マシーナリーとも子

Last-modified: 2021-09-03 (金) 21:07:20

両腕のマニ車を回して徳を得る、本徳タイプのサイボーグ。
アイアンネイルはゲッターロボの装甲を引き裂く。


登場エピソード

実質主人公のため、ほぼ全ての動画、およびchatstoryに登場。

概要

ハンバーガー氏作の最新版設定画

とも子氏作の初期設定画

「みんなはシンギュラリティって知ってるかな?」

バーチャルユーチューバー『マシーナリーとも子』その人であり、物語における主人公。
池袋晶葉ちゃんガチ恋勢であり、もっぱら彼女の話題が動画の軸となる。
とも子達サイボーグの目的は人類の殲滅による支配なのだが、とも子にとってはそれよりも晶葉ちゃんが総選挙で上位入賞してCDデビューすることの方がはるかに大事なので、同じく晶葉ちゃんを応援したいという志を共にする人類を『票田』と呼び、彼ら(ないし、その可能性がある人類)はこっそりと保護対象にしている。
なお、晶葉ちゃんとクラスメートになりたいという願望から女子中学生を名乗ってはいるが、実際の製造からの年数は2010年代への時間遡行決行前の時点で24サイクル目を迎えている。
その人柄は誰もが知るところだが、サイボーグとしての出自については謎が多い。

人柄

飄々とした性格で、人間味のある行動が多い。劇中では他の登場人物から、なんだかんだで頼りになる立ち位置でキン肉マンばりのカリスマを発揮する。そして何といっても池袋晶葉ちゃんが大好き。

武装

  • アイアンネイル
    とも子の両手の、非常に鋭利な爪。音もなく瞬時に致命傷を与えられるため、背後からの不意打ちにも向いている。
  • グレネードランチャー
    腰から伸びる武器ハンガーの右側につけられた、大型のランチャー。カートリッジは交換式なので弾の交換が可能。カートリッジは、2045年の池袋支部から、現代仕様にデチューンされたものを送ってもらって補充している。初期設定画では、普段は硫酸弾が込められている(1ゲージ消費技)とあるが、作中では専ら大爆発を起こす強力な弾が使われる事が多い。
  • 6連装多弾頭ミサイルポッド
    腰から伸びる武器ハンガーの左側につけられた、多弾頭ミサイルを搭載したミサイルポッド。攻撃範囲に非常に優れており、全弾発射された場合は優れた連射力で迎撃でもしない限り回避は困難。発射の際はフタ部分の板が吹き飛ばされるが、そこも体の一部らしく一晩寝たら治る。

【60話ネタバレ注意】いざとなったらアレを使いなさいな。いいわね。

  • ツーバイフォー形態
    第60話/徳2×4にて初登場した、とも子の強化形態。武器が大型化し、両足にもマニ車が付いている。マニ車を高速回転させ、徳を急激に高める事でこの姿に変身する。豚の力を使った田辺の突進を受け止めるほどの耐久性を誇り、彼女に一矢報いた。田辺の反応を見るに、この姿の存在は、おそらくたか子以外には伏せていたようだ。
  • 大口径グレネードランチャー
    右側のランチャーが更に大型化したもの。大砲のような口径になっている。
  • 20連装多弾頭ミサイルポッド
    左側のミサイルポッドが大型化したもの。

強力なパワーを秘めている反面、反動も大きく、普段の体を維持できなくなるほど大量の徳を消費してしまうため、発動後(62話冒頭)では武装を持たない、ボクセル調のちっちゃいサイズになってしまった(具体的にはネギトロ1巻分)。なお、ちっちゃくなる以外の反動は特にないらしい。

特徴

  • 晶葉ちゃんガチ恋勢
    晶葉ちゃんにかける情熱は他のサイボーグの追随を許さない。彼女を布教する際のフットワークは非常に軽く、動画内やtwitterはもちろん、果ては自著やイベントの自己紹介動画にさえも晶葉ちゃんの宣伝を上手くねじ込んでいく。
  • 多趣味
    トランスフォーマーといったおもちゃの収集や、ゲーム、同人誌を描いたりガレキを作ったり、果ては工作したり自炊したりと、ユーチューバーらしく趣味は多岐にわたる。でも隙あらばそれらを晶葉ちゃんの妄想に結び付けようとするあたり、流石はプロデューサーの鑑である。
  • プリン
    顔の両側面についている突起の中にはプリンが詰められている。とも子はこれが取れると死ぬらしいが、本人が致命傷を負うレベルのダメージを負っても、果ては惑星規模の爆発に巻き込まれても取れる様子が無いほど頑強である。
  • 衣装について
    とも子に限らずシンギュラリティのサイボーグ全員の共通点だが、排熱をよくするために下着を纏っていない
    そのため裸エプロンと思われがちだが、とも子が着ているのはジャンパースカートである。
  • アーリータイプ
    2045年時点*1でのとも子の姿。晶葉ちゃんの影響を受ける前なので、ストレートのロングヘアーだったり、現代の姿とは衣装が異なっている。
  • 腕のマニ車
    サイボーグたちの回転体は、本徳であってもほぼ例外なく『マニ車を模したもの』である。そのため、とも子のようにマニ車そのものが腕に付いているのは異例。
    ちなみに最初期は『マントラっぽい何か』が刻まれていたが、38話以降はとあるリアル住職Pの協力を経て、ちゃんとしたマントラとなった。この時に加わった新たなマントラと、『マシーナリーとも子の徳あつめ』で集まった徳が、とも子復活の鍵を握ることになる。

交友関係

サイボーグ

ジャストディフェンス澤村同担のモバマス仲間。高火力同士の非常に付き合いが長いコンビでもあり、まだまだ未熟な澤村を保護者のように見守る立場でもある。
ネットリテラシーたか子実力を認め合う本徳サイボーグ同士。上司と部下という立場ではあるものの、一緒に食事したり、秘密を共有してたりするなど親密な仲。
アークドライブ田辺元リーダー。現お隣さん対抗組織のライバル。険悪というわけではなく、晶葉ちゃんの話題となると今も変わらず盛り上がる。
エアバースト吉村実は案外絡みが無い。ただ、とも子'の件の時は唯一構ってくれた。

人類

トルーさんお隣さん対抗組織のボス。ちょいちょい音を消してくるのでめんどくさい奴と感じている。
ハンバーガー一緒に同人誌を出す仲。彼は作画担当で、とも子はストーリー担当である。
ロマンキャンセル柿本OPテーマの制作を依頼。とも子のふんわりしたオーダーに見事に応えた。
鎖鎌ちゃんなんかママとか言ってきて怖い。池袋晶葉ちゃん助けて……

その他

ネギトロスレーブユニット。とも子の動画をやたら仕切りたがる。

*1 動画の前日譚に当たるマシともZERO、およびEXの一部エピソードが該当。