Top > イラストレーター


イラストレーター

Last-modified: 2015-02-26 (木) 19:29:35

Cristian Penas Edit

Cristian Penas
詳細レビューページへオルオルオルトロスオルオルオルトロスオルオルオルトロスオルオルオルトロスオルオルオルトロスオルオルオルトロスとか言うてんちゃうで!テュポーン先生呼んだるぞ!?
Cristian Penas
詳細レビューページへフンガー!フンガー!フンフンフンガ!フンフンフンッ!フンガー!フンガー!フンフンフンガー!フンガー!(訳:我の前に立ちはだかる敵はこの爆発するハナイキ攻撃によって粉微塵にされるだろう……というか、あれ?どこに飛んでった?)
Cristian Penas
詳細レビューページへ東方の日出ずる国より飛来した外来マテマテ。「オモチ」と呼ばれるエサを食べ過ぎて肥満気味の身体は柔らかく、驚くほど伸びる事で有名。ただ機嫌が悪くなると徐々に固くなり、そのまま放置していると割れてしまう。



モッチリとした食感が特徴で、焼いてからきな粉やバター醤油などを付けて頂くのが一般的。
Cristian Penas
詳細レビューページへ畏怖と破壊を垂れ流す

巨大な岩の塊

ゆるやかに崩れながら動くそれは

もはやゴーレムとは呼ばれなかった
Cristian Penas
詳細レビューページへケルビムはドミニオンズの上位階級を司る天使である。破壊する槍、断絶する盾、人の理を超えた天使砲……祝福されたそれらの装備から繰り出す攻撃は圧倒的な破壊力をもたらすだろう。
Cristian Penas
詳細レビューページへリリン。

リリスの娘にして、サタンの息子。

刻まれている。

望まれぬ世界に落ちた時より。

刻まれている。

この世界の始祖となる運命を。
Cristian Penas
詳細レビューページへ百年に一度だけ現れると言われているプリンの特殊個体。

三百年前に現れた時には、都市上空にいきなり出現し墜落。その街を丸ごと押しつぶした……という記録が残されている。
Cristian Penas
詳細レビューページへ其の生物を背中から割き串に刺して蒸せば獣肉とも魚肉とも違う非常に柔らかなる食感となりさらに甘辛い調味料を塗り慎重に焼き上げれば地上の物とは思えぬ旨さなり。ただし捕獲に大変な危険が伴うので注意されたし。



「砂漠美食紀行」より抜粋
Cristian Penas
詳細レビューページへ魔力によって結合されたボムの集合体。個々の自我は消滅し、ただ破壊と爆発の意志だけとなって獲物を求め続ける凶悪なモンスター。
Cristian Penas
詳細レビューページへ「えーっと、こっちが味方で、あっちが敵で……もういいやっ!全部ぶっ飛ばしちゃえ!!」
Cristian Penas
詳細レビューページへ過ぎ去りし時代

名のある二人の召喚師がいた。

召喚師達は技を競い合うかのように魔獣を異界から呼び出していたが、その魔力の影響で人としての形を維持出来なくなってゆく。



クリスタルと化した今も、召喚師達は魔獣を呼び続ける。自らが人でなくなった事も判らずに。

Cristian Penas
詳細レビューページへ緊急連絡。

異世界より超大型生命体の飛来が確認された。ドラゴンのような形状をしているが、科学者の研究によると全く異なる生命体である事が判明している。



ゼクストバイン第八派兵団からの報告
Cristian Penas
詳細レビューページへ第二次攻撃部隊による爆雷攻撃は失敗。超大型魔獣の表皮はクリスタルに覆われ、ダメージを与える事が出来ない模様。魔獣の反撃も広範囲に及び、部隊の半数が失われた。本国からの増援を至急要請せよ。



イクスダリア飛竜騎兵部隊からの戦況報告
Cristian Penas
詳細レビューページへ鳳凰の姿を見た時、神々しくも勇ましいその姿の前に人々は争いを忘れるといわれている。
Cristian Penas
詳細レビューページへ鳳凰が飛び立つ時、その徳によって強大な嵐や雷鳴すらも静まるといわれている。
Cristian Penas
詳細レビューページへその焔は不滅なり。それが力尽きる時、炎はより強く吹き荒れる業火となって舞い上がる。
Cristian Penas
詳細レビューページへ暗黒の霧夜。

今宵は忘れられた者達が人の皮を破り捨てて、王国に叛旗を翻す。

王国の門番は微笑みながら正体を顕にし、客人を招き入れる。

その数は千とも万とも。すべての不満を怒りに変えて、彼らは反逆を開始した。
Cristian Penas
詳細レビューページへその名は「神の毒」の意味を持つ。

その毒に気付いた時、それはもう手遅れだろう。
Cristian Penas
詳細レビューページへこっ、こないで下さい!

私には強い氷モンスターさんたちがいるんですからね!
Cristian Penas
詳細レビューページへ闇の中で何かが蠢いている?

気づいた時にはもう遅く、おびただしい数のクモで埋め尽くされるのみ。
Cristian Penas
詳細レビューページへ期は満ちた、さあ国取りを始めようぞ!
Cristian Penas
詳細レビューページへ「今日はとても良い日だね。ボクの式神達もはしゃいでいるよ。ただ、少しお腹が空いているのかな?」
Cristian Penas
詳細レビューページへ彼の守りは大地の様に堅い。その軍を攻め落とす事は容易なことではないだろう。
Cristian Penas
詳細レビューページへ物語を紡ぎましょう。

貴方の運命という物語を。
Cristian Penas
詳細レビューページへ賢人の屍霊は釣りをする。

その時がくると信じ、釣りをする。

己が何時からこうしているのか思い出せないまま。

もはや、それは夢にも似ていた。
Cristian Penas
詳細レビューページへ闇に浮かびあがる朽ちた船団。

それは大航海時代の亡霊であった。
Cristian Penas
詳細レビューページへ山脈かと思わせるような巨大な岩石の塊、それがドラゴン・ブラディアスである。巨大な身体には森や滝なども確認され、何百種類という生物が観測されている。数百年周期で眠るという特殊な生態故に背中に都市が作られてしまう事もあると言われている。
Cristian Penas
詳細レビューページへ「あれは、本当に恐ろしいドラゴンです。討伐に向かった我が部隊は全滅……いえ、命を落としてはいません。生きたままヤツの表面に取り込まれてしまったんです。私は今でも聞こえるんです。同胞の苦悶の叫びが……」 --白薔薇騎士団査問会議事録より抜粋
Cristian Penas
詳細レビューページへグチャゴルグリモシュベチュゲルジュバーガグチ生ュゲシュプリガント命シュゲロ贄グナムシラジュール死ゲムデバギョゲゲルガガ生ジュールイガームィゲ人ァゲプリデュジューガィビャーボルアジュラタナードディゲィジュル殺ベドグデジュージャガガジュマニンゲンジュガコールダフィア懺ルジュガリア。
Cristian Penas
詳細レビューページへ侮るなかれ

それは偉大なる領袖であり

空知らぬ者達の王

断罪の剣の前に立つ者には

祝福の死がもたらされるであろう



~ダリア預言書の第十九節より~
Cristian Penas
詳細レビューページへ審判の日、来たれり

空と地と海の全てに神の怒りを伝える為に

容赦もなく 慈悲もなく

全ての生命に罪を贖わせる為に



~ダリア預言書の第四節より~
Cristian Penas
詳細レビューページへ奏でり 奏でり

我ら、ガンダルヴァ奏楽神団

踊れり 踊れり

彼の地より舞い降りし旋律

歌えり 歌えり

この世界の終焉を迎えるその日まで
Cristian Penas
詳細レビューページへ断罪の日、崩壊せり

時を止め 汚れた神域を無に帰す為に

悪意と善意の区別なく

遍く生命の未来を閉ざす為に



~ダリア預言書の第五節より~
Cristian Penas
詳細レビューページへその竜は原初の聖光

全ての生命に等しく慈愛をもたらすと同時に

終わりの契約の始まりとならん



~ダリア預言書の第百一節より~
Cristian Penas
File not found: "40022(5).png" at page "card_image/l"[添付]その竜は終末の黒闇

全ての生命に等しく死をもたらすと同時に

次なる世界への鍵へとならん



~ダリア預言書の第百二十四節より~
Cristian Penas
詳細レビューページへそれは物質であり

それは啓示であり

それは災厄であり

それは神であり

それは全てである



~ダリア預言書の第二十節より~
Cristian Penas
詳細レビューページへ炎の人竜が舞降りし地

九の夜 地が震え

九十九の夜 炎が舞い上がり

九百九十九の夜

人の戻れぬ地になるだろう



~ダリア預言書の第七十節より~

Cristian Penas
詳細レビューページへ赤き牙 轟炎の角

破滅を彩る紅蓮の焔

竜の翼をまといて

此の地に降り立たん



~ダリア預言書の第一節より~
Cristian Penas
詳細レビューページへ深き刃 蒼き槍

終焉をもたらす氷の風

竜の翼をまといて

彼の空に舞い降りん



~ダリア預言書の第零節より~
Cristian Penas
詳細レビューページへ黒き杖 猛き雷

絶命を招来する甘き音

竜の翼をまといて

隠夜を照らし尽くさん



~ダリア預言書の第二節より~
Cristian Penas
詳細レビューページへ世界は引き裂かれる

大地が裂け数多の生命が飲み込まれる



~ダリア預言書の第百三十九節より~
Cristian Penas
詳細レビューページへそれは異なる世に存在する

それは異なる時を刻む

この世の法則すらも受け付けず

永久に在り続ける



~ダリア預言書の第四十三節より~
Cristian Penas
詳細レビューページへ赤き瞳 流星のごとく夜を切り裂き

その槍 豪雷のごとく闇を切り裂く

天を駆ける黒き翼 覇者とならん



~ダリア預言書の第五十七節より~
Cristian Penas
詳細レビューページへ霊峰に眠りし巨巌の番人

その目覚めは天地を揺るがし

救いと破滅の力へと導かん



~ダリア預言書の第二十八節より~
Cristian Penas
詳細レビューページへ黄昏の時を終焉へ導く戦士

その竜翼に陽光とも思しき尖雷をまといて叢雲より降臨せり



~ダリア預言書の第八十六節より~
Cristian Penas
詳細レビューページへ生命の息吹を滅却する竜

破滅の業火をまといて

天地を終焉へ導かん



~ダリア預言書の第百四十二節より~
Cristian Penas
詳細レビューページへ雲海の中に棲むと言われるエンシェント・バードの生態は謎めいており、一部の学会員からは存在自体を疑う声も上がっている。ただ二百年前の記録によると都市が一つ消滅したとも言われており、災害対策面から研究の必要性があると考えられている。



鳥類研究学会 十六月学会報より
Cristian Penas
詳細レビューページへ魔刃の姿現れし刻

全ての魂は摘み取られる

魔刃の風舞いし刻

全ての命は擂り潰される

そして魔刃は顕現し賜う

全てを奪われた喪失の地
Cristian Penas
詳細レビューページへ「あーっはっはっは!ここも中々に面白き世ではないか。ゆくぞ!松風!」
Cristian Penas
詳細レビューページへウン!ボボルカウ!イコ!アレマンモス!コレ!クルチカベツラ!アンホアンホ!クルカリコロ!シツラコーン!ガガ!アンホアンホ!ビイエイスワネ!フラリンパ!ウリンパ!マンツエルイア!ウンイルアテド!アンホアンホ!



訳 「あのマンモス、マジやべぇ」
Cristian Penas
詳細レビューページへ炎系最凶のモンスター「イフリート」が、武器を持ってさらに強化。捻れるように編まれた剣からは炎が螺旋を描きながら攻撃の機会を伺っている。
Cristian Penas
詳細レビューページへこの槍で魂を貫けばどんな敵をもその動きを止める。人間の為に戦うのは本意ではないが、余興だと思って舞ってやるからそこで座って見てるがいい。
Cristian Penas
詳細レビューページへ雷の支配者ラムウ。

強化された肉体で両手に持った双剣を操るウォリアー・モードは、魔法雷撃のみならず物理攻撃に於いても強力な攻撃力を有する。
Cristian Penas
詳細レビューページへあぱぱぱぱっ!

みんな弱い!弱すぎる!

っていうか!

あたし強い!強すぎる!!

あぱぱぱぱっ!
Cristian Penas
詳細レビューページへ「あいつらはとんでもないイタズラっ子だ!燃えそうなモノがあると見境無く燃やしちまう。夕べなんて一晩でこの街を全部灰に変えやがったんだぜ。イタズラにも程があるだろ?」
Cristian Penas
詳細レビューページへ女性の姿をした黒魔法使い。他のモンスターへと変化する能力があるが、美しい見た目とは裏腹に「殴って奪う」という乱暴な方法で能力を吸収する。
Cristian Penas
詳細レビューページへアフラ・マズダーに善悪の区別はない。ただ全てを超越した存在としてそこに在るだけである。
Cristian Penas
詳細レビューページへ彼女は何も語らない。

彼女は群れに属さない。

彼女の言葉は呪いの言葉であり、彼女は自分が不吉な存在であると理解しているからだ。
Cristian Penas
詳細レビューページへ戦場では彼の操る軍に出会わない事を祈る事だ。もし戦場で出会ったなら……懺悔する時間くらいはあるかもしれない。
Cristian Penas
詳細レビューページへ咆哮と共に現れるその獣は、虎のようでもあり、人間のようでもある。

不幸にも鬱蒼とした森に迷い、その野獣に遭遇してしまった者が、力を持たぬ弱者であれば獣は見逃すだろう。

だが、もし力を持つ強者であれば、獣は牙をむき襲いかかる。
Cristian Penas
詳細レビューページへやたらとかわいいヤツが近づいてくるな~と思ったんですよ。それでね、なでてやろうと思ったんですよ。そしたらね、目だと思ってたところが口だったんですよ。結局、腕を食い千切られちゃったんですよ。
Cristian Penas
詳細レビューページへヒイイイイハアアアアアッ!

オレ達は天空のシハイシャ!

その証拠に空飛ぶ奴らにイタズラしまくってやるんだぜ!



ところで「シハイシャ」って……なんだ?
Cristian Penas
詳細レビューページへゴーレム スベテ 凍ラセル
Cristian Penas
詳細レビューページへ転生前のドラゴンの精霊と言われているマテマテ種。その中でも「ゴールドマテマテ」は稀少で、捕獲数が極端に少ない。霧のように消えたという目撃例も報告されており、その生態は謎に包まれている。



乳製品を思わせる濃厚な味と得も言われぬ香りが特徴。
Cristian Penas
詳細レビューページへヒイイイイハアアアアアッ!

オレ達は天空のシハイシャ!

その証拠に空飛ぶ奴らにイタズラしまくってやるんだぜ!



ところで「シハイシャ」って……なんだ?
Cristian Penas
詳細レビューページへやたらとかわいいヤツが近づいてくるな~と思ったんですよ。それでね、なでてやろうと思ったんですよ。そしたらね、目だと思ってたところが口だったんですよ。結局、腕を食い千切られちゃったんですよ。
Cristian Penas
詳細レビューページへ恋する二人の前に突然現れると言われている伝説の《マテマテ》。通常は天界で美しい調べを奏でているが、恋人達が醸し出す愛のエネルギーに応じてその姿を下界に顕現させる事が出来る。類似種に《ギリマテマテ》がいる。



本気をアピールする為にカカオ含有量は多めで、ビターなテイスト。
Cristian Penas
詳細レビューページへ善悪二大原理の悪を司る神。

全ての善は、アンラ・マンユの爪にその身を引き裂かれ、ただ朽ちてゆくのみである。
Cristian Penas
詳細レビューページへ善悪二大原理の善を司る神。

全ての悪は、スプンタ・マンユの剣の前に存在を許されず、ただ消滅するのみである。
Cristian Penas
詳細レビューページへ稲妻と共に降臨した蛇神。

脱皮し、強大な力を得、

やがては天を切り裂く竜となる。

まさに烈雷そのものなり。
Cristian Penas
詳細レビューページへマテマテ種の中ではもっともすばしっこいと言われている「シルバーマテマテ」。平原を中心に生息しているが、眠っている時ですら走っているので捕獲が大変に難しい。



酸味の中にピリリとした辛味があるのが特徴。
Cristian Penas
詳細レビューページへマテマテ種マテマテ科マテマテ類に属するもっとも代表的なモンスター「マテマテ」。

ドラグニカ大陸全域に生息しており、人への警戒心も薄い為簡単に捕獲が出来る。



味は薄い塩味で食べ飽きないと評判。
Cristian Penas
詳細レビューページへクリスマスシーズンにだけ現れる稀少なマテマテ種。貴族達のパーティに饗される事が多い。毎年シーズンになると特別のハンター部隊が編成されるが、その半数以上が返り討ちにされるほどの非常に凶暴なマテマテである。



死ぬほど甘いのにサッパリしているという謎の味わいで女子に大人気なテイスト。
Cristian Penas
詳細レビューページへ「誰にでも好かれたい」という思念が地獄界で怨霊と化した《マテマテ》。虚構の愛をまき散らして人々を混乱させる。類似種の《ラブマテマテ》とは目の輝きや溶けかけた身体などが違うが、恋愛の達人で無い限り見極める事は難しい。



誰にでも好かれる為にカカオ含有量は少なめで、スウィートなテイスト。

EDA Edit

EDA
詳細レビューページへ英雄ペルセウスがメドゥーサの首を切り落とした時、したたり落ちた血から生まれた有翼の馬ペガサス。天を駆けるその姿を見た者には長寿と幸運が舞い降りると言われている。
EDA
詳細レビューページへ英雄ペルセウスがメドゥーサの首を切り落とした時、したたり落ちた血から生まれた有翼の馬ペガサス。天を駆けるその姿を見た者には長寿と幸運が舞い降りると言われている。

GTN!-hos Edit

GTN!-hos
詳細レビューページへハッハッハー!よく来た!雷の神にして北欧神話最強のトールの妹、トール・シスターとは私の事だ!見るがいい!この極寒の地で燃え上がるように張り詰めたこの筋肉を!あまりのセクシーさに雪山が灼熱の火山へと変貌を遂げるようだぞ!
GTN!-hos
詳細レビューページへ通りゃんせ 通りゃんせ

無知なる故に 訪れる旅人よ

見りゃんせ 見りゃんせ

滅びの歌の 狐を見りゃんせ

通りゃんせ 通りゃんせ

九つの尾の 彼岸をこえて
GTN!-hos
詳細レビューページへハッハッハー!北欧神話最強の祭、トール・カーニバルとは私達の事だ!

見よ!筋肉の暴風が吹き荒れる様を!存分に楽しむがいいッ!
GTN!-hos
詳細レビューページへハッハッハー!よく来た!雷の神にして北欧神話最強のトールの進化形態ハイパートールとは私の事だ!見るがいい!山を割り空を突き破らんばかりの威容を!質だけでなく量まで圧倒的になった私に逆らう愚か者はいないかあっ!?
GTN!-hos
詳細レビューページへそれは不吉な存在。

悪い事は言わない。黒猫が目の前を横切ったのなら、一旦出直してきなさい。
GTN!-hos
詳細レビューページへクルクル~。

キミについてくクル~。
GTN!-hos
詳細レビューページへ「トリックオアトリート!おいしいお菓子をたっくさんくれなきゃ、イタズラしちゃうよー!」



「ふふっ、この子のイタズラ魔法はすぐ暴走しちゃうから気をつけてね?トリックオアトリート!」
GTN!-hos
詳細レビューページへとおせんぼ とおせんぼ

とおりたければ おいていけ

きれいなきもの おいしいおかし

まっかなもみじ 命のともしび

おいていったら とおりゃんせ
GTN!-hos
詳細レビューページへ同志たちよ

夜明けまで酒を飲もう

兄弟たちよ

夜明けまで高らかに歌おう

戦友たちよ

情熱的に燃える火を囲もう

同胞たちよ

立ちはだかる敵を焼き尽くそう
GTN!-hos
詳細レビューページへ炎の魔神イフリータの祝祭特化型。贈物を携え、一年間良い子にしていた者の前に出現する。なお、贈物は非常に発火性が高いため、取扱いには十分注意したい。
GTN!-hos
詳細レビューページへ妄執に捕らわれた牙獣は、世の血肉を求め続けた。
GTN!-hos
詳細レビューページへ地獄の大公爵の一人であり、40の魔族軍団を率いる司令官アシュタロト。

元々天使だったアシュタロトはその絶望と憎悪から堕天し、魔界に沈んでいった。

体からは有毒なガスが流れ、近づいた者は一瞬にしてその命を刈り取られる。
GTN!-hos
詳細レビューページへボクは王様。ネコの王様だよ。

え?ネコが何で言葉を喋れるかって?んふふふふ~人間はいつも自分が一番アタマが良いって思ってる不思議なイキモノだよね。高度な言語体系を持つ種族は他にもいるっていうの……あっ!お魚だ!ボクにもちょーだーい!(くわえて逃げ出した)
GTN!-hos
詳細レビューページへ優しさと孤独を纏い

月影の情欲に忍び込む。

甘い愛の言の葉は

砕かれた理性を踏みしだく。
GTN!-hos
詳細レビューページへあのさー、このフワフワのコート可愛いでしょ。この冬の新作なんだけど!えへへ……汚さないように気をつけてるんだよ?相手を凍結すれば返り血とかで汚れたりしないからね!……



あれっ?聞いてる?効いてる?

もう凍っちゃったの?おーい!
GTN!-hos
詳細レビューページへこちらフェアリー・ガンナー。

命令を了解した。

敵部隊に向け一斉飽和攻撃を開始する。
GTN!-hos
詳細レビューページへ「どう?お願いした?」

「うん、お願いした」

「じゃあ、祈りましょう」

「ええ、歌いましょう」

「彼等が楽しく踊り続けるように」

「彼等が死に至るまで」
GTN!-hos
詳細レビューページへああ、珍しいサイクロプスを見たんだ。

なんていうか、女みたいな体つきだったな……い、いや。そんなに好みって訳じゃないぜ。でもまあ向こうさんから来てくれるんだったらちょっと相手してやってもいいかな。
GTN!-hos
詳細レビューページへ連絡。



クソ野郎共!敵シルフ部隊の中に回復を司る個体がいるようだ。放置しておくといつまでも敵を殲滅出来ねぇから、見つけ次第ぶっつぶせ!親愛なるアン王女の為に乾杯!



デアランド竜騎兵部隊内達
GTN!-hos
詳細レビューページへ異世界より来訪する機械型モンスター。様々なタイプが存在するが、その中でも「Proto-Alpha」は内部に燃料を蓄える事で炎を操る事を可能にしたモデルである。
GTN!-hos
詳細レビューページへ「イチ、ニノ、サン!」

「イチ、ニノ、サン!」



「イチ、ニノ……サン!!」
GTN!-hos
詳細レビューページへ主の遣わした龍人、神聖なる守護者カンヘルよ。

その祝福されし力、世の安寧と永久の繁栄をもたらさん。

願わくば此の国を守り給え。
GTN!-hos
詳細レビューページへ死ヲ捧ゲ!

我ガ冥界ノ呪力得タクバ

貴様ノ死モ捧ゲ!
GTN!-hos
詳細レビューページへ熱く燃えさかる鎖から自らを解き放った猛狼は、鎖のみならず、あらゆるものを噛み砕き、滅ぼし溶かす。
GTN!-hos
詳細レビューページへあはっ!

アタシのホントの姿見せてあげる!
GTN!-hos
詳細レビューページへここらじゃ見かけねえ子だったべ。

地主さんのお屋敷から出てきて、すーっと消えていったのを、おら見たんだ。

しかもその晩、あのお屋敷は雷さ落ちて、みぃんな死んじまったっていうんだからよぉ……。
GTN!-hos
詳細レビューページへガブリエルは優雅な物腰と透き通る声が特徴的な四大天使の一人である。歌う事が好きでその「音」によって周囲の仲間に力を分け与える能力を持っている。

どんなに傷ついた兵士達でもガブリエルの号令の下であれば勇敢に戦い続けるだろう。たとえその生命が終わろうとも。
GTN!-hos
詳細レビューページへガブリエルは優雅な物腰と透き通る声が特徴的な四大天使の一人である。歌う事が好きでその「音」によって周囲の仲間に力を分け与える能力を持っている。

どんなに傷ついた兵士達でもガブリエルの号令の下であれば勇敢に戦い続けるだろう。たとえその生命が終わろうとも。
GTN!-hos
詳細レビューページへハッハッハー!よく来た!雷の神にして北欧神話最強のトールとは私の事だ!見るがいい!この鍛え抜かれた筋肉!雷撃が身体を伝うこのセクシーな様を見て悶絶しなかった者はいないぞ!
GTN!-hos
詳細レビューページへとおるよ とおるよ

なにも知らない たびびととおるよ

みえるよ みえるよ

うつろな姿の きつねがみえるよ

きえるよ きえるよ

命のともしび いまにもきえるよ
GTN!-hos
詳細レビューページへウフフフフッ!いけすかないネコからお魚を奪って駆け出すぜ!なんといってもお魚は鮮度が命。ナマのままパクリといきたいからねっ!(真っ黒に焦がしながら走り去る)
GTN!-hos
詳細レビューページへ調律せん!

我が槍、凶事を鎮め

秩序たる光をもたらさん!
GTN!-hos
詳細レビューページへ貴殿の流した血は我輩の力の糧となる故、いささか不公平である。

だが、我輩はヴァンパイアであると同時にナイトでもあり、騎士道精神に満ちている。

公平に決闘を行うため、我輩は半分の力で闘おうではないか。
GTN!-hos
詳細レビューページへジブリールは明るく朗らかな声と、分け隔てのない慈しみで周囲の仲間を癒し励まし、勝利へと導く大天使である。

如何に劣勢の戦いであろうと、ジブリールの庇護があれば決して敗れることはないのだ。
GTN!-hos
詳細レビューページへ何故……見てしまったのじゃ?

わらわの真の姿を見てもなお、愛しているなどとは言えまい?
GTN!-hos
詳細レビューページへあら、そう。貴男なら大丈夫なの?じゃあ、一つお願いがあるんだけれど。



さっきの男みたいに

すぐに逝ってしまわないでね。
GTN!-hos
詳細レビューページへ闇と恐怖を司る「シェイド」は大変興味深い精霊だ。思念体として高濃度に凝縮された負の精神エネルギーを放出するのだが、知性らしきものは殆ど観測報告が無い。マイナス方向への膨大な魔力に何か秘密があるようなのだが……

/自害した精霊研究者の日記より抜粋

GTN!-hos
詳細レビューページへ光子の集積体である「ウィル・オ・ウィスプ」は、精霊というより魔法攻撃弾そのものに近い存在である。そのエネルギー濃度の高さから兵器などへの転用も十分に考えられ、我が国でも捕獲・研究が必要不可欠であると進言する。

/王立魔道研究所所長からの書簡

Gosieniecki Rafal Edit

Gosieniecki Rafal
詳細レビューページへあれは恐ろしいモンスターです。凶悪な表情のドラグーンは、その身体から信じられないような悪臭を放ち、その身体からは恐ろしげな棘を生やし、その先端には……もう私の口からはこれ以上言えません!……恐ろしい……本当に恐ろしい!
Gosieniecki Rafal
詳細レビューページへ我 戦ウ為ニ 生マレシ 竜

此ノ地ニ 生キル者 全テヲ屠ルマデ

牙ヲ 突キ立テ 続ケル者 ナリ
Gosieniecki Rafal
詳細レビューページへウンディーネは水を司る精霊である。

水から生まれ、水に還る彼女達には魂魄が存在しない。ただし人間に恋をすることで魂が宿ると言われている。基本的に非好戦的で穏やかな性格だが、その逆鱗に触れてしまうと呪いをかけて死に至らしめる。

ILCA,Inc. Edit

ILCA,Inc.
File not found: "40010(5).png" at page "card_image/l"[添付]遙か西の山頂から不死鳥は顕現す

その風、千里を越えて吹き荒れ

その声、万里を越えて割れ響き

その焔、天地を焼き尽くさん



~ダリア預言書の第二十三節より~
ILCA,Inc.
詳細レビューページへ母なる水を支配する竜は

三千大千世界に届く声を発し

大いなる渦と共に

抗う者を呑み尽くす



~ダリア預言書の第十節より~

akio Edit

akio
詳細レビューページへうつくちくね

やさしーくね

このちべたいゆびでね

ぜんぶこおらせるよ~
akio
詳細レビューページへ同胞を奪われ

安住の地を汚され

狂乱の意識に堕ちた獣は

何を見るのだろうか?
akio
詳細レビューページへもはや名は要らぬ。

ただ己が英雄であるがため。

それが骸の英雄でも。
akio
詳細レビューページへおお、豪風に引き裂かれ散り飛ぶ人間風情のなんと卑小で愚かしく、可愛らしいことよ……せめてもの慰みに、この風神王が皆もろともに吹き飛ばしてやろう!!
akio
詳細レビューページへ控えい!人間風情が、我が雷雲の下にうじゃうじゃと!さっさと散れい!ええい、去らぬと申すならばこの雷神王が消し飛ばしてやるわ!!
akio
詳細レビューページへオォォォォォォォォォォォォン
akio
詳細レビューページへ彼は応える

四方神を率いし獣

拾六方魔の力を奪い

蓬莱と現世の理を崩す

人 その前に亡く

神 その後に無く



~ダリア預言書の第十三節より~
akio
詳細レビューページへ燃えさかる影 飛び来たりて

豪炎が城を飲み尽くす

絶望と呼ばれし赤き夜は明けぬ



~ダリア預言書の第三十九節より~
akio
詳細レビューページへ魂魄の起源を絶つ竜

氷の貫槍まといて

溟海を終焉へ導かん



~ダリア預言書の第百四十節より~
akio
詳細レビューページへ九頭の巨蛇 毒霧まといて

幾度その首薙ぎ払えど限りなし

討たば英雄の証左とならん



~ダリア預言書の第五十九節より~
akio
詳細レビューページへ我は問う

貴公の強靱なる肉がこの暴虐の嵐に耐えられるのかを
akio
詳細レビューページへ我は問う

貴公の深淵なる牙がこの剛壁の盾を打ち破れるのかを
akio
詳細レビューページへ我は問う

貴公の清廉なる魂がこの灼熱の試練に耐えられるのかを
akio
詳細レビューページへ我は問う

貴公の静寂たる心がこの神鳴の波に揺り動かさぬのかを
akio
詳細レビューページへぼくたち

ふわっふわだよ~

すっごく ふわっふわだよ~

さわったら しぬよ~
akio
詳細レビューページへ巨人と人間の娘の間に生まれたネフィリム達は生まれるとすぐにお互いを殺し合い、共食いを始めた。

最後に残った一匹だけを最強のネフィリムとして後世に残す為に。
akio
詳細レビューページへその牙は神をも滅ぼす。圧倒的な力を前に、人は恐れることすら忘れてしまう。
akio
詳細レビューページへ強靭な肉体に、強固な鎧を身につける。このモンスターを討ち倒すのは容易なことではないだろう。
akio
詳細レビューページへ人々はその巨人が何を探しさまよっているのかを知らない。

ただ重い地響きだけがこだまする。
akio
詳細レビューページへ戦いの果てに肉は朽ち、骨のみとなった竜はなお戦い続ける。

自らの墓所へ、すべてを道連れにするために。
akio
詳細レビューページへ混沌ヲ呼ブ人竜

奈落ノ虚ヨリ出現セリ

生命ニ終ワリヲ告ゲル為
akio
詳細レビューページへ「ウサギは寂しいと死ぬんじゃないのか!?ビーム撃つなんて聞いたことねぇよ!」
akio
詳細レビューページへゴブリン 魔法 ツカウ!

ゴブリン 命 ヨミガエル!

ゴブリン 世界 支配スル!
akio
詳細レビューページへ「測位完了!距離ヨシ!方向ヨシ!」

「着火準備 ヨシ!」

「砲弾準備……ヨシ!」

ataboh Edit

ataboh
詳細レビューページへ東方より現れし異形の神

金猿の顔 青狸の躯

黄虎の脚 銀蛇の尾

獣達が饗宴奏でし魔の遣いが

今この夜を終わらせん



~ダリア預言書の第六十節より~
ataboh
詳細レビューページへ古の巨神タイタン。その体躯が一度動けば雲は薙ぎ払われ、踏み出す足は激しく地を割り裂く。同じタイタン族の骨から組み上げられた槍を持っているのは、それ以外にタイタンの武器になるような素材が存在しないからだ。
ataboh
詳細レビューページへその神翼白く清らかに。

その神声遠く美しく。

その神尾長く永遠に。

その神光全てを滅する。



/13枚目の石板に刻まれていた聖文より
ataboh
詳細レビューページへ日出づる大和国より訪れし八咫烏。

その翼は万里を駆け抜け、

天を破り、地を焦がし、人を滅する。
ataboh
詳細レビューページへフレイムジャイアントは失敗作だった。

完全なる魔神になりそこねた出来損ないの泥人形。

自らを生み出した人間達の街を、怨嗟の炎で焼きながら歩き続ける化物。その目には涙のような溶岩以外は何も映らなかった。
ataboh
詳細レビューページへ丸い形のトロール・ボール。

ふんわり毛並みのトロール・ボール。

お花が咲いているトロールボール。

ポヨンポヨンとしたトロール・ボール。

トロール・ボールは森のマスコット。

でも気をつけた方がいい。

沢山集まると実は恐ろしいから。
ataboh
詳細レビューページへ心が渇くのだ。

人間の村を襲っても、

群れを成すオーガを殺しても、

赤い竜を屠っても、

何も満たされない。

だから斧を振り続ける。

誰かが我を倒す、その日まで。

danciao Edit

danciao
詳細レビューページへリリー。

満月の夜、深い森の奥より現れ、強奪の限りを尽くす。

その暴神につれさられた娘の名で呼ばれ、恐れられている。

tosh Edit

tosh
詳細レビューページへ雷撃に特化した進化を遂げたアレクサンダー。体内に持つ2つの雷撃生成器官によって複数回数の攻撃を繰り出す事が出来るようになった。

あかかった Edit

あかかった
詳細レビューページへあの水辺には近づかない方がいい。

オラのオジイも、オバアも、オットウも、オッカアも引きずり込まれたまま戻ってこねえ。あそこには何か恐ろしいモノがいるにちげぇねえよ……
あかかった
詳細レビューページへ六枚の羽を持つルキフェル。清廉なる彼の魂は天使すらも許容できなくなっていった。堕天使となり自らの業に苛まれながら、それでもなお、己が征く道を信じて戦い続ける彼の翼は、未だなお白く光輝き続ける。
あかかった
詳細レビューページへ嗚呼その采配の甘き毒よ

君臨する王姫にひざまずく喜悦よ

煌めく不滅の帝国は永遠なり
あかかった
詳細レビューページへ死者の川アケロンの渡し人。

獣皮を縫い合わせた小舟で魂を彼岸へと運ぶ。どんな金持ちも、どんな貧乏人も、渡し賃はオボロス銅貨一枚となっている。
あかかった
詳細レビューページへあはははっ……ボクを怒らせない方がイイと思うんだけど?というか、もう生きて帰すつもりも無いんだけど。
あかかった
詳細レビューページへ武装強化され再び戦乱の地に舞い降りたスレイプニール。

装甲には呪文が描かれ、魔の槍を持って敵を打ち砕く。
あかかった
詳細レビューページへ八千ノ風ヲ切リ

八万ノ魔ヲ斬ル神霊

光ト雷ノ先ニ届ク刃

其ノ速サ雲耀ニ至ル
あかかった
詳細レビューページへ「業火の獣」と恐れられる凶悪なモンスター。

個体によって攻撃方法や特性が異なり、爪や鞭、剣などで人を襲う。ただし一貫して炎を操るという特性を持っており、その体内に宿した業火は死後も42日間消えずに燃え続けると言われている。
あかかった
詳細レビューページへ私がプラエトル……世の秩序と調和を司りし者なり。

この地に私の鋭目の届かぬものは無く、如何に逃げ隠れしようとも無駄である。

いとうのいぢ Edit

いとうのいぢ
詳細レビューページへ

おきの Edit

おきの
詳細レビューページへうん、そうだよ。迷子になったボクを案内してくれたのはちっちゃなおじちゃんだったよ。かわいいランプとカバンを持っていてしんせつに森の出口まで案内してくれたんだ。それに、途中で出会ったモンスターをバンバン倒したりしてすごく強かったよ。ボク、びっくりしちゃった!
おきの
詳細レビューページへうん、そうだよ。迷子になったボクを案内してくれたのはちっちゃなおじちゃんだったよ。かわいいランプとカバンを持っていてしんせつに森の出口まで案内してくれたんだ。それに、途中で出会ったモンスターをバンバン倒したりしてすごく強かったよ。ボク、びっくりしちゃった!

たこっと Edit

たこっと
詳細レビューページへ我を忘れ、ファハンは激昂した。

炎の海に命の気配は皆途絶える。

ファハンはその哀しみすら既に忘れてしまった。
たこっと
詳細レビューページへ「もう私の精神は耐えられないだろう。まだ生きているうちに、ヴァンパイア・インフィニティの製造方法を記そうと思う。満月の深   夜   に四人    の吸血鬼     印の    魔 鏡   で禁      断の 呪    を」



壊滅した街の役場に残されたメモ書きより
たこっと
詳細レビューページへ属性反転魔法がかけられたサラマンダー。普段は洞窟の奥に隠れているが、戦いの際には背中の氷塊を一斉に撃ち出して敵を殲滅する。
たこっと
詳細レビューページへその獣の生態は謎に包まれている。常に高温の炎を身にまとい、近づく事すらできないのだ。
たこっと
詳細レビューページへマッドオニオンは最強の装備を手に入れた。
たこっと
詳細レビューページへその獣は自らの意思で考える事をやめた。

ねじ太 Edit

ねじ太
詳細レビューページへ近年観測されたボムの小型種。

暗い場所を好み、ダンジョンなどに生息している。小さい為に油断しがちだが、命をなげうった爆発攻撃は侮れない。
ねじ太
詳細レビューページへパンプティエッグ 壁に座ってたら

パンプティエッグ 勢いよく落っこちた

王様の家来や馬でも

世界は元に戻せない
ねじ太
詳細レビューページへ「なんだっ!今の戦い方は。まるでなっとらんぞ!貴様の故郷はどうだったか知らないが、このドラグニカ大陸では2秒と生きてられぬわ。性根をイチから叩き直して……ちょ、どこに行く。ちゃんと話は最後まで聞けっ!待て!待て!待って下さい!」
ねじ太
詳細レビューページへ誠の一字が燃えたぎる!

轟き吼える其の名は歳三!
ねじ太
詳細レビューページへようく耳を澄ませてごらん。

ほれ、聴こえるじゃろう?

いやいや、風の音ではないよ。

精霊たちが集まってきたのじゃ。
ねじ太
詳細レビューページへ人ヨ

モハヤ許サレタ刻ハ終ワッタ

イマヨリ主天使ニヨル

最後ノ審判ガクダサレヨウ

イシバシヨウスケ Edit

イシバシヨウスケ
詳細レビューページへ羊と魚の中間の姿をしたカプリコーンは元々は羊飼いの守り神だった。昔、巨大な災厄が訪れた時に川に逃げ込む人々を救おうとしてこのような姿になったのだ。その目には今でも人を愛する光が宿っている。
イシバシヨウスケ
詳細レビューページへ羊と魚の中間の姿をしたカプリコーンは元々は羊飼いの守り神だった。昔、巨大な災厄が訪れた時に川に逃げ込む人々を救おうとしてこのような姿になったのだ。その目には今でも人を愛する光が宿っている。

イトウヨウイチ Edit

イトウヨウイチ
詳細レビューページへアレに触れてはならない。

ハデスの場所に棲むモノだから。

アレに話しかけてはならない。

黄泉比良坂を越えて人の世に現れるから。
イトウヨウイチ
詳細レビューページへ「食い物を置いていくでござる!」

「金を置いていくでござる!」

「ついでに命も置いていくでござる!」
イトウヨウイチ
詳細レビューページへもはやモンスターと呼ぶのに違和感がある程に巨大な召喚獣。全身に城のようなディティールを持ち、巨大な噴射塔で浮遊する事も可能。「聖なる審判」と呼ばれる攻撃形態を持つが、どのような物かを知るものはいない。それを見たものは誰も生き延びることは出来ないからだ。
イトウヨウイチ
詳細レビューページへ我、怒らん。

沸き上がる憤怒の感情を筋肉に伝え、

持て余す憎悪の呪いを爪に託し、

汝等を死へと誘う、暴力の嵐とならん。
イトウヨウイチ
詳細レビューページへライチュウ(雷虫)とは、ゲンジュウ目ライチュウ科に属する強い放電攻撃を行う虫。幼虫は1cm程度の小さな虫に過ぎないが、成虫になると固い外殻に包まれ大きいモノになると10mを超えるサイズになる。雷耐性の無いモンスターなどを捕食する。
イトウヨウイチ
詳細レビューページへキリキリキリキリ

水の中から声がする。

キリキリキリキリ

それは獲物を噛み砕く音。

キリキリキリキリ

それは呪われた精霊の笑い声。
イトウヨウイチ
詳細レビューページへノーム種族は温和で人と友好的な関係にある。ただし、一部には我々のそうしたイメージに反する行動をする個体もいるようだ。今回の探索ではそうしたノームと出会える事を楽しみにしている。



辺境生物研究家の日記より
イトウヨウイチ
詳細レビューページへマンドレイクを引き抜いた時の音は、人間の精神を破壊する。だが、引き抜かずに大きく育てたらどうなるのだろうか?今回の実験は植物界に大きな発見をもたらす予感がする……



行方不明になった植物学者の日記より
イトウヨウイチ
詳細レビューページへ神の力を一部しか再現できなかった。が、それで十分であった。

ショースケ Edit

ショースケ
詳細レビューページへ「最悪」という言葉ほどケルベロスに相応しい称号はない。冥界の番犬が三つの首を持つのは、最初の首で人間を殺し、二つめの首で地獄に引きずり込み、三つめの首でもう一度殺しなおす為だ。最悪を最悪で塗りつぶしたモンスター、それがケルベロスなのだ。

タカヤマトシアキ Edit

タカヤマトシアキ
詳細レビューページへ躯の一部が琥珀のような岩石に覆われたワイバーン。火も吐かないし特殊な攻撃もしない。その代わり強固な部位で敵を殴打するというドラゴンらしからぬ乱暴な攻撃を得意とする。別名「空飛ぶメイス」。
タカヤマトシアキ
詳細レビューページへ「食イ物ヲ 置イテ イケ!」

「金ヲ 置イテ イケ!」

「ツイデニ 命モ 置イテ イケ!」
タカヤマトシアキ
詳細レビューページへ「食イ物ヲ 置イテ イケ!」

「金ヲ 置イテ イケ!」

「ツイデニ 命モ 置イテ イケ!」

ツヤイルカ Edit

ツヤイルカ
詳細レビューページへコラコラコラコラッ!ノロノロ生きてるんじゃねえっ!こっちは気が短いんだ!ビリッとシメて、バチッといくんだっつーの!!
ツヤイルカ
詳細レビューページへ人生など風に流される木の葉のように儚いモノだと言うのに……運命に抗おうとする人間は何という愚かな生き物なんでしょうか。ああっ、そこが身悶える程に愛おしい!
ツヤイルカ
詳細レビューページへどんなに強大な敵であれ

我等の心が折れる事はない。

誇りある闘いの中で命を失うのならば、

それ以上の誉れはないのだから。
ツヤイルカ
詳細レビューページへそこをどけ。いや、それも面倒だ。そこで死ね!
ツヤイルカ
詳細レビューページへどいて下さい!どかないならあなたを倒さなければならない!
ツヤイルカ
詳細レビューページへクリスタルを盗ってくれば良いのかい?そんなのはお安い御用さ。
ツヤイルカ
詳細レビューページへ闇の牙が封印を破り

背徳の夢が躰を伝う。

柔らかな絶望に包まれながら

最期の官能に歓喜する。
ツヤイルカ
詳細レビューページへ美しく

優しく

その冷たい指で

全てを凍らせる

愛情という名の

支配
ツヤイルカ
詳細レビューページへ天使サリエルの魔力が増強された特殊形態。常に攻撃態勢に入れるように身体の周囲で魔力が渦を巻いて滞留している。

天使にもかかわらず、どこか邪悪なオーラを纏っており、その姿を見た人間は正気を保っていられないと言われている。

ツヤイルカ
詳細レビューページへガルーダを統べる絶対女王。全てのガルーダは、彼女の命令一つで恐ろしい戦士となる。

クィーンは「ガルーダ族を繁栄させる」というたった一つの行動原理で動いており、それを邪魔するものは人であれ魔であれ神であれ、許しはしない。
ツヤイルカ
詳細レビューページへキミの欲望に応えてあげてもいいけど

どこまでその快楽に耐えられるかなぁあ?

ねぇ、ファウスト?
ツヤイルカ
詳細レビューページへ

獣ノ頭ヲ持チ

死者ノ魂ヲ守リ

生者ノ命ヲ刈リ取ラン
ツヤイルカ
詳細レビューページへ「アナタノウンメイウラナイマス。エー、めんどくさい、死にさらせボケい!」
ツヤイルカ
詳細レビューページへ其処は狭いだろう?
ツヤイルカ
詳細レビューページへあたしの下僕になれるの。

こんな素敵なことないでしょう?



大丈夫、ちょっと痛いだけよ。
ツヤイルカ
詳細レビューページへボクの高貴すぎる姿が眩しくて声も出ないだろう?

さあ、ひざまずきなよ。ボクは優しいからキミたち人間でも使役してあげる。

でも、貢ぎ物はおいしいお魚じゃないと許さないからね。
ツヤイルカ
詳細レビューページへ報告します!

王立騎士団調査部隊は私を除く全てがヤツに命を奪われました。全員まるで溺れたように息が出来なくなり、しかし最後は何かに心を奪われたような笑顔で……は?私が何故生き残ったか?ですか?さあ……他の者と特に違いは無いように思いますが。私が女である事以外は。
ツヤイルカ
詳細レビューページへ僕の名はアエディリス。

お聴きよ、この甘美でいて悪魔的な旋律を、激しき律動を……さあ、始めようか。

世のすべてはこの情熱の調べの譜面に過ぎないのさ。
ツヤイルカ
詳細レビューページへ裏切りの枷が牙を剥く。

闇に堕ちた葉は黒く染まろうとしていた。
ツヤイルカ
詳細レビューページへ我は「貪りし者」。

全てを喰らい、闇へと還す。

我は「吹きし者」。

全てを圧し、刃を呼び覚ます。

我は「氷りし者」。

全てを凍らせ、死へと誘う。

マグチモ Edit

マグチモ
詳細レビューページへ奇妙な音で人を殺すマンドレイクを3ヶ月間、清廉な水と砂糖だけで育成する。そうすると少女のような美しい姿になる事実を私は発見した。これが量産化出来れば、貴族達への良い商売になるだろう……



行方不明になった植物学者の日記より
マグチモ
詳細レビューページへオーガ種の頂点に立つ存在、オーガクィーン。彼女には100人以上の夫が居るが、忘れっぽい彼女は誰の名前も覚えない。記憶に残るのは、その強さだけだ。
マグチモ
詳細レビューページへ四大天使の一人ガブリエルの聖女形態。祝福儀礼が施された数々の武装は、攻撃の為であると同時に治癒の為の道具でもある。
マグチモ
詳細レビューページへ光と闇が地に混乱と血をもたらす時

その猥雑な穢れを払うべく

大いなる風の眷属が百万の配下を引き連れ

光る風が頬を通り過ぎん



~ダリア預言書の第三十二節より~
マグチモ
詳細レビューページへ神鳴る山 雪成る剣

獣の王 舞い降りて

数多の命を刈り落とす

許しの声 聞かぬままに



~ダリア預言書の第三十三節より~
マグチモ
詳細レビューページへ鋭き剣と 堅なる盾

聖なる翼と 邪なる尾

白き光と 黒い風

対となりし影 幻惑を唄う



~ダリア預言書の第三十一節より~
マグチモ
詳細レビューページへルキフェルが完全に魔に落ち、特殊な槍で武装した形態。大地を無に返す破壊力はもとより、ルシファーという堕落した名を口にするだけで、あらゆる災厄がふりかかると言われている。
マグチモ
詳細レビューページへ

天使ミカエルが巨大な剣を装備した攻撃形態。魔法陣で強化された魔力は、呪われし魔のみを切り裂く。

また、その白い光を見た人間は、あらゆる病が治るとの言い伝えが残っている。
マグチモ
詳細レビューページへ炎の魔神イフリートの亜種。女性型であり、敏捷な動きで敵を翻弄する。戦闘中に甲高い閃咆吼という叫びを上げることで自らの攻撃力を高める特性がある。

ユウ Edit

ユウ
詳細レビューページへ聞け 終末を告げし鐘の音

見よ 天の御遣いは降臨せり

裁きの時は来たれり



~ダリア預言書の第百十七節より~
ユウ
詳細レビューページへ万物を無に帰す竜

永劫の死を呼ぶ雷鳴をまといて

天穹を終焉へ導かん



~ダリア預言書の第百四十一節より~
ユウ
詳細レビューページへここはどこだ?

綺麗な歌声が聞こえたところまでは思い出せるんだが……
ユウ
詳細レビューページへ獅子の頭をもつ偉大なる騎士。

その剣はあらゆるものを断ち、「死」という名の、不治の傷をもたらすだろう。
ユウ
詳細レビューページへ黄昏の時、其の神は夜を引き連れやってくるだろう。

星を纏い、銀河を掌握する其の神の名はウラノス。

ラファエル Edit

ラファエル
詳細レビューページへあれは恐ろしいモンスターです。凶悪な表情のドラグーンは、その身体から信じられないような悪臭を放ち、その身体からは恐ろしげな棘を生やし、その先端には……もう私の口からはこれ以上言えません!……恐ろしい……本当に恐ろしい!

一徳 Edit

一徳
詳細レビューページへ八俣遠呂智退治を命じられた須佐之男命。八つの門で八塩折之酒を醸し八つの頭を酔わせた上で切り刻み、草那芸之大刀と櫛名田比売をその手に入れたと伝えられている。

一徳
詳細レビューページへワイバーン・ザフィーアは魚の鱗に似た組織を持ち「半魚竜」とも呼ばれるドラゴンだ。飛行竜にも関わらずその周囲には常に水流が渦巻いている。体内にある魔力器官により、自らの周囲に防御壁としての水を張り巡らせているのだ。
一徳
詳細レビューページへお客様もお目が高い。ワイバーン・ディアマントから採掘出来るダイヤモンドは、その美しい輝きから「竜の涙」と呼ばれる稀少な宝石として流通されております。ただ、この一粒のダイヤモンドを得る為に70名の騎士が命を落としましてその慰謝料からお値段の方も張ってしまうのですが……
一徳
詳細レビューページへワイバーン・ティターンの最大の武器はその筋力である。視力の弱いこの竜は、音で敵の位置を確認し、翼と呼ぶにはあまりにも力強いその羽を使って攻撃する。他のワイバーンを引きちぎっている事例も確認されており、凶悪さはワイバーン随一と言えよう。
一徳
詳細レビューページへ水の精霊であり、元々魂を持たぬ彼女は、人間に恋をすることで魂魄を得られると言われている。

そのために水夫の乗った船を襲い、男達を連れ去るのだ。

七片藍 Edit

七片藍
詳細レビューページへねえ、ボク見たんだ!そのドラゴン、背中に果物をつけてたんだよ、それでねそれでね、その果物を食べに来た小鳥さんを長~いベロでパクッって食べたんだ!本当だよ!本当だってば~!
七片藍
詳細レビューページへねえ、ボク見たんだ!そのドラゴン、背中に果物をつけてたんだよ、それでねそれでね、その果物を食べに来た小鳥さんを長~いベロでパクッって食べたんだ!本当だよ!本当だってば~!
七片藍
詳細レビューページへ「オマエ、タコ食うの好きだったな」

「いやーあれは無理っすわ」
七片藍
詳細レビューページへああっ!?サイクロプスの目が何故一つしか無いかって?そんな事言ってないで早く逃げるんだよっ!!
七片藍
詳細レビューページへ「ああ、あそこにはドルムなんちゃらっていう恐ろしいモンスターがいるから気をつけるんだな。襲われた奴は水を飲んでおぼれたように死ぬらしいぜ。砂漠だってのに不思議な話だよな」



砂漠の近くに住む村の住人の言葉

三橋圭 Edit

三橋圭
詳細レビューページへ「剣を刺したら溶けちまうし、弓なんぞ論外だ。そもそも盗賊程度の安っぽい甲冑じゃあ近づく事も出来やしねえよ」「じゃあ一体どうやって捕まえればいいんだ?」「さあな。それが判ってたら俺の両腕も無くなっちゃいねぇさ」
三橋圭
詳細レビューページへ私の美しい歌を聴いてごらん。

貴方の家族を忘れさせてあげる。

私の甘い歌を聴いてごらん。

貴方の奥さんを忘れさせてあげる。

私の輝く歌を聴いてごらん。

貴方の命を忘れさせてあげる。
三橋圭
詳細レビューページへケンタウロスはモンスターの中でも知性の高い種族である。彼等には家族や友人といった人間関係があり、義理や人情を非常に重んじる事が知られている。彼等と友好である内はいいが、一度敵対関係になり戦争が起きると相手を殲滅するまで戦いを止める事はない。
三橋圭
詳細レビューページへ私の美しい歌を聴いてごらん。

貴方の家族を忘れさせてあげる。

私の甘い歌を聴いてごらん。

貴方の奥さんを忘れさせてあげる。

私の輝く歌を聴いてごらん。

貴方の命を忘れさせてあげる。
三橋圭
詳細レビューページへケンタウロスはモンスターの中でも知性の高い種族である。彼等には家族や友人といった人間関係があり、義理や人情を非常に重んじる事が知られている。彼等と友好である内はいいが、一度敵対関係になり戦争が起きると相手を殲滅するまで戦いを止める事はない。
三橋圭
詳細レビューページへ「剣を刺したら溶けちまうし、弓なんぞ論外だ。そもそも盗賊程度の安っぽい甲冑じゃあ近づく事も出来やしねえよ」「じゃあ一体どうやって捕まえればいいんだ?」「さあな。それが判ってたら俺の両腕も無くなっちゃいねぇさ」

亜割蜘 Edit

亜割蜘
詳細レビューページへノームの亜種と言われる妖精。本来のノームと違い細身で素早い動きが特徴。不思議な機械を背負って建築物や武器の改造を請け負うが、魔力暴走する事故が多発している。
亜割蜘
詳細レビューページへリザードマン種族が持つ生態系で最も謎めいた存在である「リザードクィーン」。種族が住むコロニーの最深部に生息し王を生む存在であると言われている。
亜割蜘
詳細レビューページへあなたの顔……こわーーい!
亜割蜘
詳細レビューページへ彼は多くの肉を切り裂いてきた。彼はより切れる刃物を求めた。いつしか彼の両腕は鋭い刃となった。
亜割蜘
詳細レビューページへ悪魔アスモデウスが、天使軍に対抗する為に魔力強化した姿。呪われた槍を装備しており、おそろしい破壊力を持っている。ただ、その魔力が故にアスモデウス自身の知性すら吹き飛んでしまい、視界に入る全ての敵を攻撃する魔物へと堕ちた。
亜割蜘
詳細レビューページへん?ボクの事呼んだ?

遅いから気付かなかったよ。でも、お魚食べて元気になったボクを捕まえる事が出来る人は……いないんじゃないかなあ?
亜割蜘
詳細レビューページへ守護霊・フライトラップは、その地を守るため水辺に身をひそめ、侵略者が現れるのをじっと待つ。

そして、上陸せんとする獲物を船もろともに噛み砕くのだ。
亜割蜘
詳細レビューページへ調律せん!

我が杖、凶事を鎮め

静寂なる闇をもたらさん!
亜割蜘
詳細レビューページへ液状の体で沼や湖に潜み、獲物がかかると半固体に変質し襲いかかる。

その粘着質の体に捕らわれた獲物は水中に引きずり込まれ、身動きのとれないまま溺死し、やがて溶かされながらゼリーマンの一部となっていくのだ。
亜割蜘
詳細レビューページへ悪夢であれば目覚めを

現実であれば死を

仲野千佳子 Edit

仲野千佳子
詳細レビューページへドラゴン・フロステスはその名の通り氷の翼を持つ巨大な竜である。羽をよく観察すると複雑な幾何学パターンを持った氷の板で構成されているのが確認出来るが、一説によればその板を複雑に振動させることで空気を冷却させていると言われている。
仲野千佳子
詳細レビューページへまったく、奥様のワガママも本当に困ったものです。いくら白くてフワフワだからといってワイバーンの毛皮でコートを作りたいとは……いくら私が優秀な執事とはいえ、これは簡単な仕事ではありませんね。
仲野千佳子
詳細レビューページへキンキンキン!音がするよ!

全部凍る音がするよ!

ザキザキザキ!音がするよ!

敵を引き裂く音がするよ!

バリバリバリ!音がするよ!

凍った肉をかみ砕く音がするよ!
仲野千佳子
詳細レビューページへキンキンキン!音がするよ!

全部凍る音がするよ!

ザキザキザキ!音がするよ!

敵を引き裂く音がするよ!

バリバリバリ!音がするよ!

凍った肉をかみ砕く音がするよ!

伊藤暢達 Edit

伊藤暢達
詳細レビューページへとうとう成功した!十年以上に及ぶ人工生命の研究は錬金術師の全てを奪っていた。資金は底を尽き、妻には逃げられ、同じ錬金術師からは嘲笑の対象となった。だが、とうとうホムンクルスの生成をやり遂げたのだ!



「これで奴らを見返せる!」



その叫びは錬金術師最期の言葉となった。

前河悠一 Edit

前河悠一
詳細レビューページへゴーレム 最強ノ盾 ト ナルメタル

前河悠一
詳細レビューページへ深海で突然変異したと言われる「アビスサーペント」。その外殻は恐ろしい程に硬く、体中から伸びた刃はあらゆる敵をも引き裂く。
前河悠一
詳細レビューページへだから言っただろう……カトブレパスに手を出しちゃダメだって。石化したのがその右腕だけで良かったじゃねえか、な?
前河悠一
詳細レビューページへデュラハン。

それは死を司る騎士。

それは息吹を刈りし鎌。

存在する筈のない双眸に睨まれた人間が逃れる術は無い。

ただ、運命を呪うしか出来ないのだ。
前河悠一
詳細レビューページへ蛇神ナーガが海竜の魔力を吸収した、ナーガ・サーペント。硬化した皮膚と凶悪化した武器が特徴で、呼吸器官は水中での活動に適した進化を遂げている。
前河悠一
詳細レビューページへ全身にミミックが埋め込まれたゴーレム。「宝箱と間違わせて攻撃する」というミミック本来の能力は失われてしまっているが、びっくり箱的な攻撃能力で迷い込んだ冒険者の行く手を阻む。
前河悠一
詳細レビューページへガネーシャはあらゆる障害を排除する。

「汝を我の障害と認識した」
前河悠一
詳細レビューページへ森の中で暮らしてるトロール。

ぼーんやりした性格のトロール。

身体に花が咲いているトロール。

小鳥が背中で暮らしているトロール。

トロールは森ののんびり屋さん。

でもあまり怒らせない方がいい。

怒ると本当に恐ろしいから。
前河悠一
詳細レビューページへ馬の形をした水の怨霊、それがケルピーの本質である。その水を使った圧倒的な攻撃力の前で立っていられる生命体はそう多くはない。ケルピーが駆け去った後には、水もないのに溺死する動物が後を絶たず、水辺に住む多くの民が犠牲になっている。
前河悠一
詳細レビューページへ馬の形をした水の怨霊、それがケルピーの本質である。その水を使った圧倒的な攻撃力の前で立っていられる生命体はそう多くはない。ケルピーが駆け去った後には、水もないのに溺死する動物が後を絶たず、水辺に住む多くの民が犠牲になっている。
前河悠一
詳細レビューページへ森の中で暮らしてるトロール。

ぼーんやりした性格のトロール。

身体に花が咲いているトロール。

小鳥が背中で暮らしているトロール。

トロールは森ののんびり屋さん。

でもあまり怒らせない方がいい。

怒ると本当に恐ろしいから。
前河悠一
詳細レビューページへそれは仄暗い森の奥。魔獣すら存在出来ぬ深淵に生まれた。

意志を持ったその植物は、大地に頼る事を捨て、自らの脚で歩き始める。新しい世界を求めて。

そして、この世界の支配者となる為に。
前河悠一
詳細レビューページへ彼は呪われた存在である。彼によって倒された者は、その魂まで砕かれる事になるだろう。
前河悠一
詳細レビューページへ





ワレ イシ テキ フンサイ スル……





原友和 Edit

原友和
詳細レビューページへええっと、ありゃあなんだ。コウモリのようなライオンのようなサソリのような……なんだかわかんねぇけど、やたら強いヤツだったんだよ!
原友和
詳細レビューページへ伝説の生き物ユニコーン。一角獣とも呼ばれ、額から生えている角には毒などを浄化する力が宿っている。美しいその外見とは裏腹に非常に好戦的で獰猛。ただし処女に抱かれる事で大人しくなると言われている。
原友和
詳細レビューページへさすがお客様。お目が高い。それはヨーウィの革で作られたデザートブーツでございます。砂の熱も防ぐ上に、程よい防御力もありまして……え?ヨーウィがどんな生き物か?ですか?えーと……洞窟の奥に棲む虫のような羽を持った臭くて気持ちの悪いモンスターで……あっ、お客様!?待って下さい!お客様!
原友和
詳細レビューページへバンシーの声は死を予言します。

お静かに……耳を澄ませてください。貴方にも聞こえているはずです。

貴方の死を悼む、彼女の泣き声が。
原友和
詳細レビューページへカタカタ……

バサバサバサッ

ガタ……ガタガタガタッ



……こっちにおいでよ……

塗壁 Edit

塗壁
詳細レビューページへ聞け その音を

見よ その光を

古の鼓動 母なる巨人の怒り

祈りをもってこの地を滅ぼさん



~ダリア預言書の第三十七節より~
塗壁
詳細レビューページへアダマンタイタスの亜種。

本来のアダマンタイタスが持っている高い防御力に加え、毒々しい色合いと凶暴な性格から忌み嫌われているモンスター。

塚本哲 Edit

塚本哲
詳細レビューページへ「ドラゴンの王」と呼ばれる巨大・強力・凶悪なドラゴン。ひび割れた皮膚からは高温の炎が吹き出し、空気すら燃え出すと言われている。あまりの高温故に半径1km以内に人はおろか他の竜すら近づく事は無い。
塚本哲
詳細レビューページへドラゴン・テスラの身体には目によく似た部位が確認される。これは「蓄電器官」と呼ばれる臓器で、この器官に電気が蓄えられると発光する仕組みになっている。蓄電器官が全て点灯した時に強力な電撃を放つのだが、それを見た者は居ない。なぜならそれを見た者の命は全て奪われてしまうからだ。
塚本哲
詳細レビューページへ熱い!熱い!

痛むんだ!痛むんだ!

いまでもヤツに灼かれたこの腕が痛んで仕方ないんだ!
塚本哲
詳細レビューページへワイバーン・ズィルバーは岩石地帯に住む攻撃的なドラゴンである。飛行するよりも地上で飛び跳ねる事が多く、捕獲した獲物を電撃で動けなくしてからとどめを刺す。
塚本哲
詳細レビューページへサンダー・ドラグーンの肌はヌメヌメとしたゴムのような質感で電気を通す事は無い。攻撃時に背中に現れる放電の形が人間形になる事があり、雷の精霊が宿ると言われている。
塚本哲
詳細レビューページへこの風変わりなドラグーンは、ゴブリンとの共生関係にある変わった竜である。ドラグーン自体には発火能力は無いのだが、口から吐き出すガスにゴブリンがその手に持つたいまつで引火する事で火炎攻撃を可能にしているのだ。
塚本哲
詳細レビューページへこの風変わりなドラグーンは、ゴブリンとの共生関係にある変わった竜である。ドラグーン自体には発火能力は無いのだが、口から吐き出すガスにゴブリンがその手に持つたいまつで引火する事で火炎攻撃を可能にしているのだ。
塚本哲
詳細レビューページへサンダー・ドラグーンの肌はヌメヌメとしたゴムのような質感で電気を通す事は無い。攻撃時に背中に現れる放電の形が人間形になる事があり、雷の精霊が宿ると言われている。

宇井戸雨樋 Edit

宇井戸雨樋
詳細レビューページへヴォジャノーイは自らの記憶を探していた。

沈没船の中を徘徊し、海に棲む魔物の腹を引き裂き、やがては人間の乗る船を沈めて探した。

やがて彼は目的を見失い、殺戮の精霊へと変貌を遂げていくことになる。
宇井戸雨樋
詳細レビューページへその蛇王は魔眼を持ち、見るもの全てを石化させるという。

ただし、それが真実なのかどうかは誰にもわからない。

何故なら、その答えを求めた者は誰一人として帰ってこなかったからである。
宇井戸雨樋
詳細レビューページへガルーダは飛行するモンスターの中でも特に気位の高い存在である。

また彼等は高度に階層化された社会を持ち、上位階層からの指示は絶対の命令として遂行する。

ガルーダが兵士として強力なのはそうした理由からである。
宇井戸雨樋
詳細レビューページへいやー、おったまげた。最初は騎士様かと思ったんだが、近づいてよくよく見ていると甲冑が浮いてるでねえか。なんだか不思議な光がいっぱいになったかと思ったらオラの仲間がバタバタ倒れていったんだよ。ありゃあ恐ろしい魔物だったなあ。
宇井戸雨樋
詳細レビューページへガルーダは飛行するモンスターの中でも特に気位の高い存在である。

また彼等は高度に階層化された社会を持ち、上位階層からの指示は絶対の命令として遂行する。

ガルーダが兵士として強力なのはそうした理由からである。
宇井戸雨樋
詳細レビューページへヒポグリフは非常に誇り高い種族です。グリフォンほどの獰猛さはありませんが、騎乗する際には敬意を払って信頼関係を築く事を強く推奨いたします。



幻想動物騎乗指南書より
宇井戸雨樋
詳細レビューページへいやー、おったまげた。最初は騎士様かと思ったんだが、近づいてよくよく見ていると甲冑が浮いてるでねえか。なんだか不思議な光がいっぱいになったかと思ったらオラの仲間がバタバタ倒れていったんだよ。ありゃあ恐ろしい魔物だったなあ。

小森ニコ Edit

小森ニコ
詳細レビューページへ透き通るその声は傷ついた兵士を癒し、勇ましいその姿は戦場の兵士を奮い立たせる。

彼女が戦場に立つ時、全ての兵士はその勝利を疑わない。
小森ニコ
詳細レビューページへ万の血が流れる時

その花は咲くだろう

それは更なる血を求め災厄を呼ぶ



~ダリア預言書の第四十一節より~
小森ニコ
詳細レビューページへ痛くない。

いたくないよ~。

ちょこ~っと刺すだけだから。

山崎太郎 Edit

山崎太郎
詳細レビューページへ古の王家の伝承によると「神々の黄金を守りし存在」と言われているグリフォン。大空を支配する強靱な翼と、数頭の馬や人を一度に持ち去る事が出来る鋭い鉤爪によって、黄金に近づく愚かな人間達を一瞬にして肉塊に変えてしまう。

山崎太郎
詳細レビューページへ古の王家の伝承によると「神々の黄金を守りし存在」と言われているグリフォン。大空を支配する強靱な翼と、数頭の馬や人を一度に持ち去る事が出来る鋭い鉤爪によって、黄金に近づく愚かな人間達を一瞬にして肉塊に変えてしまう。

廣岡政樹 Edit

廣岡政樹
詳細レビューページへあのお方は、闇の母。

あのお方は、吸血の民の頂点。

その息吹のあらんところ

死と再生の儀が執り行われん。

黒き砂となるその時まで

絶望に身を浸すがいい、人間共。

廣岡政樹
詳細レビューページへ我と契約せし者に炎の力を与えん。

その焔の前にいかなる敵も立ち続ける事は出来ないだろう。
廣岡政樹
詳細レビューページへ貴方か?私と契約するという愚か者は。

この氷の魔力で何を倒そうっていうのか知らないが、せいぜい自分が凍えないように気を付ける事だな……
廣岡政樹
詳細レビューページへククッ……クフフフフッ……

私の力が欲しいか?良かろう!ならばその命、尽き果てるまで雷神の贄として使わせてもらうぞ!
廣岡政樹
詳細レビューページへ我と契約せし者に炎の力を与えん。

その焔の前にいかなる敵も立ち続ける事は出来ないだろう。
廣岡政樹
詳細レビューページへ貴方か?私と契約するという愚か者は。

この氷の魔力で何を倒そうっていうのか知らないが、せいぜい自分が凍えないように気を付ける事だな……
廣岡政樹
詳細レビューページへククッ……クフフフフッ……

私の力が欲しいか?良かろう!ならばその命、尽き果てるまで雷神の贄として使わせてもらうぞ!
廣岡政樹
詳細レビューページへ八の月が去りゆく刻。

淡く艶めく肌の上を、

絹糸のように伝う快楽。

耽溺の魅惑に溶けてゆくがいい。

その血で贖うまで。

日暮 央 Edit

日暮 央
詳細レビューページへ万民には祝福を!

祖国には悠久の栄光を!

我、忠誠の限りを尽くそう!

木下勇樹 Edit

木下勇樹
詳細レビューページへ法の守護者にして夜の戦士オウルベア。

光る目で夜を照らし、人ならざる力で不法者を叩き潰す。

彼の意思は月の様に固く冷たい。
木下勇樹
詳細レビューページへ我を呼び出したのは貴様か?

フン、まあ良い。これも慣わしだ。

願い事を言え……三秒以内にな。
木下勇樹
詳細レビューページへ壱百と八の牙を持つ翼が

沈黙の聖歌となって降り注ぐ

苦い海と甘い雨が混ざりし時

災厄が地を焼き尽くすだろう



~ダリア預言書の第十七節より~

木下勇樹
詳細レビューページへ百の手を持つと言われるヘカトンケイル。その醜さ故に闇に封印されたが、何百年という時をかけて復活した魔物。

その目には呪詛と破壊への衝動だけが暗く燃え上がっていた。
木下勇樹
詳細レビューページへアイスプリン

ココニ要ル

アイスプリン

イッショニ遊ブ

アイスプリン

命ヲ凍ラセル
木下勇樹
詳細レビューページへ地獄の番犬ケルベロスを乗りこなす亡霊騎士。その化け物が通る場所には人はおろかモンスターですら存在する事は出来ない。何故なら奴は他のモンスターの3倍も喰らうのだから。
木下勇樹
詳細レビューページへ巨人は炎の中から生まれた。

その巨体は炎がある限り成長をやめない。
木下勇樹
詳細レビューページへ我は執政官クァエストルなり。

言語道断、まずは執行を受けよ。

申し開きはその後聞こう……汝が生きておればな。
木下勇樹
詳細レビューページへ険しい雪山の奥深くに潜み、満月夜にだけ姿を現す。

雪の精すらも狂暴な怪物を恐れているのか、その夜だけは吹雪も止み、静寂の山間にけたたましい咆哮が響く。
木下勇樹
詳細レビューページへ幻想動物であるアクリスは、

薄明の夜に現れる。

安息の地を求めているとも、

光を求めている、とも言われる。
木下勇樹
詳細レビューページへ待っている。

その機の到来を。

見つめている。

世界を侵食する闇の解放を。

村山竜大 Edit

村山竜大
詳細レビューページへ「あいつは貧乏人には優しいやつさ。困ってる人達の為にクリスタルを持って来てくれるんだ。だが、金持ちには優しくない。何せ困ってる人達の為にクリスタルを持って行ってしまうんだからな」
村山竜大
詳細レビューページへ窃盗犯の指名手配について

布告:王立騎士団大陸治安維持隊



下記の者をドラグニカ大陸に於ける大量のクリスタル窃盗容疑で指名手配とする。



「ローバー」



生死は問わず。尚、容疑者は非常に素早い為、捕獲の際には注意されたし。

村瀬倫太郎 Edit

村瀬倫太郎
詳細レビューページへ地を打ち砕きし雷の王

紅く怒れる空と

久遠の彼方に響く咆吼が

滅びの詩を歌い続けん



~ダリア預言書の第三節より~
村瀬倫太郎
詳細レビューページへ戦争と死をもたらすその神が

絶命の夜に舞う二つの刃が

全ての命を断ち切るだろう



まるでそれが運命の如く

まるでそれが終末の如く
村瀬倫太郎
詳細レビューページへ古ノルド語で「怒りに燃えてうずくまる者」と呼ばれるニーズヘッグ。炎を操り、生命の輪廻をあざ笑うように自らの死を呼び戻すと言われている。

松平貴博 Edit

松平貴博
詳細レビューページへ強靭な魔物とて命を落とす事はある。

この男は魔物を刈る。
松平貴博
詳細レビューページへあいつらは義理堅い奴らだよ、受けた恩はちゃんと返しにくる。

ただ、なかなか離れてもくれねえんだ……
松平貴博
詳細レビューページへ熱い……熱いヨッ!

お菓子をくれないと……この真ッ赤に焼けたボクの鎌でッ!

切り裂いちゃうんダヨッ!
松平貴博
詳細レビューページへ最初のヤツがエモノを転ばす!

次のヤツがエモノを切り刻む!

最後のヤツがクスリをつける……ンだが、クスリはもう無くなっちまった!

ヒヒヒ!
松平貴博
詳細レビューページへ其の弓は必殺。

其の矢は致命傷。

狙われたが最期。

松田俊孝 Edit

松田俊孝
詳細レビューページへ人竜と呼ばれし強大な力

その翼舞い降りし日

村は焼き尽くされ

街は破壊され

国は滅び去る



~ダリア預言書の第八節より~
松田俊孝
詳細レビューページへ来たれ、人竜の翼よ

此の終焉に舞い降りよ

最果ての地 虚無の刻

滅びよ 再生せよ



~ダリア預言書の第百五十節より~

森野ヒロ Edit

森野ヒロ
詳細レビューページへノーム全ての母と言われる存在、ノーマ。

その出生は謎が多く、どこから来て何を目的にしているのかもよくわかっていない。

だが、彼女のシチューを一口食べれば誰しもが力強く明日の戦いに臨めるだろう。
森野ヒロ
詳細レビューページへ筋肉質な身体に質素な腰布。お世辞にも豪華とは言えないその身なりとは対照的に、ミノタウロスの持つ斧は宝石がちりばめられた豪華な武器となっている。一部の学者からは「彼等の社会的地位は武器の華麗さで決まる」という説が出されているが、その実態は未だ明らかにはされていない。
森野ヒロ
詳細レビューページへ筋肉質な身体に質素な腰布。お世辞にも豪華とは言えないその身なりとは対照的に、ミノタウロスの持つ斧は宝石がちりばめられた豪華な武器となっている。一部の学者からは「彼等の社会的地位は武器の華麗さで決まる」という説が出されているが、その実態は未だ明らかにはされていない。
森野ヒロ
詳細レビューページへ魔道を極めた魔術師のなれの果て。

あらゆる呪術を解読する知性を持つが、全てを自らの力にしてゆく貪欲さが故に、人ならざる姿になってしまった。
森野ヒロ
詳細レビューページへえ?マンドレイクの声を聞いたんですか!?それでは治療は難しいですね。あの植物……植物というか魔物ですが、地面から引き抜いた時の絶叫は単に音が大きいだけじゃないんです。あの声は呪いが含まれた魔法になっていまして、聞いた人間の精神を徐々に破壊してしまうのです。残念ですがご主人はもう……

橋本モチチ Edit

橋本モチチ
詳細レビューページへ別におまえの事なんて、な、何とも思ってないんだからドラ!
橋本モチチ
詳細レビューページへかわいい女の子だと思った?大当たりドラ
橋本モチチ
詳細レビューページへ3年間ありがフンス!お礼にドラコを嫁にする権利をあげるドラ

猫えモン Edit

猫えモン
詳細レビューページへ我ガ名ハ西郷隆盛、維新三傑ガ一人ッ!

チェストオオォォッッ!!
猫えモン
詳細レビューページへ異なる地、異なる時、異なる世

虚無をもたらす竜

天空に穿ちし祠を渡り

数多の国に現れ滅びの風をもたらさん



~ダリア預言書の第六十三節より~
猫えモン
詳細レビューページへ朝ハ四本足

昼ハ二本足

夕ハ三本足

コノ生キ物ハ何カ?
猫えモン
詳細レビューページへ一本目の尾が振られた時は、帆は裂け櫂は折れ船は砕ける。

二本目の尾が振られたらどうなるかって?さあな。二本目を見て生き延びたヤツは一人も居ないから判らないよ。

猫えモン
詳細レビューページへ氷の魔物フェンリルが炎の精霊の加護を受けて凶暴化した魔物、フェンリル・ロード。他のフェンリルの魂を喰らい燃やす事で灼熱の炎を生み出している。
猫えモン
詳細レビューページへ魔法と炎を操るサラマンダー・プリースト。本来、低い知性しか持たないサラマンダーが何故魔術を操る事が出来る事になったのか不明。人為的な魔術改造を施された可能性も示唆されている。
猫えモン
詳細レビューページへ魔界の炎を身に纏ったギルガメッシュ亜種。闇に紛れて戦う為、その姿を見た者はほとんどおらず、生態は謎に包まれている。
猫えモン
詳細レビューページへマッドオニオンの一種だが、黒魔術に精通し、様々な悪霊を駆使する事が出来る。通常のマッドオニオンと比較すると知性が高く、自己回復系の魔法を操る事が可能である。
猫えモン
詳細レビューページへミノタウロスの中には高度な知性を持ち得る個体が存在する。鋼の鎧を身に纏った彼等は、己が種族の尊厳の為だけにその槍を振るうと言われている。
猫えモン
詳細レビューページへノームの屍を闇の力で復活させた姿。そこには温厚だった生前の姿は無く、ただ闇雲に怨念を撒き散らす存在へと成り果てている。
猫えモン
詳細レビューページへ彼はとても素早い動きで敵を翻弄する。彼は更なる力を求めた。今の彼の動きは神速に達し、その姿を捉えられるものはいない。
猫えモン
詳細レビューページへ雪山で音が消えたら気をつけることだ。その獣は音を奪う。気付かずにその獣に近づいてしまうと音もなく連れ去られるぞ。
猫えモン
詳細レビューページへその悪魔は鋭い爪で、闇を引き裂く翼で、火炎の吐息で、甘言を弄し、堕落へ誘い、絶望への恐怖を与え、人々を地獄へ叩き落とす。
猫えモン
詳細レビューページへアマリリス。

新月の夜、青白く輝く湖面より現れ、周囲の村を破壊し尽くし、やがて嵐を呼ぶ。

怒りを鎮めるため生贄となった娘の名で伝わっている。
猫えモン
詳細レビューページへ300フィートの巨躯を揺らしながら移動する巨人。体を動かす事で発電する体内器官を持っている。放電時には耳を引き裂くような高音と激しい電撃により、周囲の森は一瞬にして焼け野原になるだろう。
猫えモン
詳細レビューページへへえ。海坊主に出会った時に守らなければならんルールはたった1つですわ。

それは「声を出してはならない」ってルール。だけどまあ、普通は守れないですな。びっくりして叫んじまう。



だから、この村にはもう1人も漁師が残ってないんで。
猫えモン
詳細レビューページへ墓泥棒は絶えずやってくる。

奴らの狙いは墓に眠る財宝だけではない。

亡国の王族であった『自分自身』も狙われているのだ。

ならば、自ら戦うまで。
猫えモン
詳細レビューページへ「報告します!我が軍の進行方向に突如巨大な氷の壁が出現しました!目撃者によると、どこからともなく精霊が現れ、その周囲に一瞬で壁が出来たそうです。我が軍は孤立し、凍死者も続出……あれ?隊長!?隊長!どうしたんですか!?寝ないでくださいっ!隊長おおおおっ!!」
猫えモン
詳細レビューページへ「あんな穏やかな海でまさかシーサーペントが出てくるとは思わないよな。おかげで俺の商隊は全滅だ。何?品物はどうしたかって?……品物も他の隊員も馬も馬車も俺の右足も全部ヤツが飲み込んじまったよ」
猫えモン
詳細レビューページへむかし むかし インドの山奥に

それはそれは かわいい子ゾウが 住んでいました。子ゾウは こまっている人たちを たすけたいと ねがい 神さまになりました。

いまでも 子ゾウは おそらから みんなをみているそうです。

生野砂肝 Edit

生野砂肝
詳細レビューページへ凶暴なリザードマン種族の頂点に立つ王。一般的なリザードマンの数倍の膂力で敵を屠る。鋼のような鱗で身を守り、炎をまとった剣を装備している。
生野砂肝
詳細レビューページへ知性ある高貴な種族ガルーダ。その中で槍装備に特化した個体。いくつもの掟を守る物静かで理性的な性格だが、味方を守る為ならどんな相手にでも立ち向かう勇気を持つ。

甲壱 Edit

甲壱
詳細レビューページへメイスについた血を見てオーガは首をかしげた。何故この武器に血が付いているのだろう?そして何故このメイスはこんなにグニャグニャになったのだろう?ボクは静かに暮らしたいだけなのに……オーガの忘れっぽい脳の中からは、20名の騎士を5分前に倒した事などすっかり消え去っていた。
甲壱
詳細レビューページへ我は魔界を統率する王にして、

全ての蠅の頂点に立つ者。

我の命令は絶対!

我の行動は完全!

我の存在は究極!

貴様達!頭が高いのだ!ちゃんと頭を下げるがイイのでおじゃる!
甲壱
詳細レビューページへ我は魔界を統率する王にして、

全ての蠅の頂点に立つ者。

我の命令は絶対!

我の行動は完全!

我の存在は究極!

貴様達!頭が高いのだ!ちゃんと頭を下げるがイイのでおじゃる!
甲壱
詳細レビューページへメイスについた血を見てオーガは首をかしげた。何故この武器に血が付いているのだろう?そして何故このメイスはこんなにグニャグニャになったのだろう?ボクは静かに暮らしたいだけなのに……オーガの忘れっぽい脳の中からは、20名の騎士を5分前に倒した事などすっかり消え去っていた。
甲壱
詳細レビューページへ最初はただの石だった。

山から掘り出され、岩から切り出され、

建物の飾りとして何年も何年も雨と風と雷に打たれて存在するうちに、それはただの石ではなくなってしまったが。

相場良祐 Edit

相場良祐
詳細レビューページへ風の精霊の名を持つこのドラゴンの大地に降り立った姿を見た者は居ない。なぜならこの竜が降り立つ時は爆音と暴風でその地表が根こそぎ削り取られるからだ。
相場良祐
詳細レビューページへ直径は20mと(ドラゴンの割には)細い。だがその体長は測定不可能な程長い。海を無数の蛇が跳ね回っているような姿だが、これで一体の竜なのだ。
相場良祐
詳細レビューページへ聖なるかな聖なるかな。

その竜の姿を見た者は光を失う。

聖なるかな聖なるかな。

その竜の声を聴いた者は音を失う。

聖なるかな聖なるかな。

その竜の風を受けた者は心を失う。

碧風羽 Edit

碧風羽
詳細レビューページへ「ねえ、いい人見つけた?」

「ううん、まだ見つけてない」

「それじゃあ、捕まえないとね」

「そうね、捕まえないとね」

「そして、誓うの。永遠の愛を」

「そう、誓うの。深い海の底で」

米谷尚展 Edit

米谷尚展
詳細レビューページへワイバーン・スマラクトは長年「4枚の羽を持つワイバーン」と考えられていた。しかし近年の調査報告によると2体のワイバーンが絡み合って飛行している事が判明。死亡する時しか分離しないその生態に学会は騒然とした。
米谷尚展
詳細レビューページへサーベルタイガーのような巨大な牙と爪を持つワイバーン。その躯から滲み出てくる猛毒の体液は一滴で牛200頭の命を奪う。ワイバーン・アイゼンの飛行した後に残る黒い霧に汚染された場所には、動物はおろか植物すら何年も生える事は無い。
米谷尚展
詳細レビューページへ緋の王は滅する。

ヒトの憎悪を嗅ぎつけて。

緋の王は嘆く。

自らがヒトだった頃の記憶の残滓を舐めながら。
米谷尚展
詳細レビューページへ「こんな事があるのだろうか。その竜の背中には巨大な甲虫が見て取れる。甲虫からは無数の触手がドラゴンの神経節に伸びて接続されており、虫によってドラゴンが操られているようにも見える。興味深い……とても興味深い事例だ」

       名も無き昆虫学者の手記より
米谷尚展
詳細レビューページへ「こんな事があるのだろうか。その竜の背中には巨大な甲虫が見て取れる。甲虫からは無数の触手がドラゴンの神経節に伸びて接続されており、虫によってドラゴンが操られているようにも見える。興味深い……とても興味深い事例だ」

       名も無き昆虫学者の手記より

緑川美帆 Edit

緑川美帆
詳細レビューページへ我々は、水の種族。

我々は、竜と誇りを持って暮らしている。

我々は、水のある場所に遍く存在する。

我々は、泳ぐように戦う。

我々は、我々に仇なす者達を許しはしない。
緑川美帆
詳細レビューページへ美しい聖騎士のような姿をしているドラグーン……なのだが、騎乗している兵士は完全にアンデッド状態に熟成されている。何故このドラグーンがアンデッドを乗せているのか?何故人間から剥ぎ取った甲冑を利用しているのか?全ては謎に包まれている。
緑川美帆
詳細レビューページへゴルゴーンが元々美しい少女であった事を知る者は少ない。女神アテナの怒りを買い呪われた姿に変えられた後、彼女はアテナへの復讐を誓った。その怒りは永遠に忘れられる事はない。アテナを石に変えるその日まで……
緑川美帆
詳細レビューページへ我々は、水の種族。

我々は、竜と誇りを持って暮らしている。

我々は、水のある場所に遍く存在する。

我々は、泳ぐように戦う。

我々は、我々に仇なす者達を許しはしない。
緑川美帆
詳細レビューページへ美しい聖騎士のような姿をしているドラグーン……なのだが、騎乗している兵士は完全にアンデッド状態に熟成されている。何故このドラグーンがアンデッドを乗せているのか?何故人間から剥ぎ取った甲冑を利用しているのか?全ては謎に包まれている。
緑川美帆
詳細レビューページへいやあ、あれは恐ろしいヤツだよ。

二つ山を越えたトコの岩場で見たんだが、羽ばたく度にそりゃあ恐ろしい雷を羽から出したんだ。ああ?生け捕り?無理無理無理無理。噂によると鯨を食ったりするっていうじゃないか。どうしても捕まえたかったらアンタが行って自分で捕まえな。
緑川美帆
詳細レビューページへゴルゴーンが元々美しい少女であった事を知る者は少ない。女神アテナの怒りを買い呪われた姿に変えられた後、彼女はアテナへの復讐を誓った。その怒りは永遠に忘れられる事はない。アテナを石に変えるその日まで……

茂木雄介 Edit

茂木雄介
詳細レビューページへ太古より永劫の闇なり

災禍と共に深淵から出でし

生命は灰燼となりて尽き果てん

見よ、究極の名を冠す力の具現なり



~ダリア預言書の第百節より~

藤井英俊 Edit

藤井英俊
詳細レビューページへリリス。

アダムの最初の妻にして、

人類最古の魔女。

待っている。

呪われた果実を口にしたその時から。

待っている。

誰かにその運命を切り裂かれる刻を。
藤井英俊
詳細レビューページへリリス。

アダムの最初の妻にして、

人類最古の魔女。

待っている。

呪われた果実を口にしたその時から。

待っている。

誰かにその運命を切り裂かれる刻を。

赤井てら Edit

赤井てら
詳細レビューページへ私と会った殿方は皆さん無口になって動かなくなるんです。何故なんでしょうね?
赤井てら
詳細レビューページへふぁ……よく寝たぁ。

えっとぉ……あなた、だぁれ?

私?そうよ、私は神託の巫女。

神託の加護が欲しいのかなぁ?
赤井てら
詳細レビューページへ水銀に魂を奪われた魔性の女神。

様々な形に変化する事で、洞窟に迷い込んだ旅人を自らの体に取り込む。

赤井てら
詳細レビューページへそっ、そんな事ないもん!

自分の尻尾口にくわえてクルクル回ったりなんか……絶対しないんだもんっ!
赤井てら
詳細レビューページへプリンが大好物の彼女は、よくプリンに巨大化の魔法をかけている。稀に魔法が暴走し、三百年前には巨大になりすぎたプリンで都市を丸ごと破壊した事があるとか……。
赤井てら
詳細レビューページへ死者の憎悪や怨念、それらが彼女の力の源である。争いの絶えないこの地では彼女の力は無限に等しい。

足善 Edit

足善
詳細レビューページへ蛇は呪った 己が醜さを

蛇は憧れた 清浄なる光を

蛇は願った 美しき翼を
足善
詳細レビューページへその悪魔の力を借りることができれば望みは何でも叶うのだが、彼と交信するためには生贄がどうしても必要でな。そこで君に来てもらったというわけだ。

さて、何か言い残すことはあるかな?

Hayaken Edit

Hayaken
詳細レビューページへねぇねぇ、ボクと友達になろうよ!

え?イヤ?イヤなの?

じゃあボクとキミは敵だね。

ふふふ……それはもっと楽しい話だよ!
Hayaken
詳細レビューページへねぇねぇ、ボクと友達になろうよ!

え?イヤ?イヤなの?

じゃあボクとキミは敵だね。

ふふふ……それはもっと楽しい話だよ!
Hayaken
詳細レビューページへ彼女は暗闇で獲物を見つける。その研ぎ澄まされた聴覚を使って。彼女は暗闇で獲物を引き裂く。その鋭い爪と牙で。彼女が暗闇で舞い踊る時、哀れな獲物は最後の瞬間まで闇の女王の姿を見ることはないだろう。それが彼女の唯一の慈愛なのだから。