浪漫農場 の変更点

*浪漫農場【ろまんのうじょう】 [#ya03d387]
**プレイヤーの運用可能な農場 [#kf8c1f2c]
-キャラクター毎に作成できるオリジナルの牧場。2011年4月14日([[G14S2>G14]])実装。
中で農作ができるのはもちろんのこと、井戸や[[ハーブ]]株、炉などを設置して生産もできる。
--一見[[ハウジング]]に似ているが、ハウジングと異なるのは無課金でも作成・運用可能なこと。
累積レベル10以上のキャラクターであれば農場を作成するクエストが送られる。
//--11/04/20時点では何故かかまどは設置できない。
//収穫した作物で料理ができれば楽しいのに、もったいない。
-ちなみにタルティーンで借りられる農場は別物である。そちらについては[[農場]]を参照。

**プレイヤーの運用可能な農場 [#kf8c1f2c]
-農場作成時、ウルラ・コンヌース・ピシスの三地域のうちどこに農場を設置するか選択できる。
地域によって農場の見た目や設置可能なオブジェクト(全地域で共通して設置できる物もある)・釣り用の池で釣れる物の種類などが異なる。
実用面でさほど激しい差があるわけではないが、最初に決定した地域を後から変更するには[[ポイントショップアイテム]]が必要なため、農場作成時にはよく検討しよう。
--キャラクターの種族と選択可能地域の間には特に制限はない。エルフでピシス農場、ジャイアントでコンヌース農場を作る事も可能。

-オブジェクトの建築及び作物の栽培にはファームストーンが必要。
このファームストーンは0:00を過ぎる毎に牧場の敷地内でつるはしを使って1日10回まで採掘できる。
--ハーブ類の採集物も地球時間0:00にリセットされ、再び最大数まで採集できる。前日までの繰越はない。
--木挽き台、石蜜、丸い/低いクィリンストーンの岩石は時間経過でゆっくりと採集可能回数が回復していく。
--オブジェクトを作成したり作物を収穫するとchick(経験値)がたまっていき、農場がレベルアップする。
ある一定レベルまで達すると農場が拡張でき、設置可能なオブジェクトや栽培可能な作物の種類も増える。
--収穫した作物はインベントリには入らず、そのままchickになる。
---chickは農場の価値を表す単位で、1chick=ヒヨコ1匹分の値段らしい。
//参考までに、現実のヒヨコの値段は名古屋コーチンのメスで800円程度である。
//オスメスで値段が違う上にブロイラーから地鶏まで値段はピンキリなためCO

-作物の種は[[ティルコネイル]]・[[ダンバートン]]の食料品店アルバイトで手に入る。
その他、一部の作物の種は[[キアダンジョン]]の[[ゴブリン]]からも手に入る。
--説明文によれば彼らゴブリンも農業をやっているらしい。
--こうして植えた作物は純粋にchick交換用であり、例えばイチゴの種を畑に撒いたからといってアイテムとしてのイチゴが収穫できるわけではない。

-[[ペット]]は浪漫農場に入ることができない。また、浪漫農場内部での呼び出しもできない。しかし、[[パートナー]]は入出および内部での召喚が可能。

-浪漫農場の作物は、[[楽器演奏]]によって作物の育成にかかる時間を大幅に(約50%)短縮できる。
これは[[楽器演奏]]のトレーニング項目のひとつでもある。

-農場内にアイテムが落ちたままその場から誰もキャラクターがいなくなると、どんなに高額なアイテムでも一瞬で消滅する。(たとえ直後に農場に入りなおしたとしても、落ちていたアイテムはなくなっている)
農場内では前述のようにパートナー以外のペットを荷物持ち要員として召喚できないため、採取する時のインベントリ管理には注意しよう。
ただしこの性質を利用し、不要アイテムをきれいに始末するゴミ箱として活用するプレイヤーも少なからずいる。

-ほぼ消耗品供給用のコンテンツになっている。
--ウルラでは中々お目にかかれない木挽き台や、余計な手間をかけずに使える炉を作れるのはありがたい。
--特にハーブ類は大増産が可能なため、それまで理不尽なまでに高すぎた各種ポーションが安く売られるようになった。
そもそもそれ以前の薬草がダンジョンにまばらに生えるだけという究極の[[Mノギ]]仕様であったため、価格が安定化したとも言える。

//--stub--
-アップデートによりポンコインにより浪漫農場への設置物を買うことができ、また高レベルな設置物は維持費としてファームストーンやその欠片が1週間毎に必要になった。
--特にマナハーブ・サンライトハーブの生産量を増やす設置物はファームストーンを1つ消費するため、これらを建てまくるとおいそれと拡張はできなくなる。
**6月20日浪漫農場アップデート [#ae8514f0]
***6月20日浪漫農場アップデート [#ae8514f0]
-2018年6月20日の浪漫農場アップデートでは、ハウジング関連の改変が行われた。
--ハウジングエリアで借り家を落札して行うことができた「内装」と「商店」機能のうち、「内装」機能を浪漫農場へと移転された。
浪漫農場実装以降「せっかく家が建てられるのだから家に入りたい」という声は少なくなかったが、システム的な理由から長らく見送られてきた要望が実現したのだ。
しかし、ハウジングエリアでも内装関連はそれほど自由度があるわけでもなく1部屋のみで、置けるものも多くはなかった。
どちらかというと浪漫農場のアップデートというよりはハウジングのアップデートの一環であった。
--その割には契約料50万ゴールド、契約更改に20万ゴールドと安いものではなかった。ただし、この料金はアドバンスドプレイパッケージを購入していると無料になるという新しいサービスが実装されている。
**10月24日浪漫農場アップデート [#wcaf3af9]
***10月24日浪漫農場アップデート [#wcaf3af9]
-2018年10月24日の浪漫農場アップデートでは、大規模な追加と機能拡張が行われた。
-ハウジング機能
--家・邸宅では屋内にホールと個室が2~3部屋が付属し、それぞれに壁・床の内装はもちろん椅子やテーブルといった家具を設置して飾ることができる。
また、それぞれの個室には生産研究台を設置し、ブラウニーに研究をしてもらうことができる。
--生産スキルごとの研究を行って得られる「ノウハウ」ポイントを消費し、一定時間対応する生産スキルのトレーニングにボーナスが得られるという新システムも実装されている(システム自体は[[私の騎士団]]とおおむね同様)。
--なお、これまでハウジングに設置できていた生産作業台関連が撤廃となった。
-農場機能
--栽培できる収穫物や設置物が増え、より使いやすい拡張となっている。
--長らくハーブしか栽培できなかったことからもっぱら「ハーブ園」などと呼ばれ、収穫物の拡張を求める声が少なくなかったが、料理スキルで必要だった食材はもちろん、鉱脈や潮干狩りも可能になったというから驚きである。その気になれば農場引きこもりプレイすら可能。
--これまでの「畑」は農場レベルが上がりきってしまうとイベントクエストなど以外では不要になってしまい、いまひとつ「農場」感が弱かった。しかし、今回のアップデートで一さらに見た目にもこだわることが可能になった。
-また、マビノギがベータテスト時代から実装されていながらスキル上限の解除されていなかった生活スキル4種が一気にランク1まで開放。直接農場との関係は小さいものではあるが、「ファンタジーライフ」「まったり異世界生活」の『生活』部分を強化するアップデートであったことは間違いない。
--2018年は年頭からG21のアップデートの年であり、戦闘関連の拡張が中心だった。それが一段落したためか、戦闘以外の「ファンタジーライフ」を好むミレシアン達からは大いに歓迎されているとか。
**11月7日浪漫農場アップデート? [#q5c698dc]
***11月7日浪漫農場アップデート? [#q5c698dc]
-11月7日から11月28日までの期間限定で販売されたランダムボックス「オータムキャンプボックス」も浪漫農場には実は大きな?関係があった。このランダムボックスは「秋のキャンプ」を題材に、バーベキューやキャンプチェア、テントや寝袋など新規アイテムが目白押しだった。
-様々な設置物が多く実装され、鮮やかな紅葉の樹とキャンプ道具といったかなりサイズの大きなものも見られたが、特筆すべきはこれらの設置物が、見た目に反して''1マスしか占有しない''という点にある。
--これまでの設置物は大きいものほどマスを大きくとっていたため、どうにも設置物と設置物の隙間が気になるというガーデニングの達人の嘆きが聞かれていた。しかし今回の設置物は(多少干渉してしまうことは仕方がないのだが)それぞれが自然に重なるように設置できるようになっており、これまでとは一味違ったコーディネートが可能になっている。
これを機に既存の設置物のサイズも変更してほしい!という切実な声も。
-おりしも「浪漫農場SSコンテスト」が開催されているこのタイミングで実装されたこともあり、「ほのぼのファンタジーライフ」の達人は熱い視線を注いでいるとか、いないとか。
**略奪団所有の浪漫農場 [#rca5016d]
-[[G15S4>G15]]のアップデートにて「[[指名手配犯]]システム」が実装され、[[略奪団]]の所有する浪漫農場に殴りこみをかける事が可能になった。
むさ苦しいハイエナ野郎や社会のクズに成り下がったポウォールが農場を営んでいる事実も少々意外だが、いざ突入してみると、やけにハイクオリティかつ素敵な農場である事に驚愕したプレイヤーも多いと思われる。
面積はプレイヤーが所有できる農場よりはるかに広く、精錬かまどや鍛冶台など各種設備をそなえ(なんと[[ラデカ]]まで設置されている)、白い花の咲き乱れる花畑や小川や橋が景観を彩る中で団員たちが平和に農作業にいそしんでいる。
その情景はまさにほのぼのファンタジーライフ。これでは侵入者が略奪団である。

-これらの設備の一部は勝手に使用できる。
--これらの設備の一部は勝手に使用できる。
--農場を訪れるたびにファームストーンを2個採集できる。ファームストーンの数少ない採集方法である。
--ちなみにこの農場に行くには、略奪者がドロップする「指名手配犯の浪漫農場チケット」というアイテムが必要だが、これのアイテム説明文には「略奪者のくせに浪漫だなんて呆れたものだ」などと書いてある。
---しかしこの農場…いや農園にはロマンしかない。ミレシアンがこの域に達し、園丁(?)を雇えるようになるのは何時の日か…。
-ちなみにこの農場に行くには、略奪者がドロップする「指名手配犯の浪漫農場チケット」というアイテムが必要だが、これのアイテム説明文には「略奪者のくせに浪漫だなんて呆れたものだ」などと書いてある。
--しかしこの農場…いや農園にはロマンしかない。ミレシアンがこの域に達し、園丁(?)を雇えるようになるのは何時の日か…。