HTML convert time to 0.005 sec.


真・質問箱/261

Last-modified: 2010-07-18 (日) 14:52:38
タイトル蛮拳・牙壁の鍛錬・立ち回り方について
投稿者名も無き武芸者?
環境PS3
状態
edit/refer
投稿日2010-07-14 (水) 17:41:04

内容 Edit

先月新規参入し現在校尉で新参での対決デビューをしようと思っています。極力メンバーに迷惑をかけないように、倒せないまでも死なないことを念頭に、R3の蛮拳か牙壁20420を考えています。そこで2つ質問なのですが、1つは、もっと良い鍛錬のアドバイスがあればお願いします。もう1つは戦闘中蛮拳・牙壁にこんな行動を取られたら迷惑というのがあれば是非教えていただきたいです。

回答 Edit

  • 蛮拳だとJCオンリー。牙壁だと風装備してC3もしくはC1突、盾。しかし、こればっかりやっててもPSは上がりませんねー。 -- 2010-07-14 (水) 18:25:10
  • 質問には関係ありませんが、新参には新参狩りと呼ばれる迷惑なプレイヤーがたくさんいます。フル特別、フル改造、武器属性付加などの普通の新規さんではありえないような武器を使っていて、その武器性能の差と、新規さんでは対応できないプレイヤースキルを持っていますので、かなり酷い目にあってボコボコにされる可能性がかなりありますが、そんな目にあっても決してくじけないでください。自信がつくまではギルドなどで演習して腕を磨くということもできますからギルドの方やフレとよく相談してみてください。あと死なないことを第一に考えるのは良いことだと思いますよ。死なないことで味方への負担を減らし、尚且ついろんな攻撃を受けたり、こういう場面ではこうすれば対処できる、といったふうに身をもって感じることができ、そこからたくさんのものを吸収し、自分のスキルにしていってください -- 2010-07-15 (木) 01:56:58
  • 自分がもし新参格で『死なないことを念頭に』をおくのであれば不屈武器か丈夫武器つかいますねぇ  蛮拳と牙壁でアイテム何使うかわかりませんが -- 2010-07-15 (木) 13:03:19
  • 死なない前提なら20420でいいと思います。速攻さえ気をつければまず死なない。嫌な行動・・他の味方が殴ってる途中に蛮拳JCや、牙壁のC3で吹き飛ばしたりしなければいいと思います。 -- 2010-07-15 (木) 15:30:17
  • なるほど^^要は味方の攻撃を潰したりむやみに散らかす行為ですね。背水丈夫も考えたのですが、防御・体力両方の伸びが欲しかったことと、究極がいつも仕込めるか心配だったものでo(><)o2の方の言うとおり新参狩りの話は聞いたことがあります。不安ですが犬に噛まれたと思うしかないですね。始めたばっかでギルドも入ってないしフレンドもいないので練習の機会は限られそうです・・・あとアイテムは毛皮・・といきたいですが予算の都合上、防御か体力底上げか玉になりそうです。玉に関しては合う玉を模索しないといけませんが・・・ -- 質問者? 2010-07-15 (木) 16:01:53
  • 死ににくさと懐具合を考えるとアイテムは符水がいいと思います。玉は値が張りますよ。お金が溜まってきたら、蛮拳なら極符水や極鎮身石帯、牙壁なら風玉、氷玉を使ってみてはどうでしょう。 -- 2010-07-15 (木) 21:08:52
  • 符水がありましたね^^これまであまり使ったことなかったから忘れてました。特務ばっかやってたんで符水や無印玉ならたくさんあまってます。さすがに極玉や極鎮は余り持ってませんが。玉の代わりに蛮拳や牙壁に属性付けるのはどうでしょう?特務やってたおかげで技術値は50ほどまで上がってますからそこそこ付けられると思います。 -- 質問者? 2010-07-15 (木) 21:21:47
  • 武器属性付加は5段階つけても玉のように常に効果が発生するわけではない。5段階(特別なし)でも発生確率は30%程度なので微妙。練炭もかかるし。玉装備にして1段階だけ付加しての、属性攻撃の威力底上げなら付加する価値あり。あと符水も体力2鍛錬だと回復量かなり微妙ですよ -- 2010-07-16 (金) 13:32:59
  • 難しいもんですね^^;色々試してみる必要がありますね。少しずれてきたし、貴重な意見もたくさん頂けたので完了にしたいと思います。しばらくはアイテムを試しつつ練習します。本当にありがとうございました。 -- 質問者? 2010-07-18 (日) 14:52:21

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White