武器種一覧

Last-modified: 2022-01-11 (火) 17:54:12

概要

※アプリ内より

  • 武器の種類により、装備できる職業が異なります。
    また、バトル中に使用した際の性能にそれぞれ違いがあります。
  • ※以下は各武器の大まかな傾向となるため、使用武器によっては以下内容と異なるスキル効果を発揮する場合があります。
  • 武器によっては特定の職業がバトル中に使用したとき、バトルに有利な効果を発揮する「武器タイプボーナス」が存在します。
     

先発武器種

大剣

  • 装備可能職業:剣術士
  • 物理攻撃で大ダメージを与えるのが得意な武器。
    ターゲットは比較的単体が多く、ダメージの威力が高いスキルが多い。
    • 前列の敵に対してダメージが上昇するFA(Front Attack)というスキルが多い。
      【例】
      「FA特大」と表記されている場合、特大威力のダメージが前列の敵に対して1.5倍となる。
  • 被ダメージが増える代わりに一撃の威力を大きく高めることができるものもあり、「背水バフ」や「背水剣」などと呼ばれることもある。
    クリスタルイーターのスキル名に由来)
     

盾剣

  • 装備可能職業:護術士
  • 自らの耐久力を高め、敵のターゲットを集めるのが得意な武器。
  • 自分と味方を守る武器や、自分へのヘイトを上げるスキルが多い。
  • 物理防御力を参照する特殊な物理攻撃、「守護型物理ダメージ」を敵に与えるスキルが存在する。
    • 自身に付与された物理被ダメージDOWNの値の半分が物理与ダメージUPとして計算され、物理被ダメージUPの値の半分は物理与ダメージDOWNとして計算される。
    • 単純な「物理ダメージ」と同じように物理与ダメージUP/DOWNの影響も受ける。
      【例】
      スチールファルスの効果中に敵から物理被ダメージUP 10%を付与された場合、差し引きで物理被ダメージDOWN 40%となり、半分の20%が物理与ダメージUPとして計算される。
       

メイス

  • 装備可能職業:聖導士
  • 自分と味方を癒すのが得意な武器。
  • 自分を含めた味方全体のHPや状態変化(主に毒や猛毒)を回復したり、ダメージバリアを付与できるスキルが多い。
  • 単に「HP回復」とだけ表記されているものは魔法攻撃力依存である。
     

  • 装備可能職業:弓術士
  • さまざまなスキルの一時効果で味方を支援するのが得意な武器。
  • 自分や味方の強化、敵の弱体化など戦術性に富んだスキルが多い。
  • 自身の物理攻撃力と魔法攻撃力の平均値を参照する特殊な攻撃、「物魔融合ダメージ」を敵に与えるスキルが存在する。

物魔融合ダメージの詳細

影響するステータス

  • 使用者の物理攻撃力と魔法攻撃力の平均が高いほど、与えるダメージが増える。
  • 相手の物理防御力と魔法防御力の平均が高いほど、与えるダメージが減る。

影響する一時効果

  • 自分にかかっている物理与ダメージUP/DOWNと魔法与ダメージUP/DOWN合計の75%がダメージに反映される。
  • 相手にかかっている物理被ダメージUP/DOWNと魔法被ダメージUP/DOWN合計の75%がダメージに反映される。
     
    例1:物理与ダメージUP40%と魔法与ダメージUP20%が
       自分にかかっている時に物魔融合武器で攻撃した場合
     (40% + 20%) × 75% + 100%= 145%
     物攻魔攻の平均を用いて、145%の与ダメージで計算される
     
    例2:星屑のダイスによる
       物理与ダメージUP50%と魔法与ダメージDOWN50%が
       自分にかかっている時に物魔融合武器で攻撃した場合
     (50% - 50%) × 75% + 100% = 【  0% 】+ 100% = 100%
     物攻魔攻の平均を用いて、100%の与ダメージで計算される
     
    例3:無月に舞う蒼き影 ぺフンによる
       物理与ダメージDOWN30%と魔法与ダメージDOWN30%が
       自分にかかっている時に物魔融合武器で攻撃した場合
     ( [-30%] + [-30%] ) × 75% + 100% = 【  -45% 】+ 100% = 55%
     物攻魔攻の平均を用いて、55%の与ダメージで計算される    (剣士だと同条件で70%の与ダメージ)
       このように、他職よりもバフ・デバフの恩恵が大きいがデメリットも大きいので要注意
 

魔杖

  • 装備可能職業:魔導士
  • 魔法攻撃で大ダメージを与えるのが得意な武器。
  • ターゲットは全体・単体どちらも使い分けることができ、龍人化ゲージを通常より増加させるスキルも存在する。
  • 後列の敵に対してダメージが上昇するBA(Back Attack)というスキルがいくつか存在する。
    【例】
    「BA特大」と表記されている場合、特大威力のダメージが後列の敵に対して1.5倍となる。
     

魔導具

  • 全ての職業が装備可能な武器。
  • スキルの効果は攻撃・回復・支援などさまざまで、特有のスキルを持つものや、見た目がユニークなものも多い。
  • 2021年2月16日(火)のリョウセイシリーズ以降、通常のシリーズにおいて新しい魔導具を実装しないとの公式発表あり。
    (天海祭限定や六龍祭限定ならば実装されるかも…?)
     

後発武器種

双魔剣

  • 2018年2月5日(月)ver1.7.0
    ヴェルメシリーズより追加。
  • 装備可能職業:剣術士弓術士
  • 1回の攻撃で複数回の「物理攻撃力依存の魔法ダメージ」を敵へ与える武器。
  • クリティカルが発生せず、龍人化時にダメージ量は増えないが、通常時のトータルダメージが大きい。

武器タイプボーナス

【剣術士】

  • 「双魔剣使用時、双魔剣の与ダメージUP 30%」効果が発生。
    (即時効果として、使用した双魔剣自体の与ダメージが増える)

【弓術士】

  • 今のところ無し…。
     

大鎌

  • 2018年5月4日(金)ver1.9.0
    グランツシリーズより追加。
  • 装備可能職業:魔導士聖導士
  • クリティカル威力が増加する一時効果のスキルを保有している武器。
  • 龍人化ゲージを通常より増加させるスキルも多いため、クリティカル威力の増加や龍人時効果の使用により、他武器の効果も高めることができる。

武器タイプボーナス

【魔導士】

  • 「大鎌使用時、龍人化ゲージ増加量3倍」効果が発生。

【聖導士】

  • 今のところ無し…。
     

  • 2018年8月3日(金)ver1.12.0
    エルミラシリーズより追加。
  • 装備可能職業:護術士聖導士
  • 「物理防御力」か「魔法防御力」のどちらか高い方を参照する「特殊守護型魔法ダメージ」を敵に与える武器。
    (物理防御力と魔法防御力が同値の場合は物理防御力を参照して魔法ダメージを与える)
  • 使用者がダメージを受けた時に龍人化ゲージを上昇させる一時効果「逆鱗」を付与する場合がある。
  • 使用時に獲得ヘイトを減少させるスキルが存在する。

特殊守護型魔法ダメージの詳細

  • 物理防御力を参照する場合、使用者にかかっている物理被ダメージUP/DOWNの影響を受ける。
  • 魔法防御力を参照する場合、使用者にかかっている魔法被ダメージUP/DOWNの影響を受ける。
    • 自身に付与された被ダメージDOWNの値の半分が魔法与ダメージUPとして計算され、被ダメージUPの値の半分は魔法与ダメージDOWNとして計算される。
  • 単純な「魔法攻撃」と同じように魔法与ダメージUP/DOWNの影響を受ける。
    • 守護型物理ダメージとは違い、物理与ダメージUP/DOWNの影響は受けない。

【例】
1.魔法防御力の方が高く
2.アエトスガードの効果中に
3.敵から魔法被ダメージUP 10%を付与された場合
差し引きで魔法被ダメージDOWN 15%となり、半分の7.5%が魔法与ダメージUPとして計算される。

武器タイプボーナス

【護術士】

  • 「槍使用時、逆鱗の付与確率が100%」効果が発生。

【聖導士】

  • 今のところ無し…。
     

魔砲

  • 2018年11月5日(月)ver1.15.0
    ジオードシリーズより追加。
  • 装備可能職業:弓術士魔導士
  • 自分に付与された一時効果を削除して追加効果が発生する「一時効果弾」のスキルを保有している武器。
  • 削除する個数に応じて様々な追加効果が発生する場合があり、削除個数が多いほど威力の大きさや追加効果の種類が増加する傾向にある。
  • 物理/魔法ダメージのどちらも存在し、武器によって依存するステータスや、与えるダメージの種類が異なる場合がある。

一時効果弾の詳細

削除数のカウントはバフ効果の値に関係なく自身に付与されているバフグループの数に応じてカウントされる

【物理与ダメージUPを削除の記載がある場合】
①自身に付与されている物理与ダメージUPグループが(A)(C)など2つのみの場合は2個消費した場合の追加効果が発生。
ジオードショットの場合、物理ダメージ【極大】+物理ダメージ【小】×2
②自身に付与されている物理与ダメージUPグループが(A)(C)(N)(O)(P)など5つの場合は5個消費した場合の効果が発生。
ジオードショットの場合、物理ダメージ【極大】+物理ダメージ【小】×4+物魔与ダメージUP(C)
  • 自身に削除の設定数以上のバフが付与されている場合、新しく付与されたバフから削除される。
    *同じグループのバフで効果時間を延長した場合、延長されたバフグループが新しいバフとして扱われ削除される。
    戦闘中のバフ確認ウィンドウの末尾から順に5つ(5つ削除の場合)削除される。
    *複数のバフグループを同時に付与する武器での順序決定法則は効果の表記の逆順である。
    シンエンの弓の場合は物与バフの順番がACBとなるため、順当に表記の下からである。
  • 双魔剣とは違い龍人化で基本効果のダメージがアップする。さらに一時効果弾の後2弾のダメージ倍率が小→中に上昇
    ジオードショットの場合】
    ①一時効果弾でバフを5つ消費した場合【通常時】
    物理ダメージ【極大】+物理ダメージ【小】×4+物魔与ダメージUP(C)
    ②一時効果弾でバフを5つ消費した場合【龍人化時】
    物理ダメージ【極大】+物理ダメージ【小】×2物理ダメージ【中】×2+物魔与ダメージUP(C)
  • バフの消費は攻撃後に行われるため、魔砲自体のダメージにも削除されるバフの効果は適用される。

武器タイプボーナス

【弓術士】

  • 「魔砲使用時、龍人化ゲージ増加量[中]」効果が発生。
  • 「魔砲使用時、一時効果弾与ダメージUP 100%」効果が発生。
    (即時効果として、使用した魔砲自体の与ダメージが増える)
  • 「魔砲使用時、使用した魔砲の属性に応じた一時効果:CS威力UP [5% 40秒]」を味方全体に付与。
    (火C/水C/地A/風C/光A/闇C)
    ※魔砲使用時に上記3つの効果がすべて発揮される。

【魔導士】

  • 「魔砲使用時、龍人化ゲージ増加量[3倍]」効果が発生。
     

戦斧

  • 2019年2月4日(月)ver1.18.4
    レンゴクシリーズより追加。
  • 装備可能職業:剣術士護術士
  • 自身に付与された不利な一時効果を削除して追加効果が発生する「不撓不屈」のスキルを保有している武器。
  • 発動条件となる種類と個数の一時効果が削除されることにより、追加効果が発生する。

不撓不屈の詳細

削除する効果の種類や個数は戦斧の種類ごとに異なる。

  • 武器ごとに記載されている個数は削除される際の最大数のため、一時効果が1つのみの場合でも削除自体はされる。
    (ただし設定されている個数を消費しなければ追加効果は発動しない。
  • 自身で付与した不利な効果でも発動するため、レンゴクの斧などの被ダメージUPを削除の場合、剣術士であればクリスタルイーターにはじまる背水デバフを削除しつつ追加効果を付与する事が可能。
  • 自身に削除の設定数以上のデバフが付与されている場合、効果時間に関わらず新しく付与されたデバフから削除される。
    例)被ダメージ削除2個の場合
    1.クリスタルイーターを使用すると物被デバフB+魔法被デバフAのB→Aの順で付与される2.さらに続けてエキスパートアイネスの「散れ!」(物被デバフZ)を受けるとB→A→Zの順で付与される。
    この状態で被ダメ削除の戦斧を使用すると、AZが削除されて追加効果が発動し、Bが残る。
    1.2の手順が逆の場合、Z→B→Aの順になりBAが削除されZが残る。
    戦闘中のバフ確認ウィンドウの末尾から順に2つ削除という認識でよい。

武器タイプボーナス

【剣術士】

  • 「戦斧使用時、一時効果:ヘイト上昇倍率DOWN(C) [30% 25秒]」を自分に付与。
    • 不撓不屈効果を発動させなくても付与される。
    • 獲得ヘイト【〇倍】のようにその武器自体だけではなく、以降25秒間に与えるダメージや回復などヘイトの伴う行動すべてに適用される。

【護術士】

  • 今のところ無し…。
     

コメント