Top > 聖導士

聖導士

Last-modified: 2018-07-08 (日) 02:35:40
 
 

概要と立ち回り Edit

  • パーティを支える回復と蘇生が聖導士の仕事

    • グランクエストLv3以上(戦闘力30,000以上)では、聖導士がいないとクリアできないと言ってもいいほど重要

    • 聖導士が倒れるとほぼ負けなので、回復量だけでなくHP、耐性にも気を配ろう

    • 複数の属性の防具を用意し、敵に合わせて使い分けるのが理想的

  • 慣れるまでは相手のセリフを見たらクリスタルメイス、攻撃が来たら回復で全快のパターンが基本

    • クリスタルメイスは次に使う回復効果が80%アップし、強力な回復ができる

    • どのセリフが列攻撃、全体攻撃に対応するかは把握しておこう

  • せっかく蘇生しても、すぐに倒れてしまっては意味がない

    • 相手の強力な攻撃が終わったあとを目安に蘇生しよう

    • クリスタルメイスなどで蘇生時のHPを高めると更に安全

はじめての聖導士 Edit

動きに慣れるためにも、まずはこの構成を目指そう。

立ち回り、戦況予測、ヘイト管理など、必要なプレイヤースキルが身につきやすいだろう。

範囲範囲範囲範囲
味方全体にHP回復
スチールメイスなど
蘇生効果付き
ミトラランデッロ
アビスソーサリー
単体単体回復強化回復強化
味方単体にHP回復
ウッドスタッフなど
自分に与HP回復量UP付与【7.9秒】
クリスタルメイスなど

動き方

  • 相手のセリフを見たらクリスタルメイス

  • 攻撃が来たら範囲/単体回復を使い分け、パーティ全体のHPをを維持

    • 不安なら敵の攻撃範囲も予習していこう

  • 敵の名前が赤い時には単体攻撃は自分に来るので、HPに留意しよう

  • 範囲蘇生手段を少なくとも1つは持っていくことを強く推奨する。 龍人化は基本的に、クリスタルメイスからの範囲蘇生のために温存しよう

  • 慣れてくるともっといい動き、いい装備が分かる、できるようになる

有用な装備 Edit

武器 Edit

リセマラ推奨 Edit

リセマラを参照。

全体回復 Edit

3~4本を推奨。
本数が足りない時は、☆2でもいいのでスチールメイスを確保したい。
スキルレベルを高めることで回復量が最大80%上がる。

属性武具名効果(通常時)概要
ミトラランデッロ・全体にHP回復【中】
・低確率で全体蘇生【中】
龍人化で確実に全体蘇生
・SLvを上げることでリロードが大幅に(200→最短120秒)短くなり、2回目も狙えるようになる
・基本はタイミングを見てクリスタルから龍発動し、蘇生後に即座に倒されないようにしよう
グランツクラブ?・全体に魔防依存のHP回復【大】
・全体に闇耐性UP10%(25秒)
・魔防依存の光マーレ
アビスソーサリー・全体にHP回復【中】龍人化で確実に全体蘇生
・スコアアタックで入手可能な不思議なウロコと交換
・SLv9の闇スチールとして非常に優秀
カースシンカー・敵全体に魔法ダメージ【大】
・全体にHP回復【大】
・前列に出るが、スコアアタックでは回復しながら殴れるので重宝する
スチールメイス・全体にHP回復【中】・アビスと同じ闇属性が特に優秀。可能な限りSLvを上げよう
ローグバトン・全体に魔防依存のHP回復【大】
・全体に水耐性UP10%(25秒)
・魔防依存の地マーレ
・ケラトェ・・・
マーレティアロッド・全体にHP回復【大】・後列の全体【大】回復、1s詠唱、魔攻依存と扱いやすい。
トレーネメイス・全体に魔防依存のHP回復【中】
・全体に物理/魔法与ダメージUP5%(25秒)
・魔防依存の水スチール
・更に攻撃バフは独自グループなので、スコアアタックで重宝する
ビルカメイス・全体に魔防依存のHP回復【中】
・25秒間、味方全体に行動時HP回復付与【小】(染め補正無効)
・魔防依存の水スチール
・フロールと同グループのリジェネ
・水属性で染める場合はもちろん、フロールを延長しつつ回復するメイスとしても使用可能
ブルーメクロッド・全体にHP回復【小】
・全体に毒回復
・スコアアタックで入手可能な不思議なウロコと交換
・フォーリアよりリロード/詠唱ともに早いが、回復量には期待できない
・ブルーメSlv9(108%)<フォーリアSlv2(110%)
・ブルーメSlv9、水染め30%なら属性ボーナスの付いていない状態のフォーリアSlv5と倍率が並ぶ。水染めで毒を相手するなら
フォーリアポーア・全体にHP回復【中】
・全体に毒回復
・回復バフや龍を用いて、大ダメージ+毒攻撃に対応できる
ジェダイトワンド・全体に魔防依存のHP回復【中】
・全体に地/風耐性UP5%(25秒)
・魔防依存の風スチール
フロールソーン・25秒間、味方全体に行動時HP回復付与【中】(染め補正無効)・いわゆるリジェネ
龍人化で効果が【大】に変化
・一度高威力で掛ければ、後は通常発動で維持できる
・ヘイトは回復時にそれぞれのヘイト値になるため、護のヘイト+800%によってPTが安定する(特に敵複数の場合)

単体回復 Edit

2~3本を推奨。
本数が足りない時は、☆1でもいいのでウッドスタッフを確保したい。
単体蘇生は全体蘇生よりもリロードが短い。
スキルレベルを高めることで回復量が最大80%上がる。

属性武具名効果(通常時)概要
ウッドスタッフ・単体にHP回復【特大】・単体だが回復量はスチールの2倍
・リロードはSLv5の12s、SLv9の8sを目標にしたい
ケラトバトン・単体に魔防依存のHP回復【特大】
・25秒間、味方単体に水ダメージ耐性UP付与【10%】
・魔防で効果が上がる土ウッド
エトワールスタッフ・単体に魔防依存のHP回復【特大】
・25秒間、味方単体に光/闇ダメージ耐性UP付与【5%】
・魔防で効果が上がる光ウッド
ホーリークラウン・低確率で単体蘇生【HP1】
・単体にHP回復【大】
龍人化で確実に蘇生
・生存プレイヤーをターゲットしていても、蘇生効果だけを他のプレイヤーに与えられる
・倒れているプレイヤーをターゲットして蘇生できなかった場合、回復効果は上のプレイヤーに飛ぶ
ヴェルメスパイク・低確率で単体蘇生【HP1】
・単体に魔防依存のHP回復【大】
■蘇生成功時に発動■
・自分に与HP回復量UP付与【100%】【7.9秒】
・自分に魔法与ダメージDOWN付与【100%】【7.9秒】
龍人化で確実に蘇生
・蘇生時にアンヘルの掛かるホーリー
・範囲回復の隙をなくす、蘇生者へのフロールのフォローetc用途は幅広い
龍人化でもクールタイムが伸びない
アダマンテトーチ・単体にHP回復【大】
・単体に物理/魔法与ダメージUP【15%】【25秒】
・モーションが可愛い
・バフグループはトレーネと同じなのでトレーネで延長可能
・バフの効果が大きいためスコアアタックで求められる
アルデアスタッフ・低確率で単体蘇生【HP1】
・単体に魔防依存のHP回復【大】
■蘇生成功時に発動■
・対象に被ダメージDOWN【100%】【7.9秒】
・自分に魔法与ダメージDOWN付与【100%】【7.9秒】
龍人化で確実に蘇生
・蘇生時に無敵化できるホーリー。
・無敵はターゲットに関わらず、蘇生した対象に付く
・ただし蘇生後から無敵バフがつくまで僅かなタイムラグがあるため敵の攻撃と同時に使うのは禁物
・汎用性の広いアビスやベリアルと同じ闇属性なのも強み

回復強化 Edit

1~2本を推奨。
バフ→回復の動きを繰り返せるようにしたい。
クリスタルは非常に有用なため、☆2でも他になければ確保しておこう。
バフの重ねがけや延長についてはバフデバフのグループを参照のこと。

属性武具名効果(通常時)概要
光闇
以外
クリスタルメイス・7.9秒間、自分に与HP回復量80%↑・4秒掛けて大幅に回復量を高める
・回復量が足りない場合は、マーレなど高威力の回復に使うことでトータルの回復量を上げられる
・SLv9で一本でも運用できる
アンヘルマレット・敵単体に魔法ダメージ【特大】
・7.9秒間、自分に与HP回復量120%↑
・7.9秒間、自分に魔法与ダメージ100%↓
効果量こそ高いが、前列に出てしまうため扱いづらい
・フロール準備として使う場合、1手で準備が終わる点がメリット
ベリアルクラブ・7.9秒間、自分に与HP回復量50%↑x2
・自分に最大HP応じた追加特殊ダメージ【中】
・闇属性のクリスタル
・自傷は気にならないレベルだが、敵によっては注意
・クリスタル系列、独自グループの2種を付与
ドラークトーチ・7.9秒間、自分に与HP回復量140%↑
・7.9秒間、自分に与HP回復量50%↓
・土クリスタルの上位互換
・ベリアルで延長するとデバフ部分が消え+190%になる
・ドラーク→ベリアル→龍フロールのコンボも
エールデクロッド・敵全体に魔法ダメージ【特大】
・15秒間、自分に与HP回復量10%↑
・クリスタル系列と同一バフグループ
単体ではほぼ意味を成さないが、バフ15秒を活かしたエールデクロッド運用方法というのもある
・SLv7でリロードが14秒になり、単体でバフを継続出来るようになる
スコアアタックの土特大枠としても
アースクラブ・敵単体に魔法ダメージ【中】
・25秒間、自分に与HP回復20%↑
・バフは効果量こそ低いが、クリスタル・ベリアルとは別系列
・アース→(何か12sまで)→ドラーク→ベリアル→龍フロールで最大打点が出る
クリマスタッフ?・7.9秒間、自分に与HP回復量50%↑
・単体にHP1で蘇生
・龍を使わず確定蘇生
・単体が盾に飛ぶ瞬間に使用→盾とまとめて範囲で回復
・フロールを入れない構成において、クリスタル枠の代わりに入れるのがいいだろう
アルプクロッド?・自分に与HP回復量UP付与【20%】【25秒】
・自分に与HP回復量UP付与【50%】【7.9秒】
・自分に地ダメージ耐性DOWN付与【10%】【7.9秒】
・超強化アースクラブ
・魔防構成など、回復量が足りなくなりがちな場面では役立つだろう

防具・装飾 Edit

詳しいステータスはみとらぼ(外部サイト)を参照。
入手場所は防具・装飾の入手関連まとめを参照。

聖導士に有用なスキル
魔法攻撃力UP回復量は基本的に魔法攻撃力で上がる。 おまけに与ダメージも上がる。
魔法防御力UP魔防依存と書かれたスキルは、魔法防御力で回復量が高まる。 おまけに被ダメージも少し減る。 魔防依存の蘇生武器が登場すれば…。
与HP回復量UP依存するステータスに依らずに回復量が高まるが、効果が低め。 更にクリスタルメイスなどを使うと相対的に効果が弱まる。 詳しくはメイスの回復量計算
最大HPUP回復役が真っ先に倒れては元も子もない。 防御力UPよりも効果が高い。 というか防御力UPが微妙
魔法与ダメージUPスコアアタックでダメージ量を伸ばすなら。


魔攻型 Edit

主流。
魔法攻撃力、与HP回復量を高め、魔法攻撃力依存の回復を行う。
回復量はクリスタル等を考えなければ、魔法攻撃力UP*与回復量UP。
別枠で掛かる上に割合が高く、範囲蘇生スキルは魔攻依存、殴りの威力も魔攻依存と使いやすい。

きのこきのこマジシャンローブ魔法攻撃力UP【特大】(4.0%~7.2%)
最大HPUP【中】(2.0~3.6%)
ヘイト上昇倍率DOWN【小】(1.5~2.7%)
命中0.5%
堅実な性能かつ、ウロコさえあれば完成する
特に頭装備は貴重
きのこマジシャンボトム
きのことんがり帽
ウルスウルストップス+魔法攻撃力UP【特大】(4.0%~7.2%)
回避率UP【中】(1.0~1.8%)
命中率UP【小】(0.5~0.9%)
命中0.5%
回避率は回避頼りのステータスにして死んだら元も子もないので無意味になりがち
ウルスボトム+
アルデアアルデアトップス+魔法攻撃力UP【特大】(4.0%~7.2%)
最大HPUP【中】(2.0~3.6%)
命中率UP【小】(0.5~0.9%)
命中0.5%
堅実な性能かつ、非常に完成させやすかった
期間も長く(2018/4/3~5/7)聖に限らず多くの魔職の基準となった
アルデアボトム+
グルグルメケメケのローブ魔法攻撃力UP【極大】(6.0%~10.8%)
魔法防御力UP【中】(2.0~3.6%)
魔法与ダメージUP【中】(2.0~3.6%)
コラボガチャ(2018/3/22~4/6)限定かつ、S.Lv5→9に上げていくため非常にお高かったが、魔道士限定のウォーロック装備よりも高いダメージ修正は、多くのプレイヤーを魅了した
現在でもその性能は他の追従を許さず、特にSAでは猛威を振るう
メケメケのスカート
ベルベルフルールガウン魔法攻撃力UP【特大】(4.0%~7.2%)
最大HPUP【大】(3.0~5.4%)
有償石200で販売(2018/5/23?~6/15)された
スキルに無駄がなく、魔攻ステータスも高かった
ベルフルールボトム

魔防型 Edit

魔法防御力、与HP回復量を高め、魔法防御力依存の回復を行う。
単体蘇生ならヴェルメやアルデアがあるが、範囲蘇生は魔攻依存。
なので魔攻を捨てきれず、現状魔攻依存の劣化になりがち。
確実にスキルレベル9まで育てられるアビスソーサリー、継続回復で隙を減らせるフロールソーンに対応しないのもデメリット。
せめてグランツクラブ?ローグバトンといった魔防依存範囲大回復が入手出来てから手を出すことをおすすめする。

プリマスプリマスローブ?聖導士限定
与HP回復量UP【大】(1.5%~2.7%)
魔法防御力UP【大】(3.0~5.4%)
最大HPUP【大】(3.0~5.4%)
回避1.5%
低くない回復補正、非常に高い耐久性
将来的に魔防依存装備が充実してきたら、その耐久性で魔攻型と差別化できるだろう
プリマスボトム?
ルヤンカスルヤンカストップス+?魔法防御力UP【特大】(4.0%~7.2%)
最大HPUP【中】(2.0~3.6%)
ヘイト上昇倍率DOWN【小】(-1.5~-2.7%)
回避0.5%
アンヘルの上位互換
ルヤンカスボトム+?
フェルゼーフェルゼートップス+魔法防御力UP【大】(3.0%~5.4%)
回避率UP【大】(1.5~2.7%)
最大HPUP【小】(1.5~2.7%)
回避0.5%?
回避率は当たろうが外れようがどうせ予測でヒールするので無意味になりがち
フェルゼーボトム+
パーストルパーストルローブ聖導士限定
魔法防御力UP【極大】(6.0~10.8%)
最大HPUP【中】(2.0~3.6%)
被回復量UP【中】(1.0~1.8%)
魔防依存の回復量は最高
回避1.5%
パーストルボトム
アンヘル+アンヘルローブ+魔法防御力UP【特大】(4.0~7.2%)回避1.0%
アンヘルボトム+
エトワール+エトワールローブ+与HP回復量UP【大】(1.5~2.7%)
魔法防御力UP【中】(2.0~3.6%)
ヘイト倍率DOWN【小】(1.5~2.7%)
回避0.5%
数値が微妙、ステータスも微妙
エトワールボトム+

汎用型 Edit

与回復量UPは依存ステータスを問わないが、割合が低く最終的には魔攻依存/魔防依存に劣る。
装備が揃っていないうちは使いやすい。

ビショップビショップローブ聖導士限定
与HP回復量UP【極大】(3.0~5.4%)
ヘイト上昇倍率減少【中】(-3.0~-5.4%)
物理防御力UP【中】(2.0~3.6%)
ガチャ限として度重なる強化を経てきた歴史がある
さらなる強化を望む声も多いらしいというか追加されたスキルが微妙すぎた
ビショップボトム
チュルリックチュルリックローブ与HP回復量UP【特大】(2.0%~3.6%)
ヘイト上昇倍率DOWN【中】(-3.0~-5.4%)
最大HPUP【小】(1.0~1.8%)
回避0.5%
堅くなり、回復量の少し落ちたビショップ
チュルリックボトム
チュルリックフード
マーレ+マーレトップス+与HP回復量UP【特大】(2.0~3.6%)最初に登場したドロップでの聖装備ゆえに愛用者も多かった
今は上位装備までのつなぎ
マーレボトム+
マーレSマーレトップスSウロコ交換
どうしても火属性が必要なら
マーレボトムS
マーレサークレットS

共用 Edit

上下装飾はほぼこれしかないので使い回すことになる。

ビショップ水/火パリウム+上装飾与HP回復量UP【特大】(2.0~3.6%)回復量を高める基本装備
スカプラリオ下装飾
ウォーロック水/風ステラマント+上装飾魔法与ダメージUP【特大】(4.0%~7.2%)火力を高めるスコアアタックの基本装備
スターレコード下装飾
いろいろ火/水/土いろいろ上・下装飾最大HPUP【特大】(4.0%~7.2%)ウロコ交換のマーレ、フォーリア、チュルリック、キノコS級上下装飾。
HPを上げたい局面では使い所はある。
取るなら上装飾がおすすめ。
スカプラリオやスターレコードはステータスが高いのでもったいない。
↑下装飾はカンストさせにくいので、簡単にスキル9にできるこちらを採用するという選択も

武器編成 Edit

  • 全体回復から3~4本を推奨。
    一気に戦線を立て直せるミトラアビスはどちらか、あるいは両方用意したい。
    フロールは継続的な全体回復として優秀。
  • 単体回復から2~3本を推奨。
    ウッドは全属性存在するため開いた枠に入れやすい。属性を揃えて回復量を上げよう。
    単体蘇生は全体蘇生を節約するのに役立つ。ヴェルメアルデアは効果も優秀。
  • 回復強化から1~2本を推奨。
    クリスタルが基本的に優秀なのでクリスタルだけでも十分。
    より回復量が欲しい場合はベリアルドラークを採用したい。
    • その他適宜、敵のパターンなどに合わせて武器の構成を変更してもいい。

編成例 Edit

あくまでも一例。回復量や持っている武器で変わるので、自分に合った装備を組もう。

動き方

  • 聖術士の基本構成。範囲回復/単体回復を使い分け、パーティ全体のHPを維持していく。特に護術士は優先して回復したい。
    自分が死んでは元も子もないため、ターゲットが自分に向いている場合(敵の名前が赤い時)などは自分の回復も行うこと。
  • 味方のHPが回復しきっている場合や、敵の特殊な技の前、全体蘇生を使う前などにクリスタルを使用し、次の回復に備えよう。
    クリスタルでは効果量+80%止まりなので、クリスタルを多用するよりは連続で回復を連打した方が合計回復量は多い。
  • 龍人化は状況に合わせて、範囲回復か蘇生武器に使用していこう。
    特に、蘇生武器に龍人化を使用すれば確定蘇生となる。回復量が足りているなら龍人化をすぐに使うのではなく、温存しておき味方に合わせよう。
  • 自由枠について
    • 基本的には全体回復をもう1本増やしたい。
      敵が毒を使う敵の場合、必ずフォーリアブルーメを1本は入れよう。
    • 敵の攻撃が強ければ単体回復も増やしたいところ。
      ヴェルメなどの龍人化が貯まるごとに使える蘇生手段が無ければ単体の蘇生手段を増やしても良い。
      • クリスタルなどをもう1本持つのも手だが、単体回復の手段が少なくなるのでフォローが難しくなることも。
        しかし、クリスタルのタイミングを意識しなくていいので、非常に楽に回すことが可能。
      • ベリアルフロール(以降フロールのみで継続可能)での常時回復を狙うのもアリ。
        余裕があればドラークベリアル→龍人化フロールで常時大回復を狙うのも手。
        ただしこれは戦闘不能者が出た場合に掛け直しが非常に大変であり、即死者が出る戦闘には向かない。
    • あまり考えられないことだが、混沌を纏いし棘によるデバフや、ブロンズスパイク消えずの火口でのマーザンダル対策など、
      回復以外に何か持ち込みたい場合は回復の手を減らし、自由枠に入れるのも一つの手段。
水属性染め
闇属性染め
光属性染め

 

Lv0型

  • ミトラ / アビス / スチールx3 / 自由枠x3
    説明を見る

エールデクロッド運用方法 Edit

  • 基本
    クリスタル→エールデ→回復→回復→回復(5本で計540%)
    ドラーク→エールデ→回復→回復→回復(5本で計720%)
    • 2回分回復できないターンがあり、自身も前に出るためハイリスク。普段使いは危険だが、場面を選べば有用。
      たとえば、ムルテの【肆】のダメージを回復した直後には非常に効果的。
      龍ゲージがあれば、15秒のどこで死人が出ても安全に即蘇生できる点にも注目したい。
    • エールデクロッドのスキルLv7以上でバフを切らすことなく継続し続けることができる。
      回復量+140%の効果を常に使用できるのは魅力的だが、回復のタイミングを選べない点、必ず前に出るタイミングがある点に注意。

回復量の伸ばし方 Edit

各要素はそれぞれ乗算なため、全てを上げて行くことで飛躍的に回復量が増える。まだ手をつけていない所ほど伸ばしていこう。

スキルレベル

Lv1:100%
+1につき+10%
Lv9:180%

レアリティ

☆1:100%
+1につき+10%
☆4:130%

ステータス

  • 特に何も書かれていないものは魔攻
    • 例. 味方単体にHP回復
  • こういうものは魔防
    • 例. 味方単体に魔法防御力依存のHP回復
  • 特に補助の防具装飾はまだまだ伸ばせることが多い。
  • たとえば魔攻100で回復量が大体、は約14、は約21、特大は約28、ほど増える。

防具・装飾

使うステータスに対応したものを装備しよう。
魔法攻撃力+7.2%(3箇所)
与HP回復量UP+3.6%(2箇所)など

染め補正

  • 同属性の武器一個につき+2.5%、同属性の補助武器一個につき+1%、最大+30%
  • 3属性くらいがバランスいい。4属性以上から絞ると体感できるレベルで回復量が変わる。
  • 多くの場合、回復武器5~7本ほどを2色以下にするのは難しく、一本を強くして他が弱くなるよりは、全体的に+10%ほどの方が死人が出にくい。

スキル威力

単純に威力の高いものを使う。

スキル威力倍率
スキル威力と回復量倍率(与ダメージも共通仕様)
60%
100%
150%
特大200%
極大250%
龍人化更に3倍

全部やると

スチールメイスを100%として
マーレ(150%) * スキルレベル9(180%) * レアリティ☆4(130%) * 染め(130%) * 龍人化(300%) * 防具(121.6%) * クリスタルメイス(防具含め、187.2%) = 3116.0%
まだまだ上がるので試してみよう

その他 Edit

 

与回復量UP/DOWNスキルは全て加算/減算

 

与回復スキルと被回復スキルは掛算

スコアアタック Edit

聖導士(と護術士)でのスコアアタックは他の職と異なり、普段と全く異なる動きを求められることになる。
上位を目指すほど回復は不要になり、攻撃や支援に専念することになる。

弱点特大と極大はどっちがいいか
詠唱付きってDPS落ちるの?

編成例 Edit

はじめてならまず狙うべきなのは12060(ホスト剣の詠唱1秒龍〆)、あるいは12070(無詠唱龍〆)

野良等クリア目的(1分以上) Edit

補助武器は闇で固めよう
フロールの回復を高めることで、攻撃する隙を増やすことができる

龍で仕留めるパターン(12060程度) Edit

攻撃武器を使いつつ、デバフも行いつつ、龍が溜まったらクリティカル魔道具からの極大を放つ
デバフの分担はメンバーと相談すること

25秒(特殊) Edit

ホーリーファルクス
グランツサイズ
クリマリーパー
などの大鎌から4つ(属性違い、レアリティ違いも可)
極大武器残りは魔攻割合*1の高い染め武器

鎌を5連続で使用して、即座に龍を放つ
魔の龍と合わせて倒し切る
クリティカルは運

もっと Edit

極大魔道具orエンバートーチ場合によっては棘などのデバフ残りは染め

ひたすら無詠唱極大を連打
クリティカルは運
極大を減らすとその分染めも上がるので、案外行けることも

スコアアタックで有用な武器 Edit

魔道具士も参照。

一覧

大鎌 Edit

大鎌は5秒で8秒分のゲージが溜まる。

大鎌一覧

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • まだ火染め方が現実的やな、基本的に闇の劣化やけど -- 2018-06-12 (火) 00:46:08
  • 現状は単色染めより水闇の2色染めが一番強い。
    マーレアビスを主軸としてクリスタル枠、蘇生枠2つとウッドでほぼ回せる。
    全体回復1本入れれば全体回復のみで回せるし、ウッドも属性違いで2本入れられるから単体回復にも優れている。 -- 2018-06-12 (火) 08:50:42
    • 単体回復については星4と星3で10%の違いなので、染めを上げたら単色の方が回復量上じゃないですか? -- 2018-06-12 (火) 17:01:11
      • 確かに単色染めの方が上ですね。水属性と闇属性の☆4☆3この4つから優れているものを採用できるため、構成の容易さを挙げるべきでしたね。 -- 2018-06-12 (火) 23:30:30
  • 個別の武器構成ではなく、今の武器編成>編成例を中心に説明する「聖導士(案)」のページを作成しました。 ぜひ意見お願いします -- 2018-06-18 (月) 18:23:36
  • ここにSAを足し算で書いていくことを考えたときに、野良向きな普通の聖にカースやらダクソ入れて殴れる時殴ってねみたいなもの、鎌5極大のムーブ、棘バナナから極大連打するタイプ、いろいろあるけどどこまで書くべきだろうか -- 2018-06-21 (木) 12:01:46
    • とりあえず装備例というか、別項目に分離したほうが良いような気はしてる -- 2018-06-21 (木) 12:03:04
  • グラン4で後列即死の聖が多数みうけられるため注意喚起を記載しました。 -- 2018-06-21 (木) 12:44:48
  • 「概要と立ち回り」を、耐久性の部分を含めて、簡潔にしました -- 2018-06-21 (木) 16:31:31
  • 防具をちょっと直しましたが、はっきりいってまだ分かりにくいと思います。 属性or部位ごとに分けたほうがいい? -- 2018-06-21 (木) 17:21:39
  • 新しいガチャ防具のおかげで魔防聖に一筋の光が -- 2018-06-25 (月) 19:39:53
  • 防具をタイプごとに分類。 抜けていた物を追記。 筆者は魔防防具に興味がないので、抜けあるかもしれません -- 2018-06-27 (水) 07:09:15
  • 新ガチャで防具自体の実装がないのはやばいでしょ -- 2018-07-14 (土) 12:49:49
    • ん?何の話?wiki編集者ほぼ壊滅でろくに更新もされてない -- 2018-07-14 (土) 13:39:52
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 魔攻割合 = 魔攻 /(HPx2/3+物攻+物防+魔攻+魔防)