揺らぐトンカツ篇

Last-modified: 2020-07-19 (日) 15:13:25

本編リンク

登場人物

アークドライブ田辺
トルーさん

あらすじ

以前、トンカツ屋として働いていた経験を活かし、池袋西口に自分の店を構える事になった田辺。その名も『とんかつ処田なべ』。絶品のとんかつを求めて、お店は早速大賑わい。とんかつ処田なべは人々のお腹と心を満たす憩いの場となっていたのだが……

「このトンカツは出来損ないだよ」

クレーマーか?はたまた口うるさい美食家か?田辺のとんかつにケチをつける男が現れた!しかしその言葉は本心からのもののようで、どうやら本当に田辺のトンカツには、まだ「欠けているもの」があるらしい。
その正体とは、なんなのだろうか…?

解説

「人類のために」という名目でN.A.I.L.に出資してもらい、田辺が再び自分の店を構えることになるエピソード。トルーさんは、ここをN.A.I.L.の池袋支部にするつもりでもいるようだ。また、構成員が出てきたことから、N.A.I.L.にいるのは、どうぶつの力を持つ幹部クラスだけではないことも分かる。
ピラニアやイルカが実際のところどうなっているのかは、立ち向かう牙篇を参照のこと。



……私のコメントに、問題が?