボーナスに加え、特別な効果が色々と存在する。詳細は[[英雄才能]]の項を参照されたし。
**備考[#x5e433cd]
-才能のランクと保持しているスキルのランクは必ずしも一致しない。あくまで必要な才能経験値を稼げれば良いのであって、例えば裁縫才能であれば紡織や羊毛狩りといったスキルを集中的に鍛えることで、肝心の[[裁縫]]スキルを極めずともマスター階級に至る事が出来る。
逆に、単に裁縫を極めるだけではマスター階級に至る事は出来ない、という事でもある。
--要するに、才能ランクとはその才能における総合力を表しているに過ぎない、ということ。マスターともなれば極端に不得手とするスキルはないものと思いがちだが、それも可能性の一つとして考慮しておくべきだ。
例えば「[[エンチャント]]Fランクのグランドマスター魔法使い」なんてのはザラにいるのであるからして((理由は[[言わずもがな>Mノギ]]であろう。))。
-残念なことに[[ヒルウェン工学]]や[[マジッククラフト]]に対応した才能はない。このスキルは必要修練回数も素材にかかる費用も高いため才能ボーナスが入れば楽になるのだが。%%やっぱり[[Mノギ]]か・・・%%
----
*関連項目 [#k0692739]
-[[隠し才能]]