隠遁者のスタッフ の変更点

-[[マジッククラフト]]ランク5から製作可能になる[[スタッフ]]。
色々と物議をかもすとんでもない特徴を多数持つ。

-既存スタッフとの大きな違いとして、属性を溜める必要が無く[[ファイアボール]]、[[サンダー]]、[[アイススピア]]といった各種中級魔法を使用できる。
魔法師の悲願とも言える一振りであろう。

-マジッククラフト製作品の特徴として、製作時にランダムで様々なボーナスが付く。
耐久、攻撃力、バランスなどが増加するのだが、その中でも魔法攻撃力+8という数字が目玉。
上記の特徴を持ち、改造を入れずしてこの能力である。
--製作時に魔法攻撃力+8のボーナスが付いたものに、魔法ダメージに特化した改造を施した場合の合計は
魔法攻撃力+29という数字になる。加えて、その数字に特別改造を更に上乗せすることも可能である。

-魔法ダメージ補正的には完全に既存品の上位互換であり、必要素材と製作の難易度的にも作るのが楽な部類という事で、[[デモニックインフィニティスタッフ]]や[[ホワイトウィングスタッフ]]の立場が非常に悲しいものとなってしまった。

-申し訳程度の弱点として、このスタッフにはエレメンタルの蓄積機能そのものが備わっておらず、よってこれによる[[ボルト魔法>ボルト系]]強化の恩恵を受ける事が出来ない。
とはいえ、そんな事は気にもしていない(あるいは気付いてすらいない)プレイヤーが大半であろう。
--[[合体魔法]]の制約が大場に緩和された現在では、火力目的で単発のボルト魔法を使うという選択肢があまりない。
--[[合体魔法]]の制約が大幅に緩和された現在では、火力目的で単発のボルト魔法を使うという選択肢があまりない。
そして困った事に、合体魔法を使うとエレメンタルの蓄積がリセットされてしまうのだ。最早他のスタッフは立つ瀬がないどころの話ではない。