Top > 鶴浜急行


鶴浜急行

Last-modified: 2019-10-07 (月) 22:11:12

広告 Edit

koukoku_1.png

運行情報とお知らせ Edit

現在での情報です。

三九十九駅でのお客様対応の影響で、ただいまま全線で5分ほどの遅れが発生しています。
  • 8/18に三輪海岸花火大会の開催に伴い、臨時列車を運行しました。
  • 全車両へのブランドマークの搭載を行います。
  • 新型車両3000形電車が運用を開始致しました。

目次 Edit


動画 Edit

part1 https://youtu.be/pDm5Aw_iEm0

会社情報 Edit

基本情報 Edit

社名
 鶴浜急行電鉄株式会社

社長
 秋豆

本社所在地
 三輪県鶴浜市縁恩ヶ園区大浜1-10-6548

概要 Edit

戦前から長らく閑散地方であった三輪県であったが、首都への人口一極集中対策として近年、港町としての可能性を見込まれ、鶴浜市を中心とした都市圏の形成がなされてきた。これを受けて現地のローカル線「鶴浜電気鉄道」は融資を受け事業拡大を決定。現在延伸や直通による利便性向上が期待されている。
鶴浜市近郊の宅地開発に遅れが出ており、赤字転落が懸念されている。

路線概要 Edit

路線数
 3(計画含む)

駅数
 21(計画含む)

起点
 鶴浜駅(本線)椿和新町駅(栗前線)栗前市駅(清岩線)

終点
 襟が谷駅(本線)栗前市駅(栗前線)清岩温泉駅(清岩線)

車両基地
 津奈川検車区など計2

線路数
 複々線(中野上原〜綾和泉公園)単線(栗前市〜清岩温泉)複線(左記以外)

電化方式
 直流1500V 架空電車線方式

閉塞方式
 自動閉塞式

保安装置
 鶴急型ATS-P

最高速度
 110km/h(清岩線のみ60km/h)

事業計画 Edit

  • 本線延伸計画(大遅延)
  • アクセスをよくする
  • 4000形の新造

路線図 Edit

路線図21.png

開発記裏話 Edit

...

使用車両 Edit

  • 1000形
    2019-03-21_22.00.40a.png
    鶴急の主力形式で高速運転に長け、優等運用を中心に幅広く活躍する。瀬田車両製規格型車両「TZ2700」の改造車。延伸に伴う増備が見込まれる。
  • 2000形
    2018-03-21_17.29.15.png
    高速運用が可能な地下鉄直通対応車で、直通運用に幅広く運用される。瀬田車両製規格型車両「ST2500」の改造車。直通事業拡大に伴う増備が見込まれる。
  • 3000形
    2018-12-21_13.42.02.png
    【動画未登場】
    秋豆車輌製作所製の通勤車両。混雑対策のため、定員増加を見込める拡幅車体となっている。
  • 6000形
    2019-01-27_10_0.24.4z8.png
    言わずと知れた水音車両製「水音標準A型」とそのバリエーションの宝条工廠製「甲式」を採用した規格形電車。鶴急線唯一の3ドア車であったが、鶴浜駅ホームドア設置に伴い4ドアに改造されることになる。
  • 6500形
    2019-01-27_10_0.24.48.png
    東清車両A型を採用したステンレス電車。初代地下鉄直通車であり、現在は地上運用に充当される。併結運用が可能。
  • 8000形
    2018-03-23_20.24.19.png
    2018-08-12_11.14.19.png
    宝条工廠製高頻発運転用軽装車「HT1500」の改造車両。高い加速力と登坂能力を備えており、その能力からラッシュ時間帯に直通を含む多くの運用に充当される。直通事業拡大に伴う増備が見込まれる。三次車【動画未登場】以降は大きく仕様が変わり、前面デザインも赤ベースとなった。併結運用が可能。

域外接続 Edit

鶴浜港(鶴浜駅からモノレールで20分)

運航会社就航先
なんたらフェリー根本港(みらい鉄道)
咲潟港(露原鉄道)

鶴急へのご質問などはこちらに Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White