Top > アイテム > コイン


アイテム/コイン

Last-modified: 2018-11-06 (火) 00:46:53

訓練所や○○演習系クエスト、闘技大会などをクリアすると成功報酬として貰えるアイテム。





概要 Edit

  • 名前の前半に、モンスターの名前の一部や特徴、別名や種族名が5文字以内で書かれている。
    • 尚、キリンの場合は「キリンコイン」ではなく「古龍のコイン」や「マボロシコイン」になる。
  • 訓練所では、モンスターの部位破壊を達成すると、本来の素材ではなくこれらのコインが追加入手できる。
    MHFで登場した特別演習シリーズでは武器制限が厳しい分、通常の狩猟・闘技演習よりも
    ギルドコインや古龍のコインといったレアコインが基本報酬に出る確率が高い。
  • MH3・MH3Gでの闘技大会の場合も、飛竜・海竜・獣竜・水竜・牙獣・鳥竜と種族名*1で割り振られているが、
    部位破壊をしても報酬は増えず、戦略的な意味合いでの部位破壊以外にメリットは無い。
    報酬枠も異常に少なく、闘技王・狩猟王の確定報酬を除いて1個も手に入らない事も多い。
    特に獣竜のコインの確保はかなり絶望的だった
    • チケットと共に、主に非採取素材系の防具や武器の生産、強化に必要になる。
      ただし、MH3Gにおける鳥竜のコインのみ入手方法がDLが必要なチャレンジクエスト限定であるからか
      装備の生産に一切必要ないので、もっぱら資源ポイントに変換される。
  • また、MH2及びMHFには演習の指定クリア時間や獲得ポイント、難易度に応じたコインも入手可能。
    「永遠のコイン」や「豪華なコイン」、「シロオビコイン」等、モンスターの名称ではない
    名称が用いられている。
  • MHPでは「怪鳥のコイン」「砂竜のコイン」「毒怪鳥のコイン」のレア度が3に設定されていた。
    つまり他のハンターへの受け渡しが可能なのである。
    受け渡した後にリセットすれば無限増殖が行えてしまう。
    コインは99枚持てるので、3種類のコインを99枚ずつ渡せば6万ゼニー弱で売却可能。
    増殖は邪道だとしても、コインを含めた受け渡し可能な素材のみで各種フェイクが作れたりするので、
    他の素材も受け渡すことで新規作成したキャラに最初から自動マーキングを発動させるなど、
    シリーズ一般からしてみれば掟破りな攻略法が存在する。

関連項目 Edit

システム/訓練所
アイテム/ホーンズコイン - MHXXで初登場。コインの一種だが性質は異なる。






*1 MH3の時は「土砂竜のコイン」「氷牙竜のコイン」と別名表記だった。