県営湯平中央鉄道

Last-modified: 2021-07-06 (火) 21:17:24

県営湯平中央鉄道の歴史
(株)湯平急行電鉄を県営化したものである。長年、「ゆのきゅう」と親しまれた湯平急行電鉄だが、経営破綻の為、2019年11月31日付で廃業申請を提出。
沿線民が、再建を申し立てる要望書を提出。それに応え、県が運営する鉄道を設立。それが県営湯平中央鉄道である。再建費用は泉川市と湯平県が出資。

県営湯平中央鉄道基本データ
設立 2019年12月27日
(2020年2月19日より運用開始)
第三セクター湯平交通省指定重要鉄道会社
社長 まるる
社員 500人
会社マーク

自社車両 Y1000系1000番台 2020年4月30日 運用離脱 製造:湯平製作所
     Y2000系1000番台 2021年4月16日 運用離脱 製造:大トロ製作所様
     Y3000系1000番台 2020年7月1日 運用開始 製造:大トロ製作所様

                   Y3200系1000番台 2021年4月1日 運用開始 製造:大トロ製作所様

   YY1000系 モキ001-009 線路整備車両 2021年7月1日 運用開始 譲渡:(株)井上鉄道
   YY1100系 ハヌ001-010 バラスト整備車両 2021年7月1日 運用開始 譲渡:(株)井上鉄道
   YH1000系 2020年7月20日 運用開始 製造:関西電車工業様  空港アクセス特急 特急エア空 
   YH2000系 2020年7月20日 運用開始 製造:大トロ製作所様  泉川本線特急車両 特急ひので
   YH3000系 2021年7月1日 運用離脱 製造:神奈急車輌様   湯平海浜高速鉄道、海の里海岸線
  YH4000系 2021年7月1日 運用開始 製造:すのーらびっと様 団体専用列車、ツアー専用列車
(旧)会社設置住所 湯平県泉川市中町10番地
(新)会社設置住所 湯平県泉川市本町区21番地
運営路線
泉川本線、河上線、湯平海浜高速線、松ノ木神社線

子会社
湯平バス
湯平トラベル
湯平貨物
湯平交通

運営商業店など
湯平デパート
光吉嵐山温泉街

整備場、留置場
恋が先車両整備センター
三月町車両留置整備センター

直通会社
北急電鉄 まぐろん氏
長瀬鉄道 北長瀬表町氏

路線図(泉川本線 三月町→湯平新町 泉川以南線)

運行状況

泉川本線は通常通り通常運行中です。             河上線は未開通区間を除き通常運行中です。         松ノ木神社線は通常通り運行中です。海が浦→松ノ木神社 湯平海浜高速鉄道は、工事中です。開業日までお待ちください。 直通運転状況 始発より平常運行。             

アオハル12きっぷ発売状況

各窓口で販売中! 15800円で5回分乗り放題のお得なきっぷです。