Top > 魔符 > diff


魔符 の変更点


 *魔符【まふ】 [#pde5c38e]
 -[[エリン]]世界において野生動物や下級[[魔族]]たちは[[ポウォール]]たちが用いる「魔符」というアイテムの力によって操られている。操られているモンスターは倒されると一定確率で魔符を落とす。
 一部の野生動物たちがやたら攻撃的な理由がコレによって操られているため。逆に言えばこれを持たない(操られていない)ポウォールが純粋な魔族である。
 [[ポウォール]]たちが用いる、動物などを支配し操るための呪符。
 
 **背景設定など [#n09cc5b4]
 -[[エリン]]世界においては、一部の野生動物や下級[[魔族]]たちは魔符によって操られ、凶暴な[[モンスター]]と化している。逆に言えばこれを持たない(操られていない)ポウォールが純粋な魔族である。
 --無生物も操れるらしく、[[スケルトン]]やフライングソードも落とす。
 --[[ダークナイト]]も同種の魔符を使って[[敵を洗脳・支配する事ができる>コントロールオブダークネス]]。既に魔符で操られている敵に対しても有効なので、ダークナイトの術はより強力なものなのかもしれない。
 -動物の体色によって無駄に魔符の種類がある理由は不明((純粋にゲーム的な理由として「体色によって難易度が違うから」ということが挙げられる。各種ネズミ系と[[黒クマネズミ]]の差異がわかりやすい))。
 -無生物も操れるらしく、[[スケルトン]]やフライングソードも落とす。
 -全てのモンスターが保有しているわけではなく、基本的に[[ウルラ大陸>ウルラ]]のみで入手可能。
 -動物の種族や体色によって無駄に魔符の種類がある理由は不明((純粋にゲーム的な理由として「体色によって難易度が違うから」ということが挙げられる。各種ネズミ系と[[黒クマネズミ]]の差異がわかりやすい))。
 -全てのモンスターが保有しているわけではなく、基本的に[[ウルラ]]大陸のみで入手可能。
 --[[イリア]]の野生動物たちが凶暴なのは[[イリニド]]の呪いによるもの。よって魔符は所持していない。
 ちなみに[[ドラゴン]]以外のフィールドボスも、同じ理由で突然変異したものとされている。
 ---一応、イリア固有のモンスターでも魔符を落とすものはいるが…(後述)。
 --影世界のモンスターたちも所持していない。登場する敵は自発的に戦っている[[ポウォール]]兵士や[[錬金術]]によって練成されたモンスターが中心であり、魔符で操る必要がないからであろう。
 --当然というかなんというか、かつて元人間であった[[ペッカダンジョン]]の亡霊たちは、リッチなどに操られているものの魔符は落とさない。
 -10枚集めて特定[[NPC]]から購入する[[QS]]により報酬が貰える。ちなみに彼らが魔符を収集する名目は「魔符の持つ動物の意識をコントロールするメカニズムについての研究」となっている。
 --端的に言えば敵が落とす小切手にして換金アイテム。このため敵によってはドロップするゴールドよりも単価が高い魔符を落とすこともある。
 --しかし10枚集めないとゴールドにならないため、中途半端な枚数で収集が止まると[[倉庫]]や[[インベントリ]]の邪魔になる。かくしてミレシアンは今日も兌換のためにダンジョンに向かう。うまいゲームデザインである。
 
 **魔符の換金 [#v51031aa]
 -操られているモンスターを倒すと一定確率で魔符を落とす。これを10枚集め、特定[[NPC]]から購入する[[クエストスクロール]]を使うことにより報酬が貰える。
 --ちなみに名目上は「魔符の持つ動物の意識をコントロールするメカニズムについての研究」の為に必要とのこと。
 ---ちなみに[[アルベイダンジョン]]の「黒ネズミ」と、イリアの固有種では唯一魔符を落とす[[地下トンネル]]の「穴ネズミ」については、クエストスクロールそのものが存在しない。研究が進んでいないのだろうか。
 --ゲーム的に言えば敵が落とす小切手にして換金アイテム。しかし10枚集めないとゴールドにならないため、中途半端な枚数で収集が止まると[[倉庫]]や[[インベントリ]]の邪魔になる。かくしてミレシアンは今日も交換のためにダンジョンに向かう。うまいゲームデザインである。
 --ドロップ率は各モンスターによって異なり、また報酬の額も上下する。
 一般的に弱く・ドロップ率が高い魔符ほど安価な報酬であり、強力なモンスターほど入手困難で高単価となる傾向にある。
 ---[[ミミック]]はこれに当てはまらず、魔符入手が容易(高ドロップ率・ほぼ全[[ダンジョン]]に登場・比較的弱い)な上に6000Gと比較的高単価なため、初心者の良い収入源となる。
 ---またヒグマや骸骨オオカミは野外にも現れるモンスターだが単価1000Gを超す魔符を落とす。このためたまに端数合わせのためにこれらをいじめるミレシアンもいるようだ。
 -かつては多くのプレイヤーの主な収入源となっていたが、[[C3]]で実装された影ミッションの存在によって陳腐化してしまった。
 -サンダーを覚える目的でラビ下級ダンジョンに赴くプレイヤーが多いが、ここは魔符で稼ぐダンジョンと言っても過言でないくらいに魔符が集まる。
 軽鎧を装備したスケルトンの魔符ドロップ率が異様に高いのがその理由である。
 ダンジョンドロップが増加する火曜日に潜れば一周で10万ゴールドを稼げることも少なくない。
 たまに手に入るサンダーのページも高価であり、敵もそこまで強くないので通行証を手に入れたら狙ってみることをおすすめする。
 一般的に弱く・ドロップ率が高い魔符ほど安価な報酬であり、強力なモンスターほど入手困難で高単価となる傾向にある。敵によってはドロップするゴールドよりも単価が高い魔符を落とすこともある。
 
 **(かつて)人気の魔符 [#fc502a7a]
 -[[ミミック]]
 --様々な種類がほぼ全ての[[ダンジョン]]に登場し、ドロップ率も高い。また他のモンスターと違い、どの種類のミミックも落とす魔符は一緒なので揃えやすい。おまけに報酬が比較的高価(改変前は10枚で6000G)なため、初心者の良い収入源。
 -[[ヒグマ>クマ]]や骸骨オオカミ
 --野外で現れるモンスターの中では報酬が高価で、魔符1枚あたり(改変前は)1000G以上を稼げる。
 -[[スケルトン]]系
 --[[ラビダンジョン]]でよく登場。特にラビ下級のものは魔符ドロップ率が異様に高く、魔符で稼ぐダンジョンと言っても過言でないくらいに集まる。ダンジョンドロップが増加する火曜日に潜れば一周で10万ゴールドを稼げることも少なくなかった。
 
 **その後 [#k8bd1acb]
 -…といったように、かつては多くのプレイヤーの主な収入源となっていたが、大幅にゴールドを稼ぎやすい「影ミッション」が[[C3]]で実装されてからは陳腐化してしまった。
 --その後、2016年7月27日のダンジョン改変にあわせ、魔符の換金額も全般的に上昇。それでも影ミッションや[[交易]]などの稼ぎ効率には及ばないようだ。