アイテム/クーラードリンク

Last-modified: 2021-08-20 (金) 14:49:41

概要

  • ハンターにはお馴染みの白い飲み物。
    飲むことで10分間(火山の奥地などの灼熱地帯では5分間)、暑さによるダメージを防いでくれる。
    店売りは勿論のこと、氷結晶にが虫で調合も可能だが、
    調合成功率が100%ではないので、調合書などの準備は忘れずに。
    最大所持数は5個。基本的に足りる数ではあるが、
    灼熱地帯で狩猟が長引く、乙るなどで足りなくなる可能性はある。
    根性などで生き残った時にクーラードリンクの効果が切れ、
    そのまま乙ることが多いのは気のせいだろうか…
    • 類似アイテムには氷結晶イチゴやクーラーミートが存在するが、
      氷結晶イチゴはストックするのが手間な上に効果時間もクーラードリンクの半分、
      クーラーミートは所持数が多くスタミナ回復もできるが肉なので食べるのに時間が掛かるため、
      単に暑さ対策をしたいならクーラードリンクが一番手軽である。
      他にもMHFには上位版のヒエヒエドリンクや
      ホットドリンクとの複合アイテムである温冷ドリンクが存在し、
      MHSTでは暑さによるサボリ(行動不可)を防げる「クーラーミスト」という類似品も登場している。
  • MHXにて寒冷適応が登場したことで、
    寒冷地帯にクーラードリンクを持っていく選択肢ができた。
    尤も、クーラードリンク使用時の追加効果はささやかな物なので、
    そのためにアイテム枠を1つ使うかは考える必要がある。
  • 勘違いしやすいが、溶岩地帯による地形ダメージは無効化できない
    対処したい場合はネコの長靴術と併用するか、
    耐暑スキルを発動させる必要がある。
  • 大体の作品では初期から入手できるが、
    MHWorldではまともに入手(購入)できるタイミングがストーリー後半からという超重役出勤となっている。
    あまりにも登場が遅いせいで人によっては存在自体忘れている場合もあり、
    フリークエストのゾラ・マグダラオスに挑んだ時に
    灼熱地帯ダメージを食らって初めてクーラードリンクの存在に気付くプレイヤーもいたとか。
    また、灼熱フィールドが存在する「龍結晶の地」では、
    クーラードリンクの単独調合素材「ヒンヤリダケ」を採取できるポイントがいくつかあるので、
    クーラードリンクを現地調達可能。
    • MHW:IではEXディノα脚や達人芸テンプレにほぼ確実に組み込まれるEXカイザー腕に
      熱ダメージ無効スキルが付属しているので、クーラードリンクに頼ることが少なくなった。
      そのため、達人芸を愛用するハンターからは冗談抜きに存在自体が忘れられている場合が多い。

余談

  • クエストに出発した後に忘れ物に気付くというのはよくある話だが、
    どういうわけかクーラードリンクを忘れる事例が群を抜いて多い。
    バルバレ集会所の上位受付嬢の話によると、ハンター忘れ物ランキングNo.1は「クーラードリンク」、
    そしてリタイア理由ランキングNo.1は案の定クーラードリンクを忘れた」らしい。
    それほどまでにクーラードリンクを忘れる事が多いせいか、
    持っていくのを忘れるのがクーラードリンクの効果」などと冗談交じりに言われたりする。
  • MH4Gのオープニングムービー内で、ハンターがクーラードリンクと思われる
    青い半透明な液体を飲むシーンがある。
    炎天下に冷たい飲み物というだけで十分なのか、随分美味しそうに飲んでいるが、
    調合素材は氷結晶とにが虫であり、あまり飲みやすい物とは思えない。
    まして氷結晶は溶けない氷である以上、液体部分はにが虫100%ということに…
    描写がないだけで、実際のところは近くで汲んできた水に
    にが虫のエキスと氷結晶を入れている、といった形なのかもしれないが。
    • 仮に水がそこら辺の川や湖などの物だとすると、にが虫を入れるのは
      体液の殺菌作用を利用して安全に飲めるようにする為かもしれない。*1
  • モガの村の雑貨屋のお姉さんによれば、味の種類がいくつかあるとのこと。
    しかし、米虫フレーバーだの、シナト村の雑貨屋で扱っている物は
    この薬って何? え? 毒薬!?」という味だのと、
    暑さ対策どころか背筋が寒くなるような味らしい。
  • 実は2009年に「ハンターを冷やせ! クーラードリンクで暑い夏を乗り切ろう!」という宣伝文句で商品化され、
    MHP2G以前のメインモンスターの他、
    MH3のメインモンスターたる海竜ラギアクルスのデザインがプリントされたアルミのボトル缶で
    MH3発売日前日である7月31日から夏休み期間の間限定で全国のコンビニなどで販売されていた。
    ちなみに味の方はというと、なんと言うか全体的にポ○リ
    にが虫イメージと思われるえぐいような苦いような味と、
    ギャバ由来であろうなんとも微妙な清涼感おおよそ設定どおりの時間続く。
    味に関しては個人の好みもあるとしても、
    2008年に商品化された回復薬の味を知っているプレイヤーからすれば、
    回復薬の方がまだ飲みやすかったと思うような味である。

関連項目

スキル/耐暑・耐寒
スキル/寒冷適応
アイテム/クーラーミート
アイテム/ホットドリンク
アイテム/温冷ドリンク
アイテム/氷結晶 - 以下は全てクーラードリンクの調合素材である。
アイテム/にが虫
アイテム/ヒンヤリダケ


*1 水辺は動物のトイレ場になっている事も多く、一見綺麗に見えても細菌やウイルス、寄生虫などが混入している可能性があるので、そのまま飲むのは危険である