Top > フィルターの更新


フィルターの更新

Last-modified: 2019-04-19 (金) 20:12:58

Androidの非root広告ブロックアプリAdGuardを使ってChromeやアプリ内の広告を無料でスマホから消す方法


AdGuardは、最新の広告に対応するために、定期的にフィルターを更新する必要があります。
広告が表示されるようになったときや、ウェブサイトの閲覧などで不具合が発生したときは、まずはフィルターを更新してみてください。


【目次】

フィルター更新の要否 Edit

  • 無料版ユーザー(≒当Wiki推奨設定)→初期設定でAdGuard標準フィルターは自動更新されますが、ユーザーフィルタ(280blocker+なんJ改修フィルター)だけは手動で更新する必要があります
  • AdGuard 3.0以上をプレミアム版で使用している方→カスタムフィルタは自動的に更新されるので何もする必要はありません
DNSオンDNSオフ
無料版手動で更新*1手動で更新*2
プレミアム版一部フィルター*3は手動で更新自動で更新

以下では、ユーザーフィルタを手動で更新する方法を中心に具体的なやり方を説明します。

【基本編】ユーザーフィルタの更新 Edit

ユーザーフィルタ(280blocker+なんJ改修フィルター)は自動更新されません。
下記の手順で更新してください。

更新手順 Edit

フィルターの更新自体はAdGuard導入法で説明した「280blocker+なんJ改修フィルターの導入」と同様の手順で行います。
ここでは、初心者ユーザーにも分かりやすいように同様の手順を再掲します。

280blocker+なんJ改修フィルターの更新 Edit

「コンテンツブロック」から「ユーザーフィルタ」を開いてください。

右上の「︙」から「インポート」をタップして出てきた画面に下記のURLをコピペして、「インポート」をタップします。

https://280blocker.net/files/280blocker_adblock_nanj.txt

Qct8viL.jpg
SVkXB7l.jpg
WKjxych.jpg
mPHsgHk.jpg

このような画面になっていれば成功です。

QMaQhdt.jpg

ユーザーフィルタの更新はこれで終了です。

【応用編】フィルターやAdGuardアプリの更新通知(IFTTT) Edit

自分で定期的にフィルターの更新を試みるのが面倒なので、最新のフィルターが公開されたら通知してほしいという方もいるでしょう。
AdGuard部では、IFTTTというアプリを利用することで最新版の公開を通知する機能を提供しています。
使い方は以下の通りです。

  1. Google Playへ行き、IFTTTアプリをインストールする。
  2. アプリ内のSearchから「280blockerのフィルターが更新されたら通知する」と検索し、My Appletに追加する。
  3. なんJ改修フィルターが更新されたら通知する -Ver.2-*4と検索し、My Appletに追加する。
  4. AdGuard for Androidが更新されたら通知する*5と検索し、My Appletに追加する。
  5. なんJ拡張フィルターを利用している方は「なんJ拡張フィルターが更新されたら通知する」と検索し、My Appletに追加する。

後は、放っておけば最新版が公開されたときに自動的にスマホに通知が表示されます。
通知が来たら、上述の手順にしたがってユーザーフィルタを更新しましょう。

なお、280blocker+なんJ改修フィルターを利用している場合には、各フィルターの公開からマージ版完成までにタイムラグが生じるため、通知を受け取ってから24時間後を目安に更新してください。

【応用編】AdGuardアプリ本体と標準フィルターの手動更新 Edit

AdGuardアプリ本体とAdGuardの標準フィルターは、初期設定で自動的に更新版のチェックがされるようになっているので、何もする必要はありません
アプリ本体の更新がある場合には、インストールを促す通知が表示されるので、メッセージに従ってください。

「設定→一般設定→アップデート→フィルタの自動更新」のチェックを外すことでフィルターの自動更新をオフにすることもできます。
なお、AdGuardの標準フィルターを使用していない場合にも、DNSブロックを使用していれば、AdGuardの簡易ドメインフィルタが適用されます(DNSブロックについてを参照してください)。
したがって、標準フィルターを使っていなくてもDNSブロックを使っているならば、自動更新をオンのままにすることをおすすめします。
自動更新をオフにしている場合は、ホームの右上にある矢印マークをタップすることで、手動で更新をチェックすることができます。

pSjrWSF.jpg

【応用編】フィルターが最新かどうかの確認 Edit

280blocker Edit

HTTPSフィルタリング無効の場合(デフォルト) Edit

まず、ユーザーフィルタの上から7行目あたりに記された日付を見てください。

ouPvpi1.png

次に、ブラウザから280blockerのサイト(https://280blocker.net)にアクセスし、最も新しい「フィルター更新」の記事の日付を見てください。

4MLTLgf.png

2つの日付が同じであれば、フィルターは最新のものになっています。

HTTPSフィルタリング有効の場合 Edit

HTTPSフィルタリングを有効にしている場合は、上記の方法よりも簡単に確認することができます。
まず、ブラウザから280blockerのサイトにアクセスし、最も新しい「フィルター更新」の記事を開いてください。
次に「280blockerの有効性のチェック」の欄を確認しましょう。

t4XPhyb.png

このようになっていれば、フィルターは最新のものになっています。


最新の4件を表示しています。 コメントページを参照

  • 一応RSSフィードなしでもサイト更新を教えてくれるアプリ入れたからこれが動けば問題ないかもだけど、やっぱIFTTTで統一したいからやり方知ってる人いたら教えてほしい -- 2019-01-23 (水) 02:31:03
    • ウェブサイト更新チェックみたいなアプリだと更新してなくてもダウンロードするからギガ減るしね -- 2019-01-23 (水) 08:09:38
      • 自分の入れたアプリそのものでくそ笑ってしまった、メモリも使うことになるし実行中の通知を常駐させないと落ちるらしいけど通知も邪魔だし… -- 2019-01-23 (水) 09:39:45
    • このへんの仕組みを使えばできますよ http://moguno.hatenablog.jp/entry/2018/08/02/163119 実装は、、①定周期でtxt読み込み、ハッシュ値算出。ハッシュ値はPropertyServiceで保持 ②前回実施時のハッシュ値との差異判定 ③IFTTTのWebHookにPOST -- 2019-01-23 (水) 12:46:31
      • とてもありがたいんですがAPIの説明を読んでいたら頭痛くなってきてしまった…英語は翻訳でどうにでもなったがごめんなさいプログラム全然わからないでも確かにこれ使えば実現は出来そう -- 2019-01-23 (水) 13:41:45
      • 「定周期でtxt読み込み、ハッシュ値算出。」不要 -- 2019-01-25 (金) 12:24:25
      • >2019-01-25 (金) 12:24:25 詳しいなら教えて欲しいんやがGASでHEADアクセスみたいなことが出来るってことかいな? GET/POSTしか出来ないはずやが… -- 2019-01-25 (金) 21:46:34
      • 返答がまだないので'不要'の意図は分かりませんが280blocker.netで確認したところLast-Modified,ETagをしっかり返してくれるのでハッシュの代わりにこれらを使えばシンプルですね。GASでHEADは使えないと思います https://developers.google.com/apps-script/reference/url-fetch/url-fetch-app#fetchurl-params -- 2019-01-28 (月) 21:40:41
      • 齧っているようなので簡便に。GASで全て行う必要なし -- 2019-02-03 (日) 15:03:57
  • だめだ、常駐系のアプリ多すぎてハングしてしまったからさっきのアプリアンストするしかなかった…個々のやつの通知来ても一日くらい待ってたら忘れてしまうし実際に更新されたかも分からないので誰か出来れば猿でもわかるようにwebhookのスクリプト含めthis部分の説明くださいお願いしますってこれ私コメントし過ぎな気がするスレに持ってった方がいい事案ですか? -- 2019-01-23 (水) 14:46:26
    • 別にコメントしすぎで怒られるみたいなことはないですよ。自分が話しやすいところで話してOK -- 2019-01-23 (水) 19:04:27
    • 通知を遅延させるだけでいいなら『thisに280のRSS(もしくはTweet)、thatにGoogleカレンダーで"Tommorow 21:00"』とでも入れて翌日にリマインダーができます。カレンダーの通知がいやならもう一つAppletを作って『thisにGoogleカレンダーでAny event startsかEvent from search starts』を設定すれば好きな方法でPushを受け取れますね -- 2019-01-24 (木) 16:09:01
    • いくらコメントしようがかまわないけど同じ題ならツリー仕切り直しはやめてくんない? -- 2019-01-25 (金) 09:18:33
  • まあ本音を言ってしまうと別々のではなく280blocker+なんJ改修フィルターのappret誰かが作って公表してくださると助かります…私以外にも需要はあると信じたい -- 2019-01-23 (水) 22:06:56
    • https://dotup.org/uploda/dotup.org1759763.jpg 公開するのも面倒、したあとも面倒。公開手続きしなくてはならないし、その後消すことできなくなるからなるべく継続維持する羽目に。直せないから作り直したときはアナウンスする手間まで発生。楽するために作ったのだからイニシャルとランニング両方のコストなんて払いたくない。公開するインセンティブが少しも働かない。よほどの物好きか、聖者か、自己顕示欲の固まりでもないと好き好んで公開しないと思うね。いま他のいろいろ公開してる人に頼んでみれば? -- 2019-01-30 (水) 09:35:41
    • 今更ですがやっとはてなアンテナを用いてマージ版の更新が来たら通知するアプレット作成に成功しました。 -- 2019-07-02 (火) 16:11:04
  • safariのフィルター数制限が50000とのことですが、Adguard proにおいて必要とされるフィルターはどれになりますでしょうか。 -- 2019-03-14 (木) 00:35:38
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 上述のとおりAdGuard標準フィルターは自動更新されます。
*2 同上。
*3 なんJ改修フィルターなどDNSルールが入っているフィルターはカスタムフィルタで読み込めないため、ユーザーフィルタに入れる必要があるからです。
*4 txtファイルのURL変更に伴い、Appletの方も更新されました。「-Ver.2-」と付いていないAppletを使用している方はこちらの方に切り替えてください。
*5 リリース版だけでなく、Beta版やRC版の更新についても通知されます。