Top > 弓術士

弓術士

Last-modified: 2018-07-06 (金) 22:43:44
 
 

概要 Edit

  • 弓術士は支援職。バフ(味方強化)デバフ(敵弱体化)を活かして味方を支援しよう。
  • 主な仕事は各種バフ・デバフでパーティ全体の火力を大きく引き上げること。
    弓術士自体の攻撃力は火力職に遠く及ばないので注意。
    • 火力アップに貢献しない弓術士は求められていないので、支援を疎かにしてまで攻撃しないこと。
      そもそもバフをしっかり行わないと自身の火力も出ないためお荷物以外の何物でもない。
    • 例えばバフ60%、デバフ60%を入れた場合、1.6×1.6=2.56となりPTの火力は2倍以上に跳ね上がる。
      (実際には火力職の自前のバフデバフがあるため少し倍率は下がり魔なら2倍強、剣なら1.8倍程度となる)
  • 弓術士に求められる行動には詠唱を伴う場合が多い為、それを考慮しつつ被弾を減らす立ち回りも必要。
 

物魔融合ダメージとは Edit

  • 弓のみ特殊な攻撃種類、物魔融合ダメージの武器が存在する。
  • 物魔融合ダメージは、物理系のパラメータと魔法系のパラメータの両方にダメージの値が影響を受ける。
    またバフは物理系・魔法系を合計した75%の影響を受けるため、物理系と魔法系の一時効果が同時にかかった場合の恩恵が大きい
    • 逆に自身にデバフがかかっている場合、他職に比べてより大きく影響してしまう点に注意しておきたい
詳細

ダメージ計算式 Edit

  • ミトラスフィアのダメージ計算式を理解することで、より効果的な支援ができるようになる。
詳細

有用な装備 Edit

武器 Edit

バフ用
武具名主な効果説明

ローグアルク?・全体に与ダメ(物魔)10%↑×2
・自身に魔与+30% 物与ー30%
ミトラ系列バフとストーン系列バフを1本で延長できる
・ミトラストーン延長をそれぞれ持つよりも動きを1手短縮でき、非常に強力
・7.9秒の魔与バフつき。物与デバフがついてしまうため、直後に使う物魔融合弓のダメージは下がってしまう




ミトラアルク・全体に与ダメ(物魔)30(40)%↑・一本で維持するにはSLv8↑が必要(SLv8の場合要予約)
・ミトラ系列で唯一の30%バフ。龍人化でさらに効果が向上する
アビスアロー・全体に与ダメ(物魔)20(30)%↑・ミトラを延長可能
・CTが短く、単体での延長が容易なため、単体使用も選択肢のひとつ
ドラークアロー・全体に与ダメ(物魔)20(30)%↑
・地ダメージ耐性5%↑
クリマアロー・全体に与ダメ(物魔)20(30)%↑
・HP回復【小】


l


ストーンスナイパー・全体に与ダメ(物魔)20(30)%↑ミトラアルクと別グループのバフのため、効果が重複する
グランツアロー・全体に与ダメ(物魔)30(40)%↑
・自身に命中10%↓
ストーンスナイパーよりも一回り高い効果を持つ
・デメリットはあるがそこまで気になるレベルではない。デメリットを避けるのであればローグアルク?フロールツヴァイクでバフのみを延長しよう
マーレアーク・前列に物理与ダメ30(40)%↑
・後列に魔法与ダメ30(40)%↑
・自分に回避10%↓
・味方全員が後列にいれば物魔両方のバフがかかるが、打ち合わせなしでは困難
・グランツアローと異なり詠唱が無いため、スコアアタックでは有用な武器
フロールツヴァイク・全体に与ダメ(物魔)10%↑
・クリティカル率20%↑
・自分にHP回復【小】
・一本で維持するにはSLv8↑が必要(SLv8の場合要予約)
・クリティカル率UPがつく分バフは控えめ。効果の高いグランツ等と併用したい
・一本でミトラ系列とストーン系列を延長できてしまうローグアルクとは相性が悪い。どちらかを選んで使用しよう
デバフ用
武具名主な効果説明

カースバレット・敵単体に物魔融合【小】
・被ダメ(物魔)10%↑×3
・一本で維持するにはSLv6↑が必要(SLv6の場合要予約)
無詠唱後退3種類のデバフグループ(フィアンマ系列、アンヘル系列、混沌を纏いし棘)の延長と優秀な武器
・非常に強力な武器だが、唯一の欠点として単体攻撃である点に注意






フィアンマペルト・敵全体に物魔融合【大】
・被ダメ(物魔)20%↑
・敵全体に物魔20%のデバフ。倍率も高いため単体相手にも有効
・詠唱が2sもあるので被弾に注意
スチールアロー・敵全体に物理【中】
・被ダメ(物魔)10%↑
・詠唱とCTが短いためフィアンマの延長用に向く
ジェダイトアロー・敵全体に物魔融合【特大】
・被ダメ(物魔)10%↑
・風ダメージ耐性10%↓
・フィアンマと同じく2s詠唱だが、CTが短く延長が容易
・風属性耐性デバフの効果つき
ヴェルメサクス・敵単体に物理依存魔法【中】×4【大】×1
・被ダメ(魔)20%↑
・火の双魔剣。火力にもガッツ削りにも有効
・魔法デバフのみ。物理デバフはかからない上にこちらは対象が単体



アンヘルスパロウ・敵単体に物魔融合【極大】
・被ダメ(物魔)20%↑
・フィアンマとは別グループのデバフ
・デバフ効果が高く、CTも短く、火力も非常に高い。弓の主力武器
混沌を纏いし棘・敵単体に被ダメ(物魔)20(30)%↑・龍人化で効果が上がるデバフ。他職でも闇棘を持つことはあるが、龍人化を使用する余裕があるのは弓だけ
・詠唱なしで下がれるため回避にも役立つ

輝鉱石・敵単体に物理【特大】
・被ダメ(物魔)10%↑
・自分に回避率5%↓
・独自のデバフグループが魅力だが倍率は控えめ
属性耐性デバフ
アルデアウィング・敵単体に物魔融合【極大】
・被ダメ(物魔)10%↑
・闇ダメージ耐性10%↓
・自分に特殊ダメージ【小】
・闇耐性デバフの単体火力。光属性相手に
・10%の物魔デバフもついているが、カースバレットと同グループ。棘やカースを使用しているならこちらのデバフは実質無いものと考えていい
・アルデアとベリアルの闇耐性デバフは別グループのため重複可能
ベリアルルーク・敵全体に物魔【特大】
・闇ダメージ耐性10%↓
・自分に特殊ダメージ【小】
・闇耐性デバフの全体火力。光属性相手に
・52秒と効果が長いため、2巡に1度使用するだけでも継続可能
ジェダイトアロー・敵全体に物魔融合【特大】
・被ダメ(物魔)10%↑
・風ダメージ耐性10%↓
・風耐性デバフの全体火力。地属性相手に
・フィアンマ系列デバフの効果つき
海洞の秘石・敵単体に物理【特大】
・地ダメージ耐性10%↓
・地耐性デバフの単体火力。水属性相手に
ビルカククリ・敵単体に物理依存魔法【中】×4【大】×1
・火水ダメージ耐性10%↓
・火水耐性デバフの単体火力。風や火属性相手に
ビルカアロー・敵全体に物魔融合【特大】
・火水ダメージ耐性5%↓
・火水耐性デバフの全体火力。風や火属性相手に
ビルカククリと同グループ。全体である点で勝り、倍率とダメージで劣る
封魔の指環・敵単体に火水ダメージ耐性10%↓
・自分に火水ダメージ耐性10%↑
・単体に火水耐性デバフ。風や火属性相手に
・ビルカククリ/ビルカアローとは別グループのため重複可能
その他バフデバフ用
武具名主な効果説明






フォーリアアロー・敵単体に物魔融合【極大】
・命中率50%↓7.9秒【低確率】
・龍人化でデバフ(命中率50%↓)が確定付与になるがCTが3倍になる
・一撃のダメージが高い敵で有効だが、盾に任せた方が安定することが多い
トレーネアロー・敵単体に物魔融合【極大】
・回避率40%↓7.9秒
ハイヴィーヴルで有効
憂いの雫で効果を延長できる
エンバーアーク・敵全体に物魔融合【特大】
・使用者のHPが80%以上なら被回復量60%↓
マーザンダルで有効
ダークウェアー・敵単体に物理【大】
・猛毒付与【低確率】
・龍人化で猛毒が確定。現状ゼノンザリチュ以外のボスには効かない
・大鎌や双魔剣の登場などでゲームスピードが高速化しているため、バフデバフよりも優先するべきかは微妙




アーススナイパー・敵単体に物理与ダメージ50%↓
・魔法与ダメージ50%↓
・後列から7.9秒低確率で攻撃力を50%低下させる
・デバフは一定確率。物理魔法でそれぞれ効果が独立しており狙ったデバフがかからない場合もある。龍人化で確定
・攻撃バフがついているボスには効果が薄い
ファントムスカル・敵単体に与ダメ(物理)20%↓・盾が持つことの多い武器
・弓なら命中率100%を活かして確実に効果をかけられる
・攻撃バフがついているボスには効果が薄い
クリスタルスフェール・敵単体に与ダメ(魔法)20%↓
アダマンテシミター・敵単体に物理依存魔法【中】×4【大】×1
・与ダメ(物魔)15%↓
・スカル、スフェールと同グループのデバフ
・盾のアンヘルと同じグループなので役割が被ることも



ヘブンローゼス・自分にクリティカル率80%↑
・与ダメ(物魔)20%↑
・物魔融合ダメージの攻撃直前に使用することで火力アップ
死線の邪眼・自分に与ダメ(物魔)50%↑


キューブキュービー・敵単体に回避力10%↓・CTが短いので1人で維持が可能
憂いの雫
ルインズコイン・敵単体に命中力10%↓
使えない弓について

その他火力用

各属性の【極大】ダメージ全体魔導具

  • 威力は高いがクールタイムが長い。詠唱がないためスコアアタックなどで有効。


各属性の双魔剣

  • 龍人化でダメージが上がらないが、龍人化をバフに打ちたい弓とは好相性。元々火力が高いのでダメージも出しやすい。
  • ガッツ削りに有効。
  • いくら火力が出せるとはいえ剣術士には遠く及ばないため、支援を疎かにはしないこと。


防具・装飾 Edit

  • 現在は防具スキルの関係上、物理攻撃か魔法攻撃のどちらかを偏らせて使用した方が物魔融合ダメージも高い
    • 物理攻撃双魔剣のダメージを上げることができる。
    • 魔法攻撃は各種極大魔導具のダメージ・クリマアローの回復量を上げることができる。
  • 弓がボスの単体攻撃を食らうことはPTが半壊しない限りはほぼない。
    大抵の場合は立ち回り次第で生存できるため、よほどの高難易度でなければ耐久力が必要になる場面は少ない。
    全体攻撃、列攻撃が強力な敵にはHPや回避の高い装備を使用するのも手。
    • HPは高ければ高いほど有効で、敵の攻撃の種類を問わず使えるのが強み。
    • 回避は確率でダメージが0になる上に一部デバフも無視できる分強力だが、発動しなければ意味がないのが難点。
  • 補助装飾についてはステータス別防具・装飾一覧ページを参照。

主に有用な防具・装飾 Edit

物理攻撃
魔法攻撃
回避

基本的な戦い方 Edit

  • パーティの火力が上がるよう支援していこう。
    弓術士自ら火力を出したい場合でも、支援を疎かにしてはダメージが出せない。攻撃に執着しすぎないこと。
    • 効果の高い支援を先に使用しておき、支援が切れる前に継続しよう。
      バフ・デバフの効果時間は加算ではなく、より高い効果とより先まで持続する時間のもので上書きされる。
      そのためミトラ→アビスのように連続して使用しても意味がないので注意。
  • ミトラアルク系列、ストーンスナイパー系列のバフを維持しよう。
    • 龍人化することでミトラグランツ/マーレのバフ効果が上昇する。
      これらの効果を延長し続けることでパーティ全体の火力を上げよう。
    • バフは一度味方にかければ単体攻撃にも全体攻撃にも効果が乗る点で優秀。
    • ただし味方が死亡した場合は切れてしまうことがある。
      また、バフは火力職なら自前である程度持っていることも多く、デバフよりも効果が低い場合が多い。
  • 可能な限りデバフを入れ、与えられるダメージを底上げしよう。
    • 龍人化することで混沌を纏いし棘のデバフ効果が上昇する。
      この効果を延長し続けることでパーティ全体の火力を上げたい。
    • デバフは味方が死亡しても、敵にさえかかっていれば効果が継続する点で優秀。
    • ただし敵全体に対するデバフは種類が少なく、バフに頼らざるを得ないケースもある。
      また、デバフがつく武器は強力な分、前列に出るものが多い。被弾には注意しよう。
  • バフ・デバフ・属性耐性デバフは、合計%が低いものを乗せた方が効果的
    • 味方への「与ダメージUP」、敵への「被ダメージUP」「属性ダメージ耐性DOWN」はそれぞれ別計算。
      たとえば剣術士の自前の支援と弓の支援を含めて300%のバフと100%のデバフがかかっている場合、デバフ+10%だけでバフ30%分の効果がある。
    • 「属性ダメージ耐性DOWN」の倍率は弱点倍率(通常1倍、弱点属性1.3倍、得意属性0.7倍)に加算される。
      これもまた%の低いものを乗せた方が効果的の法則に当てはまるため、属性耐性デバフは非常に効果が高い
      ただし味方の攻撃が対応した属性でなければ効果を発揮しない点に注意
バフデバフの維持について

装備例 Edit

装備構成:フロール採用型
バフ(C)バフ(A・B)デバフ・火力枠
ミトラグランツ
代用:ストーン
アンヘル
ミトラ維持フロール
代用:ストーン
フィアンマカース
(Slv6以上)

動き方

  • 主なバフデバフ全てを維持できる構成。
    アンヘル自体の火力が高く、それなりのダメージを出すこともできる。
    • 補助武器などはメイン火力になるアンヘルの属性に合わせたい。
  • ミトラを入れずにクリマ/ドラーク/アビス単体で維持させたり、
    アンヘルフィアンマを採用しないことによって、武器の枠を1枠開けることができる。
    • ガッツ持ちのボスと戦う場合は、双魔剣を1本は持ち込もう。
    • 敵全体にデバフをかけたい場合はスチールジェダイト(弓)を採用しよう。
    • 属性耐性デバフがついた武器や、ヘブンローゼスなどの自己バフ武器を使用するのも手。
  • 龍人化ミトラグランツに使用したい。
    一度龍人化を使用すれば、延長し続けることで高い効果を継続できる。
    味方の火力が低い場合や、敵のHPが残り少ない場合などにはアンヘルなど火力に使用するのも手。
ローグアルクを使用する場合について

属性ごとの構成例 Edit

装備構成例(闇)
装備構成例(風)
装備構成例(地)
装備構成例(火・水)

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 「全てのバフを維持するには」その順番だと闇棘のデバフが切れるようです -- 2017-12-09 (土) 11:39:37
  • ここで構わないから情報載せておいてくれたら更新するよ -- 2017-12-11 (月) 19:54:49
    • カースSLV6なら -- 2017-12-30 (土) 22:34:37
      • マーレ(4)→カース(4)→ミトラ(6)→フィアンマ(6)→フロール(5)orストーン(5)→アンヘル(5)→アビス(5)→棘(4) -- 2017-12-30 (土) 22:35:56
      • なんか途中送信ごめんなさい。維持はカース切れない様にマーレ、カース、ミトラ、フロールorストーン、アビスで前列移動なしで維持可能になる -- 2017-12-30 (土) 22:38:15
    • この内容で更新しました -- 2018-01-06 (土) 00:33:03
      • 発動と維持を単独で見ると大丈夫だけど、発動→維持を繋げて見るとフィアンマ→カースの間隔が27秒なので維持できていない気がする。あと、フィアンマが1回しか出てきていないのでレベルは1でも大丈夫なような。勘違いかな? -- 2018-02-01 (木) 08:13:42
      • ↑括弧は発動時間みたいなのでフィアンマのレベルは無視してください。 -- 2018-02-01 (木) 08:15:36
  • 野良メインの魔職ですが一言。
    オートでもいいから後ろでバフデバフを適当に打ってるだけでもありがたい。(下手に前に出て死なれるよりマシ)
    こう言う意見もありますよと、参考までに -- 2018-01-24 (水) 09:43:30
  • サブ弓だけど後列でミトラストーン系列だけ維持してカースは4秒くらい切れてもいいやくらいの気持ちでやってる(SA固定は無理だけどw) -- 2018-02-01 (木) 22:50:06
  • 何回も編集をかけてしまってすみません。データが古いと思ったので武器「火力用」欄と装備例を更新しました。
    独断と偏見で書いたので「こうした方が良い」という点があれば教えてください。 -- 2018-02-19 (月) 17:28:32
    • 装備例の「火力」について、スチールを採用して無理に属性を染めるよりも%の高いデバフを優先しています。あと水と地は実用レベルではないと判断しました。 -- 2018-02-19 (月) 17:37:03
    • エトワール追加しました。 -- 2018-02-20 (火) 15:36:21
    • ドラーク追加しました。 -- 2018-03-05 (月) 15:46:38
    • アルデア追加しました。 -- 2018-04-03 (火) 17:05:33
    • グランツ追加しました。 -- 2018-05-04 (金) 17:36:21
    • クリマ追加しました。 -- 2018-06-05 (火) 18:30:35
    • ローグ追加しましたが、ウルス装備、武器構成、立ち回りなどの編集はまだです。時間ある時に更新します。 -- 2018-06-19 (火) 20:24:15
  • 装備例をスマホからでも見やすい形にしました。
    基本的な戦い方を更新しました。以前のバフデバフ全掛け手順はCOで残してあります。 -- 2018-04-11 (水) 04:48:17
  • 装備構成例(双剣)のエトワールテレクに、「自身に防御バフおよび回復」ってあるけど、防御バフ無いですよね。修正してしまっても良いのかな? -- 2018-04-11 (水) 10:14:28
    • ああー、ホーリーとエトワール両方の項目のつもりでしたが、分かり難かったですね……修正しておきますね。 -- 2018-04-11 (水) 16:13:48
  • 今回のキャンペーンガチャ、80連したけどPUがフォーリア弓だけとか悲しい…アンヘルぷりーず -- 2018-05-01 (火) 14:42:20
  • ローグ追加による変更の適用および、武器周りのレイアウトを大きく更新しました。 -- 2018-06-20 (水) 11:26:11
    • 「・敵全体に○○ ・敵全体に△△」といった形の重複していた表現を、見やすくするため、下に同対象への効果が続く場合は対象先を省略する形にしました。 -- 2018-06-20 (水) 11:28:42
    • バフ(ミトラ・ストーン)+デバフ(全体+単体)ではなく、バフとデバフで分ける形にしました(ローグアルクをミトラ系列・ストーン系列両方に記述するには助長と感じたため)。
      また、それに伴い武器名左側にグループを併記しました。 -- 2018-06-20 (水) 11:31:43
    • 属性耐性デバフが多く登場するようになり、その性質から今後も価値が上がっていくであろうと予測できるため、「火力弓」表記を取りやめ、バフ・デバフ同様に独立した表を作成しました。
      それに伴いフォーリア・トレーネ・エンバーは「特定のボス対策」としてひと纏めにしました。 -- 2018-06-20 (水) 11:34:39
    • ローグ追加による編集の方針についてメモ。 -- 2018-06-24 (日) 08:46:52
      • 各職への影響なども加味して再計算を行ったところ、属性デバフを入れる・入れないに関わらず、他職のダメージ期待値はフロール入り構成の方が上、最大ダメージはローグの方が上、という計算結果となりました。 -- 2018-06-24 (日) 08:49:02
      • Wiki上ではどちらかを明確に推すべきではないと思っているため、主に大きな影響を受ける構成例について、フロール採用の場合とローグ採用の場合の2パターンを併記したいと考えています。 -- 2018-06-24 (日) 08:51:58
  • 何度も編集をかけてしまいすみません。装備構成例更新しました。 -- 2018-06-20 (水) 11:57:59
    • 防具更新しました。ウルス装備を追加。部位ごとではなく種類ごとに纏めました。 -- 2018-06-20 (水) 20:10:04
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White