2020-03-19 壊砕の翼岩竜 ワールンゴア

Last-modified: 2020-03-25 (水) 22:27:51

イベント概要 Edit

グランバトル Edit

  • 開催期間 : 2020/03/19(木) 15:00 ~ 2020/04/07(火) 12:59
レベル挑戦条件等クリア報酬
ストーリーミトラリウムの塔海晶石 ×1
Lv.0戦闘力キャップ: 15,000紅シード 10,000×10、海晶石 5×6
Lv.1挑戦条件: 戦闘力30,000以上[[]]×5、[[]]×5、蒼シード 10,000×5、海晶石 10×5
Lv.2挑戦条件: 戦闘力40,000以上[[]]×5、[[]]×5、[[]]×5、蒼シード 10,000×5、紅シード 10,000×5、海晶石 10×5
ストーリー+武具について+?
Lv.3挑戦条件: 戦闘力50,000以上海晶石 5×10、蒼の中輝石×5 ※宝箱報酬:の魂(体上防具)
ストーリー+武具について+?
Lv.4挑戦条件: 戦闘力60,000以上海晶石 5×10、紅の中輝石×4、極意の書×1 ※宝箱報酬:の魂(体下防具)

攻略 Edit

  • ワールンゴア(前列)とソイボム(後列)が同時に出現する。
    • ワールンゴアを倒すと、ソイボムは道連れとなり戦闘は終了する。
    • ソイボムは戦闘開始と同時に、回避低下999、ガッツ999を得る。
  • ワールンゴアの行動はある程度固定されている。
    • ランダム→デバフ列2択→デバフ列逆→ランダム逆→
      バフ(高揚)→高揚2択×5→回復(高揚解除) を繰り返す。
    • ランダムは単体攻撃、全体攻撃の2種。また、1ループ中に同じ行動はしない。
    • デバフ列2択は前列攻撃か後列攻撃の2択。続けて逆側に攻撃を行う。
      • 被ダメ増加30を伴う。効果時間はやや長く、高揚2行動目まで持続する。
      • 「激しく~」が前列、「悠然と~」が後列。詠唱は両方とも行う。
    • バフ獲得は、与ダメ増加75、クリ率上昇100、高揚の獲得同時にソイボムを全快する。
      • 同時に被ダメ増加100を獲得する。効果時間は4s?と短い。
    • 高揚中の行動は、単体攻撃か全体攻撃の2択を5連続。ある程度の法則性はある。
      • 1行動目はランダム、2行動目は1の逆、3行動目は2の逆、4、5行動はランダム。
        ただし5回合わせて、単体3+全体2または単体2+全体3の配分になる。

        高揚中行動の具体例

        1.単→全→単→単→全 :○ ありうる。4行動目の時点で単体3回のため、5行動目は全体確定。
        2.単→全→単→単→単 :× ありえない。単体4、全体1の配分になることはない。
        3.全→単→単→全→単 :× ありえない。2行動目と3行動目の内容は必ず異なる。
        4.単→全→単→全→全 :○ ありうる。4、5行動目が両方全体攻撃となる危険なパターン。護は要注意。

      • 5行動目前の攻撃間隔は短め。間隔3s+詠唱5sの8s?。
      • 4、5行動目が両方全体攻撃というパターンも存在する。
      • 高揚中は1回行動するごとに与ダメ増加を獲得する。攻撃内容は不問。
        また、バフ量は順に10、15、25、50が蓄積していく。5回目の行動はバフ175。
    • 回復と同時に、与ダメ増加全てと高揚が解除される。
  • ソイボムは定期的に単体攻撃を繰り出す。
    • 問題はまともにダメージが入らないこと。
      護がヘイト管理をしようとすると、専用武器が必要となる。
  • ソイボムはHP1になると、即時ワールンゴアにクリ率低下200を付与する。
    • 高揚中のクリ率上昇を打ち消し、次行動を高揚解除までスキップさせる。
    • HPはクエストLvで変動し、Lv0→4で順に、7、7、10、15、20。
      • 効果は有用だが、手間も大きく、味方同士の連携の難度まで含めると現実的ではない。
        ソイボム削りによる高揚対策は、考えない方がよい。
  • 要注意行動が多いが、誰が何を対応するのか、この分担が鍵となる。
    • 対応すべき内容は、デバフ列攻撃の両方、ソイボムの受け、高揚中の高威力攻撃。
      全て護が対応はできるが、それでは武器枠で破綻する。護の猶予枠は3つが限度。
      • デバフ列攻撃を護1人で受けるには、後退武器と解除武器の2つが必要になる。
      • ソイボムの受けを護がするには、挑発効果のある武器が必要となる。
      • 高揚中の高威力攻撃に全て対応するには、4行動全体+5行動全体対策に軽減盾が2つ、
        5行動目単体攻撃の耐久補助に1つ、計3つが必要になる。
    • 高揚の対策が最も負荷が大きいが、剣弓に対処を任せるのは野良では現実的ではない。
      • ある程度の火力があれば、高揚4行動目以前に十分に決着が付く。
        このため、高揚をソイボムで潰す必要性を多くの人は認識しない。
    • 護は高揚対策を中心に受け持ち、他を誰かに任せるのが妥当となる。
    • 護の手の回らない分は他職で分担する。
      • ソイボムの受け役は、聖以外ではヘイトを取れない。必然的に聖が受け持つ。
      • 後列デバフ攻撃の受け役は、弓か聖。しかし聖にはソイボムがあるため、弓が受け持つ。
    • 護は、前列デバフ解除手段、高揚中の単体と全体の対応手段を用意する。
    • 聖は、魔防装備で後列デバフの回避手段を用意する。
    • 弓は、後列デバフの受け役を担う。修羅の印籠、または高耐性魔防装備必須。
  • 如何に理に適った役割分担を行うか、これが重要なボスとなる。
    • セオリー的には護聖弓で受け切れるが、耐性も必要なため初心者にはキツめ。
      場合によっては剣が後列デバフを受け戦斧で解除するなど、
      アドリブでの相互フォローも重要となる。

各職の立ち回り Edit

剣術士

剣術士

  • 基本的に、ボスの攻撃を避けるように動けばよい。
    • 弓の後列デバフ攻撃受けに不安を覚えるならば、受け役に回ってもよい。
      戦斧でデバフを消せば特に問題はなくなる。
  • 普段よりも耐性を強く意識すること。
    • 戦闘力指定のわりに、高威力の攻撃が飛び交うボスとなっている。
    • 背水バフの取り扱いに注意。当然ながら致命傷となりうる。
    • 高揚3行動目全体攻撃クリティカルくらいは、耐久すること。
      これが耐久できないのであれば、根本的な準備不足。
  • ソイボムの削りは考えなくてよい。
    • 事前に打ち合わせでもない限り、現実的ではない。

護術士

護術士

  • 前列デバフ対策、高揚中の高威力攻撃の対策を用意すること。
    • モルフォラブリュス修羅の印籠トレーネシルトレギーユシールドの3点が必須。
      • モルフォ、印籠は、デバフ解除及び、高揚5行動目単体攻撃対策。
      • トレーネ、レギーユは、高揚4、5行動目全体攻撃対策。
        4行動目と5行動目の間隔はやや狭いがきっかり8s。両方必要。
    • モルフォラブリュス修羅の印籠だと、モルフォの方が尖っている。
      • メリットは、対応1手分の手間の削減、及びミスの可能性の排除。ついでに攻撃バフの獲得。
      • デメリットは、他武器を使ってソイボム管理を一切目論めなくなること。聖に任せるなら問題ない。
      • ガッツ受けゆえの聖への負担もあるが、直後のワールンゴアの行動は回復。これは問題にならない。
    • スチールストーン系延長と延長元、ブロンズ系、ヘイト取り武器で5枠。
      • ネザドシールドなど、兼任武器のみでヘイトが十分稼げるならば武器枠は圧縮できる。
      • カースファングなど、挑発武器でのヘイト管理は高揚中の忙しさを考えると現実的ではない。
      • 十分な耐性と地力に加え、アウラガードなどがあれば、デバフ解除や単体攻撃対策は削れる。
        この場合は、武器枠が1個空く。
  • ソイボムのヘイト管理は、専用武器がなければ不可能。
    聖に受け持って貰うことになる。
    • グランツガードミロリエシルトなど回復ならヘイトはある程度稼げるが、
      それを持ってタゲを維持するのは現実的ではない。
      • 特に蘇生が絡むと間違いなく奪われる。回復量が多い聖なら、蘇生なしでも奪われる。
      • やるなら、グランツ、ミロリエ併用に、レギーユを適時使用するくらい徹底する必要がある。
        その上で、剣にワールンゴアを奪われないようにしなくてはならない。色々ハードルは高い。
  • 高揚3行動目以降の全体攻撃に、トレーネシルトレギーユシールドをあわせる。
    • 後に繰り出される行動の方が高威力。龍の使い所には注意を。
    • 3、4、5と3連続全体攻撃は発生しない。武器が2つあれば対応しきれる。
  • 高揚5行動目の単体攻撃を耐久できないのであれば、対応を行う。
  • 武器枠が空くのであれば、他にも持ち込みたいものは多い。お好みで。

聖導士

聖導士

  • ソイボムの受け役を担う。
    • 魔防装備と耐性を確保して余裕を持って受けること。
    • 魔法攻撃を中心に装備を組んでいる場合、見直しが必要。
  • 後列デバフ攻撃の回避用に前進武器の持ち込みを強く推奨。
    • 耐性上昇系の武器を用意できれば、
      デバフ込みでも耐久は可能だがハードルは高い。
    • 修羅の印籠を持ち込み、後列の受け役を担ってもよい。
  • 高揚後半にしっかり回復量を出せる手順を当てること。
    • 単体、全体ともにかなりの威力が連続して繰り出される。
  • アイビスメイスメイリューメイスなど、
    回復と耐久支援を同時にこなせる武器があれば是非。

弓術士

弓術士

  • 後列デバフ攻撃の受け役を担う。
    • 修羅の印籠、または高耐性の魔防装備を用意すること。
      • 印籠ならば、後列デバフを受けた直後に使うだけでよい。
        最低限、後列デバフ攻撃で死なない程度の耐性は必要。
      • 高耐性防具の場合、相応の地力が要求される。
        カルネリクイルなど、耐性上昇武器を併用するのも有効。
    • 後列デバフを聖が受けるのは、ソイボムの分だけ弓よりハードルが高い。
      高スペックな聖ならば可能だが、それに甘えず役割をこなすこと。
      • 弓と聖で比較すれば、弓の死亡は敗北に直結しない点も大きい。
        後列デバフを避けて聖を殺すくらいならば、自らが死ぬ。これも弓の役割。
  • ソイボムの削りは考えなくてよい。
    • 事前に打ち合わせでもない限り、現実的ではない。

魔導士

魔導士

  • 普段よりも耐性を強く意識すること。
    • 戦闘力指定のわりに、高威力の攻撃が飛び交うボスとなっている。
    • ネザドロッドなど、耐久力の底上げなども有効。
    • 高揚3行動目全体攻撃クリティカルくらいは、耐久すること。
      これが耐久できないのであれば、根本的な準備不足。
 

余談:戦闘力下限を想定する攻略

  • 上記は野良での意思統一の難しさから、ある程度の要求スペックがある攻略内容となっている。
    参加下限での攻略法に関して、一応補足しておく。
    • 聖のソイボム+高揚全体攻撃受けなどのスペック要求を廃することが目的。
  • 最も厄介な高揚をソイボム削りで潰すのが、効率は悪いがハードルは低い。
    • 高揚対策に護が武器2枠を割いてることが、他へのスペック要求に繋がっている。
    • 高揚に入ると同時に、剣弓が2連双剣でソイボムを速やかに削り高揚を無力化する。
      • これを高揚対策として護の武器枠に空きを作る。
      • 魔法被ダメ減少効果を持つ双剣もあるため、それらがあれば出遅れてもなんとかなる。
      • 魔も魔砲で削りに参加してもよい。
  • 護は、デバフ対策武器、後列デバフ受け取り用の後退武器、ソイボム管理用武器を持ち込み、
    デバフ列攻撃の前後両方の受け役とソイボムのヘイト管理をこなす。
    • これにより、弓聖の要求耐久の引き下げが成立する。
  • この戦法は、野良では現実的ではない。固定PT向けの戦法となる。
    • ソイボム管理を最優先として、剣弓が揃って動くことは非常に考えづらいためである。
 

ステータス Edit

Wave敵名称属性種族HP
Lv.0Lv.1Lv.2Lv.3Lv.4SA
2ワールンゴア翼獣前列3,250,000
ソイボム精霊後列77101520

Wave 2 Edit

ワールンゴア Edit

スキル名特徴・予兆行動パターン概要
大星崩壌グ…グ…!全体魔法
投岩撃無言詠唱単体物理
飛爪爆土激しく羽ばたいた!近列物理[ヒット時、プレイヤーに付与]
・物理被ダメージUP30%(Q)
・魔法被ダメージUP30%(P)
飛爪砕土悠然と羽ばたいた!遠列物理[ヒット時、プレイヤーに付与]
・物理被ダメージUP30%(Q)
・魔法被ダメージUP30%(P)
狂乱竜咆怒り狂っている!バフ・ソイボムのHPを全回復
[自身に付与](高揚中持続)
・物理与ダメージUP75%(AD)
・魔法与ダメージUP75%(AG)
・クリティカル率UP100%(I)
・物理被ダメージUP100%(R)(効果時間:短)
・魔法被ダメージUP100%(Q)(効果時間:短)
・高揚
高揚バフ中
・高揚バフ中は行動内容に関わらず1行動毎に与ダメージUPを低いものから順番に付与する。
[物理]10%(Y) 15%(Z) 25%(AA) 50%(AB) 50%(AC)
[魔法]10%(AB) 15%(AC) 25%(AD) 50%(AE) 50%(AF)
・ソイボムHP1時のクリティカル率ダウンデバフ200%を受けると連携中でも回復行動へ移行し高揚連携が終了。
大星崩没滅グウウウ!全体魔法
投岩潰撃ガアッ!単体物理
大星崩没滅グウウウウッ!全体魔法
投岩潰撃ガアアアッ!単体物理
大星崩没滅グウゥアアァッ!全体魔法
投岩潰撃ガアアアァーッ!単体物理
静黙沈竜・・・・・・回復・自身のHPを回復
・高揚解除
翼岩竜粉砕戦闘不能時戦闘終了

ソイボム Edit

スキル名特徴・予兆行動パターン概要
戦闘開始時にガッツ999回、回避DOWN999%が付与される。
アースレーザー無言詠唱単体魔法
クール・アースHP1時デバフHPが1になると発動
[ワールンゴアに付与]
・クリティカル率DOWN200%(L)
・ワールンゴアの高揚中にのみ付与される?

コメント Edit

  • もしも2体とも同じ列だったならナー -- 2020-03-24 (火) 22:19:13
  • 盾はモルフォ斧でもいいよな~ -- 2020-03-25 (水) 21:54:34
  • ↑モルフォ斧の方が記事的には妥当ですね 加筆致しました -- 2020-03-25 (水) 22:21:57

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White