アイテム/黒真珠

Last-modified: 2020-03-03 (火) 17:31:42

MH2から登場している素材アイテムの一種。
一応モンスター素材とも言えるが、かなり微妙な立ち位置にある。

概要 Edit

  • フィールドに落ちている貝から採取したり、甲殻種のモンスターから剥ぎ取ったりすると手に入る素材。
    宝石としても価値がある貴重な逸品だが、ハンターからすれば武具の素材である。
    質が良く粒も大きな物は極上黒真珠と呼ばれる。
    • MH世界で購入しようすると結構高価な品であるらしく、
      MHFのシリーズ受付のミズキは黒真珠について、「高くて手が出せない」と話している。
  • この黒真珠、シリーズによって売却価格が大きく変動するという特徴がある。
    地域によって希少性や用途が異なる分、その辺りが価格にも影響を及ぼしているのかもしれない。
    では、上述のミズキが登場するMHFの舞台、メゼポルタの市場ではいくらなのか。
    彼女のセリフからさぞ高額なのだろうと思いきや、なんと僅か50z
    MH2と並んでシリーズワーストタイである。
    しかもハンターが入手できる黒真珠は決して人工的なものではなく、100%天然物であるにもかかわらず。
    天然物であるが故に研磨されておらず、光沢や形状に問題があったりするからこんなに安いのだろうか?
  • MH3Gでは甲殻種のモンスターが登場しないため、フィールド上での採取か、
    狩猟船による宝探しでのみ入手できる。
    しかし、武具の素材としての用途は見出されていない模様。
    手に入れたらさっさと資源にしてしまった方が良いだろう。
    因みに、意外にも現在全シリーズにおいて黒真珠の売却価格が最も高いのがMH3Gだったりするが、
    それでも300zと決して高いとは言い難い価格である。
  • MH4Gではヤオザミやダイミョウザザミの固有素材として扱われる形になった。
    さらにヤオザミもダイミョウザザミも上位以上のクエストにしか登場しないため、
    事実上の上位素材となり、以前よりレア度も増している…にもかかわらず、
    売却価格はMH3Gの頃より落ち込んでいる(それでも190zと、MH2の頃のドンドルマに比べればマシになっている)。
    MH世界の市場はどうなっているのだろうか?
    また、MH3Gでは登場しなかった極上黒真珠も久方ぶりに復活した。
    こちらはMHP2Gの頃と比べてレア度だけでなく売却価格も高騰したが、
    それでも1,950zとG級素材にしてはある意味で衝撃的なほど安い。
  • MHXでも続投。立場はMH4Gから変わっていないが、
    ヤオザミやダイミョウザザミが下位クエストから登場するようになり、その影響で再び下位素材となった。
    しかしその影響なのか、また売却価格は下がった。今作では150zにしかならない。
    そしてG級クエストが無いため、極上黒真珠はまたもリストラである。
    徐々にMH2時代に近付きつつあるが、黒真珠の未来は果たして…。
  • MHSTではヤオザミおよびダイミョウザザミから入手できる固有の特産品アイテムとして登場する。
  • MHFでは「黄金真珠」という、まさに幻の素材と呼ばれる真珠が存在する。
    ヤド真珠か、それとも黒真珠の系列なのか分かりづらいが、精算アイテムではないので後者だろう。
    辿異種ダイミョウザザミのみが持っている。
  • 甲殻種素材の武具の他に、甲殻種とは全く関係が無いが黒い外観をした武具の素材に使われる事も多い。
    一方、孤島地方では上述のように、武具の素材よりもどちらかというと資源としての需要が高い。

余談 Edit

  • 現実世界の黒真珠とはクロチョウガイから産する真珠の事を指す。
    また、染色処理を施された真珠もこう呼ばれる事がある。

関連項目 Edit

アイテム/巨大真珠