3000時間~

Last-modified: 2021-03-20 (土) 16:04:49

2500~3000時間
ポケモンリーグ挑戦~殿堂入りまで

【3008h~】

part256 日付:10/30 動画はこちら

ポケモンリーグ前から再開
21:35 戦いに行くのかと思いきや何を思い出したか
チャンピオンロードに戻る。
37:00 ハリテヤマ、ゴルバットなどとの戦闘を終え
再びチャンピオンロードを抜ける。
38:07 再びチャンピオンロードへ。
55:55 ズバットのあやしいひかりでこんらんした
w(バクーダ)ひんし。アQPO(オオスバメ)が1番手へ。
8:25:57 アQPOがゴルバットのエアカッターでひんし。
アヲユヲニ(マッスグマ)がたおす。
すょぅ(カクレオン)が1番手へ。
9:29:45 ズバットのあやしいひかりでこんらんした
すょぅがひんし。待ってましたと言わんばかりに
アヲユヲニがたおす。チキ ョた(グラエナ)が1番手へ。
10:31:26 再びチャンピオンロードを抜ける。
11:01:35 再びチャンピオンロードへ入る。
11:09:25 再びチャンピオンロードを抜ける。
11:13:35 リーグドア横に行進する。
11:33:37 選手交代。

【3019h~】

part257 日付:10/30 動画はこちら
リーグ前からスタート。この回でもリーグには入らずチャンピオンロードに突入。
デスルーラでミナモシティに飛ばされた後、121番道路を南下し、123番道路に進む。

【3034h~】

part258 日付:10/31 動画はこちら
枠開始時のメンバー:先頭順すょぅLV57/!!ェッ!60/にてて65/チキョた66/コヒヒェェ13/アヲユヲニ52
3036:06:01 ついにポケモンリーグの門を叩く!
すょぅだけ預けて、チャンピオンロードでレベル上げ!開始7時間で全滅してサイユウ北まで送られる。

【3044h~】

part259 日付:10/31 動画はこちら
最後のイベント更新「Become a champion.」

今日も今日とてチャンピオンロードでレベリング、と思いきや開始1時間で神の手によりリーグ前に戻される。
その後、遂にポケモンリーグの扉を開く・・・!
またもPCですょぅのみを預けた後リーグに入場。四天王1人目のカゲツに挑む!
最初のグラエナ アヲユヲニの波乗りで倒す!
2匹目のノクタス 良い所まで削るがニードルアームによりアヲユヲニがやられる。

フヨウ戦ではチキョたが噛み砕くで無双。しかしこの時点で生き残っていたのはアキュポス、チキョたのみであり、主は続行不可能と判断。
12時間経過による枠交替、パーティをリーグ下見用からリーグ挑戦用に変更するため、神の手でプリムに話しかけ、わざと敗北。このときよわくだき連発で誤ってオニゴーリを倒してしまい、チキョたがレベル68になってしまう。

開始時の手持ち:すょぅ57、w61、ナハハモ67、チキョた67、アキュポス70、アヲユヲニ55

【3058h~】

part260 日付:11/01 動画はこちら
四天王2戦目
チキョた、!!ェッ!の2匹のみを残してプリム戦に突入。
!!ェッ!のはなびらのまいが炸裂し、エースのトドゼルガを引きずり出せたものの、はなびらのまいで倒しきれず吹雪の返り討ちに遭い敗北。

2戦目(3058h)時のPT:アキュポス70、w61、エララママ68、エモミャム64、!!ェッ!60、チキョた68

ララ様は納得がいかなかったのか、自力で四天王3戦目に突入。
恐ろしい早さで四天王3人目プリムを撃破 、最終地点を大きく更新するも体力の少ないチキョたと相性の悪いエララママのみ。
恐ろしいほどスムーズに4人目のゲンジへ到達するも、フライゴンのタイプ「じめん」の前に破れる。

枠終盤に編成をエモミャムにててに変更して四天王4戦目を決行。
この回より四天王戦をスムーズに行うため、「主がプレイ可能なとき、最終到達点であるゲンジまでの通路移動を神の手で行い、戦闘のみを魚に任せる」というルールを追加。
!!ェッ!(毒状態)、エララママを残してプリムに挑戦するも、!!ェッ!が相性不利により、エララママが充電3積み中に倒されゲームセット。

【3069h~】

part261 日付:11/01 動画はこちら
リーグには挑戦せずレベリング回。

【3077h~】

part262 日付:11/02 動画はこちら

本回の最後(アーカイブ外)に、「ポケモンリーグ5敗ごとに手持ちポケモンの技を1個だけ変更」というルールを追加。
これによりw(単芝)のどわすれをオーバーヒートに変更。

【3090h~】

part263 日付:11/02 動画はこちら

四天王6戦目
手持ちをにててオルルョムに変更。

【3101h~】

part264 日付:11/03 動画はこちら
四天王7戦目
ゲンジ戦にて!!ェッ!単騎になり、はなびらのまいがフライゴン2匹に炸裂。ゲンジのエースであるボーマンダと初対面。
しかしはなびらのまいが相性1/4であったことから殆ど歯が立たず、火炎放射で返り討ちに遭い敗北。マンダの火炎放射は強い

チャンピオンロードでレベリングの後、自力で四天王8戦目に突入。
枠交替に伴いフヨウ戦で強制終了される。

【3113h~】

part265 日付:11/03 動画はこちら

【3125h~】

part266 日付:11/04 動画はこちら
四天王10戦目。神の手による操作はなし。

【3137h~】

part267 日付:11/04 動画はこちら
四天王11戦目
この回よりリーグ編成を!!ェッ!→エモミャムに変更。

【3148h~】

part268 日付:11/05 動画はこちら
四天王12戦目。プリム戦まで神の手による操作はなし。

1:46:15 勇気を出してカゲツとの勝負へ。
2:01:40 アQPO(オオスバメ)ひんし
2:16:35 チキ ョた(グラエナ)ひんし
2:27:12 エララママ(ライボルト)で勝利する。
2:57:50 フヨウを30分間見回してついに話しかける。
3:12:03 エララママひんし。
5:14:34 エモミャム(トドゼルガ)の活躍で勝利する。
6:18:00 フヨウの部屋に1時間滞在後、プリムの部屋へ
6:26:35 恥ずかしかったのか入口で立ち止まった後
話しかけ勝負へ。
7:56:34 オルルョム(ドククラゲ)が奮闘するもひんし
8:06:14 w(バクーダ)が出るもひんし
8:33:40 我らのエース、エモミャムで勝利する。
10:39:00 「つぎへすすみなさい」と言われるも2時間滞在
し主より手動移動し次の部屋へ。
10:39:30 ゲンジに話しかけ勝負へ。
11:53:00 期待のエモミャムもひんし。めのまえがまっくらになる

ゲンジまで進むも負けてしまった。だがエモミャムには
やはり期待できるとあらためて感じた放送回。
フヨウやプリムの部屋に滞在してたが
魅力的な女性だったのであろうか…それはむてきまる本人にしか分からないところである…。

【3160h~】

part269 日付:11/05 動画はこちら
四天王13戦目。
フヨウのヤミラミのメロメロによりオルルョムが、ジュペッタ(1匹目)のおにびによりチキョたが、ジュペッタ(2匹目)のどくどくによりエララママが破れる。
プリム戦でエモミャムのみを残し勝利するも、ゲンジ戦でふぶきを4回中3回外すという悪運を引き、フライゴンに敗北。
5連敗ごとのルールに伴い、ゲンジへの打点を増やすべくエモミャムののしかかりをアイスボールに変更後、枠内でのリーグ再戦を決行。

四天王14戦目
プリム戦開始までオルルョムのみ戦闘不能、プリムのトドグラー(1匹目)によりチキョた戦闘不能、以後4匹目までエララママが無双という理想的な流れを作るも、トドゼルガ戦で、
エララママのスパークを僅かに耐える→トドゼルガのふぶきによりこおり発動(10%)、2ターン溶けずにエララママ戦闘不能(0.75^2=56.25%)→エモミャムに交代するもアイスボールを3連続で外し(0.1^3=0.1%)→相手のトドゼルガののしかかりでまひ(30%)→1度吹雪を当てるがその後2連続でまひ発動し、エモミャム戦闘不能(0.5^2=25%)→アキュポスが辛勝(ほぼノーカット)
という、確率にすると僅か約0.00042%の負け筋を引いてしまう。*1
結局ゲンジのフライゴン(2匹目)を前にアキュポス、wが敗れ全滅。

2戦とも運に見放されて敗北という歯痒い結果に終わった。

【3171h~】

part270 日付:11/06 動画はこちら

四天王15戦目
カゲツ戦→フヨウ戦の間の通路は主不在により神の手による移動が無かったため、枠の大半をこの通路で過ごす。(フヨウ以後は主帰宅につき神の手あり)
フヨウのサマヨール(1匹目)ののろいの効果によりアキュポス戦闘不能、プリムのトドグラー(2匹目)によりオルルョム戦闘不能。
プリム戦終了後、ゲンジ戦に移ったところで枠が12時間経過による魚交代。

【3184h~】

part271(最終回) 日付:11/06 動画はこちら
四天王15戦目のゲンジ戦開幕から開始。
ゲンジのフライゴン、チルタリスによりエモミャム以外を戦闘不能にされるも、エモミャムのアイスボールによりゲンジの残りを3タテ。15戦目にして初のゲンジ突破となる。
初のダイゴ戦。ダイゴ先発のエアームドにどくどくを当てられるもエモミャムはアイスボールを5連続で当て、見事4タテ。しかしどくどくによって力尽きゲームセット。初戦にもかかわらず非常に惜しい結果となった。→切り抜き

四天王16戦目
ジュペッタのおにびによりエモミャム、アキュポスが火傷→戦闘不能。トドゼルガのふぶきによる凍りによりチキョた戦闘不能と状態異常が猛威を奮い、ゲンジ到達時点ではエララママ単騎となった。当然のごとくフライゴンに敗北。

ここで本枠でのリーグ挑戦を終了・・・と思われたその時だった。
この先は自身の目で確かめよう・・・!


3195:48:25 殿堂入り達成

殿堂入り時のPT:オルルョムLV77、チキョた72、エララママ72、アキュポス74、エモミャム73、w67

殿堂入り後、実に1600時間ぶりに再会したセンリパパからふねのチケットを貰う。久方ぶりのミシロタウンを満喫しながら自宅で放送を終えた。
またアーカイブ外(→視聴者によるアーカイブ)であったものの、終了間際に自宅のパソコンであさせのかいがらとゴールドスプレーをノホった。最後の最後までやってくれたな。

リーグ挑戦2戦目(3058h)から殿堂入り(3195h)までのLVup:アキュポス70→74、チキョた68→72、w61→67、エララママ68→72、エモミャム64→73、オルルョム70→77(2戦目控え)

枠終了前にオリジナルEDを3回流し、ファイアレッド・リーフグリーンのメインテーマと共に現れた意味ありげなTo Be Continuedの文字で幕を閉じた。

そして舞台はカントー地方へ → リーフグリーン編

その後

殿堂入り後の放送:番外編


*1 ポケモンではよくあることらしい→フロンティアクオリティ(外部サイト)