仲間モンスター/アンテロ種

Last-modified: 2010-07-08 (木) 20:11:32

アンテロ種 / コルヌー種 / キキモ種 / ピクシー種 / モッチー種 / ライガー種 / シグエ種 / マムー種 / シグニール種 / パンチョ種 / ハム種 / アニャムー種
スエゾー種 / プラント種 / ゴーレム種 / ヘンガー種 / デュラハン種/サラマンダー種 / ワーム種 / ペンタ種 / グロブスト種 / ウンディーネ種 / ゼッカ種 / ザイン種/ ドラゴン種


アンテロ種 Edit

種族特性 Edit

ゲーム開始時に選択できる御三家の一体。餌によって色が替わるのは体の色。角は変化しないが大きくする事はできる。
バランスよく成長するため力、かしこさどちらの型にもできるが、技の性能的にはかしこさ型のほうが向いている。
火力を強化する効果のある装備品が無いため、慢性的な火力不足に悩まされる。
また頭と背中の両方に装備箇所があるためステータスの無駄が大きい。
黒玉鋼系の装備や大会で作れる特殊装備を上手く使って少しでも火力を上げよう。

中距離技の出が早く硬直も小さい。反面近距離や遠距離の大技は発生が遅く後隙も大きい。
他の種族との大きな違いは全ての距離帯にマヒか命中ダウン技がある事。特に遠距離で追加効果を持つ種族は少ない。
眩暈(命中ダウン)は効果を体感しにくいが、倒し損ねた敵の反撃から逃れやすく全体的に見れば生存率が上がるのでオススメ。
大妨害によって習得できるダウナー系は準備時間、モーション共に長いので小技と同じ感覚では使えない。
全体的にクイックブーストによる準備時間短縮を使用すると戦い易くなる。無い場合は中距離小技を主軸にすると良い。
また、習得は難しいがディフェンスブースターさえ覚えれば非常に優秀な後衛となる。
固有属性はアンテロ、モモテロが雷、アルネロが氷である。

アンテロ Edit

アンテロ_0.png
成長適正(%)
ライフちからかしこさ器用集中耐久力精神力サポート
10099999999999999
固有身体特徴
穴あきA穴あきBねじれ鹿型ヤギ型長老アンテロ型短角型(極稀)
アンテロ3.pngうちのあんてろさん2.pngアンテロ2.pngアンテロ4.jpgアンテロ.pngアンテロなんか.JPG[添付]
体色
標準色
アンテロ.png2008_0609_195344-P1000015.JPG黄アンテロ.pngblue_1.JPGアンテロ_白.png
体型
激やせ普通激太り
身長121.0cm/体重72.8kg身長121.0cm/体重91.5kg身長121.0cm/体重110.9kg
激痩アンテロ.PNG普通アンテロ.PNG激太アンテロ.PNG
 
Lv1の能力値幅
再生プラスの有無ライフちからかしこさ器用集中耐久力精神力サポート身長体重
見習いブリーダー
ディスク再生プラス
ディスク再生プラス×2~110~33~30~33~33~33~33~42~110.0~68.8
トレジャーハンター
ディスク再生プラス×3

アルネロ Edit

アルネロCD.png
成長適正(%)
ライフちからかしこさ器用集中耐久力精神力サポート
100991049999999999
固有身体特徴
棒角ヘラ鹿角ねじれ角一丸角二丸角青一本角(極稀)
アルネロ3.pngアルネロ.JPGアルネロ4.pngアルネロ5.pngアルネロ2.png角一本2.png
体色
標準色水色
アルネロ.pngアルネロ-青_0.JPG赤.jpg2009y12m22d_215401578.pngwikiアルネロ緑.JPG20091224-034939.JPG20100103-144848.jpgnew.png
体型
痩せ普通デブ
[添付][添付][添付]
 
Lv1の能力値幅
再生プラスの有無ライフちからかしこさ器用集中耐久力精神力サポート身長体重
見習いブリーダー
ディスク再生プラス
ディスク再生プラス×2~110~33~35~23~33~33~33~42~110.0~71.3
トレジャーハンター
ディスク再生プラス×3

レア種 Edit

モモテロ Edit

モモテロDC.png
成長適正(%)
ライフちからかしこさ器用集中耐久力精神力サポート
  • 固有身体特徴による違いは無し。
体色
標準色
[添付]
体型
痩せ普通デブ
[添付][添付][添付]
 
Lv1の能力値幅
再生プラスの有無ライフちからかしこさ器用集中耐久力精神力サポート身長体重
-10030303030323030110.169.0

お勧め育成方法 Edit

賢さ型 Edit

賢さを伸ばしてやり、使いやすい中距離技メインで戦うスタイル。
発生の早いブラインドサンダーやパラライズサンダーを主力にすると火力を維持したまま状態異常を狙える。
ただしこれらの奥義系妨害技は通常の妨害技に比べて状態異常発生率が低いので、発生を狙うのなら常駐のトリックスターをセットしておくと良い。
ちなみに使用条件にサポートが要求されるが、通常の妨害技と違ってサポート自体は威力に影響しない。
その他奥義系の技は状態変化、威力の面から見れば特別弱いという訳ではないが、中遠範囲技だけは専用モーションが入るため発生が他種族に比べて非常に遅い。

近接でのダメージは期待できないため敵に距離を詰められたら下がって距離を開ける必要がある。
その際近距離にショックホーンをセットしておくとカルカ対策も兼ねた保険になる。