アイテム/怪力の種

Last-modified: 2018-03-27 (火) 12:21:59

概要 Edit

  • 植物の種の1種で、食べると経絡エネルギーの流れが活性化し、武器倍率が3分間+10される。
    また、調合に使う事で鬼人薬怪力の丸薬を作る事が出来る。
  • 効果時間に制限こそあるが、武器倍率上昇量は何と鬼人薬グレートの倍(P3では鬼人薬グレート+3)。
    また鬼人薬系とグループが違う為、効果を重複させる事も可能。
    ポーチが空いていたらとりあえず持っていっても損はない。
    • MHWorldでは同じ効果だが範囲内の味方全員を強化できる鬼人の粉塵が登場。
      しかしこれも怪力の種とグループが異なるため、重複させることが可能であり
      両方を同時に使用すれば3分間武器倍率を+20にもできる。
  • MHP以外のPシリーズでは序盤における貴重な資金源でもある。
    農場の畑のウネに埋められる植物の中では売却時の価格が最も高く(140z)、
    モンスターのフンや釣りミミズを肥料にすれば大量に収穫出来るので、
    その内3つだけ手元に残し残りを全て売れば、1回辺り約2000z~3000z程度の儲けになる。
    使ってよし、売ってよしの万能アイテムである。
    • MHPではこの方法は非常に効率が悪い。なぜなら売値が買値の1/10(28z)だからである。
    • 農場システムの異なる3や3Gでも同じ方法で稼ぐことができる。
      1回毎に資源ポイントが80必要だが、資源はゲームが進むにつれ有り余ってくる上、
      P2やP2Gの時のように大量の肥料を必要としない。
      さらに、わざわざクエスト後にいちいち収穫する手間もないため、より効率よく資金稼ぎができる。
      資源がないなら、1回20Pで栽培できるウチケシの実(120z)を育ててもいい。
  • MHP2GやMHP3において、既存のデータを引き継いで新規にスタートする場合、
    元のデータのアイテムボックスを可能な限り怪力の種で埋めておくと資金源として役に立つ。
    普通にやると99999zしか引き継げないが、この方法で1枠(99個)あたり13860zを追加できる。
    特にMHP3では最大で1000枠埋められるので、
    その気になれば序盤でゼニーカンストも可能である。
    MHでは序盤の金銭管理も重要であり、まさしく強くてニューゲーム。
    買値の半分ではあるが、レア度3以下で買値の半額で売れるアイテムとしては一番高価である。

関連項目 Edit

アイテム/忍耐の種