アフィカスリスト作成所/説明

Last-modified: 2020-06-24 (水) 00:19:40

はじめに

まとめサイトや調べてみました!いかがでしたか?などの邪魔だったり不快なキュレーションサイトなどGoogleでの検索時に全く踏まないサイト群があります。
これらはすぐには判別がつかない場合も多く、開いて読んだだけ時間の無駄だったということが多々あります。
そこでそれらのサイトの共通リストを作り、効率よく検索結果などから除外して検索結果を自分たちの手で向上していこうという試みです。
情報提供は誰でもできます。

テンプレに従ってまとめサイトかキュレーションサイトのどちらかであること、URL、邪魔な理由を書けばほぼリストに登録されるので気軽に投稿してみて下さい


また過剰なSEO対策を行っているようなページはウェブスパムとして扱われレポートを送信できます。

  • 「ウェブスパム」とは、Google をだまして掲載順位を上げようとするページのことです。ウェブスパム レポートを送信する前に、ページに他の問題がないかどうかをご確認ください

以下のURLから送信できるので内容のないページは送信して減らしていきましょう。

いかがでしたか?などの邪魔なサイトを避ける方法

拡張機能を使う

ここではGoogleの検索結果から不要なサイトを取り除くことが出来る拡張機能・ユーザースクリプトを紹介します。

拡張機能

パソコンはもちろん、スマートフォンでもFirefoxやChromium系ブラウザの一部(Kiwi・Yandex)で利用ができます。

uBlacklist

Googleの検索結果から邪魔なサイトをブロックできる拡張です。
リストの購読機能がありメンテナンスされている良質なリストがある場合これを利用するのがおすすめです。
Chromium:https://chrome.google.com/webstore/detail/ublacklist/pncfbmialoiaghdehhbnbhkkgmjanfhe
Firefox:https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/ublacklist/
GitHub:https://github.com/iorate/uBlacklist
Qiita:https://qiita.com/iorate/items/9ff65360fbdf4082476a

Personal Blocklist(not by Google)

(Chrome版の説明より転載)
気に入らないWEBサイトをGoogleの検索結果から削除できる拡張機能です。
この拡張機能の特徴は、以下の通りです。
1, ワンクリックだけで、不要なWEBサイトを検索結果から除外できます。
2, もし、ブロックしたWEBサイトを見たくなった場合は、ブロックリストから外すことで見ることができます。
3, Import/Export機能があるので、簡単に他人とブロックリストをシェアできたりできます。
Chromium:https://chrome.google.com/webstore/detail/personal-blocklistnot-by/cbbbhelcpfjhdcncigdlkabmjbgokmpg
Firefox:https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/personal-blocklist/
GitHub:https://github.com/wildskyf/personal-blocklist

Custom Blocker

Chromium:https://chrome.google.com/webstore/detail/customblocker/elnfhbjabfcepfnaeoehffgmifcfjlha

ページの要素を削除するための拡張機能です。
ですので検索結果から特定のページを除外することは得意ではありません。

ゴシップサイトブロッカー

Chromium:https://chrome.google.com/webstore/detail/gossip-site-blocker/mjojhcmecfehllhcjcbhkkpohadogplk
Firefox:https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/gossip-site-blocker/
公式サイト:https://gsb.ikemo3.com/

はちまバスター

はちまとJINへのリンクを無効にします。
リンクのURLかテキストにはちま・JINのURLが含まれるとき、そのリンクを無効にします。
オプションからパターンを追加することで任意のサイトを追加できます。
リンクは無効になりますが検索結果のスニペット(サイトの説明文)などは表示されます。
また他のサイトでもリンクを無効にします。
設定等で短縮URLも無効にすることができます。
https://censor-ed.github.io/censored/important.json
https://censor-ed.github.io/censored/important.json
からブロックしているサイトなどが見れます
Chromium:https://chrome.google.com/webstore/detail/%E3%81%AF%E3%81%A1%E3%81%BE%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC/kmjdodljbndkgaiakbdciipegjnbcmog?hl=ja
Firefox:https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/_censored/

LeechBlock NG

見るだけ時間の無駄なサイトを特定の時間ブロックすることなどができます
Chroumium:https://chrome.google.com/webstore/detail/leechblock-ng/blaaajhemilngeeffpbfkdjjoefldkok
Firefox:https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/leechblock-ng/
使いかたなど
https://www.proginosko.com/leechblock/examples/

ユーザースクリプト

ユーザースクリプトの導入方法は2通りあります。
1つはFirefoxやChromium系ブラウザに、「Tampermonkey」などのユーザースクリプトを使えるようにする拡張機能を入れるという方法です。
もう1つはAdGuard(Android版はv3.2以上)に入れるという方法です。
ユーザースクリプトを導入できないブラウザを含め、複数のブラウザで同一の環境を作ることができますが、HTTPSフィルタリングを有効にする必要があります。
そのためAdGuardの証明書を信用しないブラウザでは使用できません。

Google Hit Hider by Domain

Googleを始めとしたいくつかの検索エンジンから特定のドメインをブロックし表示しないようにできるユーザースクリプトです。
現状Google以外の検索エンジンではこれが一番よい選択肢かと思われます。
ほかにははちまバスターやゴシップサイトブロッカーなどがあります。

Googleだけでなく、StartPage・DuckDuckGo・Yahoo・Yahoo Japan・Yandex・Qwant・Baidu・Ecosia及びsearx.*となっているドメインのSearXインスタンスの計10種類の検索エンジンで利用可能です。

Greasyfork:https://greasyfork.org/ja/scripts/1682-google-hit-hider-by-domain-search-filter-block-sites
公式サイト:https://www.jeffersonscher.com/gm/google-hit-hider/

スクリプト製作者による解説
https://www.youtube.com/watch?v=u0431tculpg

Back2stackoverflowを使う

プログラミング関連に特化した質問サイトStackoverflowというサイトがあります。
このサイトの質問を自動で機械翻訳した日本語のコピーサイトなどがありますがその内容は稚拙で役に立たないことがほとんどです。
これらのサイトに誤ってアクセスした場合Stackoverflowにリダイレクトさせるためのユーザースクリプトです。
GitHub:https://github.com/Taraflex/Back2stackoverflow
URL:https://raw.githubusercontent.com/Taraflex/Back2stackoverflow/master/back2stackoverflow.user.js

ブラックリスト

パソコン修理のエヌシステムBLOGのブラックリスト

公式サイト:https://pc-pier.com/blog/2019/05/31/search-blacklist/
URL:https://pc-pier.com/blog/uBlacklist_from_nsystem.txt

邪魔な『〇〇について調べてみました!』『いかがでしたか?』を駆逐します。
uBlacklist用のブラックリストです。

ncaqのブラックリスト

紹介ページ:https://www.ncaq.net/2019/12/18/19/18/05/
URL:https://cdn.ncaq.net/uBlacklist.txt

ポケモン徹底攻略やStack OverflowのコピペサイトをGoogle検索から除外します。
uBlacklist用のブラックリストです。

umucubのブラックリスト

GitHub:https://github.com/umucub/blocklist

Personal BlocklistまたはGoogle Hit Hider by Domain用のブラックリストです。
なお2015年で更新が止まっています。

別の検索エンジンを使う

アフィサイトなどの低質なサイトはGoogle検索で上位に表示されるように最適化されていることが多く、別の検索エンジンを使うことによってそれらを除外したりすることが出来ます

  • SearX
    https://searx.me/
    プライバシー保護を重視したオープンソースのメタ検索エンジン
    検索結果はカスタマイズできるので設定によって変わる
    検索結果は悪くはない
    プライバシーにも配慮されている
    サーバを借りて自分専用にインスタンスを立てることが出来る
    他のカスタマイズされたURLリンク
    https://github.com/asciimoo/searx/wiki/Searx-instances
    決められない場合以下のURLで色々なSearXからランダムに検索できる
    https://searx.neocities.org/
    ちなみにGoogleでSearXについて検索するとなぜか日本語の情報がまるで出ない
    デフォルトでは検索エンジンが少ないので設定の検索エンジンからDuckDuckGo、Qwant、StartPage、swisscows辺りを追加するといい感じの検索結果になる
  • DuckDuckGo
    https://duckduckgo.com/
    プライバシーの保護の観点からユーザーの情報を記録しない検索エンジン
    Googleとは違った検索結果なので目的の情報が出ないときはこちらも利用するとよい
    !Bangコマンドを利用するとほかの検索エンジンも使用できるので取り敢えずデフォルトの検索エンジンにして必要な時に!Bangする使い方もできる
    iPhoneのSafariでもデフォルト検索エンジンに設定できる数少ない検索エンジン
  • StartPage
    Googleベースだがプライバシーに配慮されている検索エンジン
    昔Torブラウザのデフォルト検索エンジンだった
    Googleで出ない情報も出てくることがある
    https://www.startpage.com/
  • GIBIRU
    プライバシーを尊重する検索エンジン
    Googleの検索結果と大きく異なる
    クッキーは利用せず検索履歴は保存されない
    https://www.gibiru.com/
  • swisscows
    https://swisscows.com/
    サジェストの表示などがユニークな検索エンジン
    Bingベースらしいがドイツ語では独自にインデックスしているらしい
  • wolframalpha
    https://www.wolframalpha.com/
    mathematicaの会社の検索エンジン
    データのようなものや計算に特化している
    万人向けではないが辞書のような使い方には便利かもしれない
    出典とかがしっかりしているので一部の用途には非常に有用だがファッションやゴシップ、流行といった特定の分野は検索しても一切出て来ない

Chrome の「検索エンジンの管理」を利用する

検索結果から特定のサイトを排除する、グーグル公式のクエリを利用します。
アドオンのように、検索結果が不自然に短くなったりすることがありません。

  • 方法
    chromeの設定→検索エンジンの管理→その他の検索エンジン(追加)→urlに
    {google:baseURL}search?q=%s+-[除外したいサイトに含まれるurl] AND -[除外したいサイトに含まれるurl] &{google:RLZ}{google:originalQueryForSuggestion}{google:assistedQueryStats}{google:searchFieldtrialParameter}{google:iOSSearchLanguage}{google:searchClient}{google:sourceId}{google:contextualSearchVersion}ie={inputEncoding}
    を入力。[除外したいサイトに含まれるurl]を、カッコごと置き換えてください。ANDはいくらでも追加できます。

URLリスト

拡張機能などで除外したほうがいいと思われるURLのリストです。
ドメイン単位で行っているため各拡張機能や、hostsファイルなどに使えます。

悪質まとめサイト

最終更新日2020-06-12 (金) 15:45:15

http://yaraon-blog.com/
http://blog.esuteru.com/
http://ch.esuteru.com/
http://m.esuteru.com/
http://blog-img.esuteru.com/
http://blog.jin115.com
http://jin115.com/
http://pokemon-matome.net/
http://brow2ing.doorblog.jp/
http://beelzeboulxxx.com/
http://shironeko-guild.blog.jp/
http://wonderfulnews.xyz/
http://hamusoku.com/
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/
http://alfalfalfa.com/
http://news4vip.livedoor.biz/
http://himasoku.com/
http://blog.livedoor.jp/insidears/
http://kanasoku.info/
https://www.Kemono-friendsch.com
https://irodorich.com
https://ohtanishohei-news.com
https://p5sokuhou.com
https://kemono-friendswiki.com
https://kemono-friendsbbs.com
http://yaraon.blog109.fc2.com/

編集履歴

低質キュレーションサイト

最終更新日2019-09-05 (木) 15:26:58

http://bniko.rjwebtec.com/
http://onkabu.2waky.com/
http://asuji.gregjaworski.com/
http://vovosk.suredoc.net/
https://entamescramble.com/
https://androidogate.net/
https://akogaresan.net/
https://kapiful.com/
https://ototototo.com/
https://kamitukablog.com/
https://kininaru-saishin-news.com/

編集履歴

その他の悪質・低質サイトなど

最終更新日2020-01-09 (木) 21:12:57

http://ja.fileerrors.com/
https://www.sejuku.net/
https://www.sorakara-mile.com
https://uptodown.com
https://game8.jp
https://appmedia.jp
https://gamewith.jp
https://gamy.jp
https://altema.jp
https://gamerch.com
https://gamepedia.jp
https://kamigame.jp
https://gameranbu.jp
https://tutorialmore.com/
https://adsoku.blogspot.com

編集履歴