オトモ/リンクネコシリーズ

Last-modified: 2020-03-10 (火) 21:34:52

MHXに登場したオトモ装備の一つ。
MH4にてコラボが行われた、ゼルダの伝説とのコラボ第2弾。
MHXではコラボクエスト「ゼルダの伝説・勇者、ふたたび」をクリアすることで作成可能となる。

概要

  • ゼルダの伝説シリーズの主人公、リンクを象ったオトモ装備。
    より正確にいうと、2002年12月13日に発売された「ゼルダの伝説 風のタクト
    及びその続編の「夢幻の砂時計」「大地の汽笛」等に登場するリンク(通称:ネコ目リンク)が基となっている。
    オトモ装備という事でか、ヒゲやネコ耳、尻尾など一部がアイルー風にアレンジされている。
  • 作成するにはコラボクエスト「ゼルダの伝説・勇者、ふたたび」の報酬である「風のタクト」の他、
    毛皮の上端材や鉱石の上端材などが必要になる。
  • 防具は「リンクネコ耳マスク」「リンクネコしっぽ服」の二つ。
    モデリングが専用のものになる*1ため、一見なりきりシリーズにも見えるが
    きっちり頭防具と胴防具が分かれている。
    そのため別の防具と組み合わせると
    ゴツい鎧やらモフモフした着ぐるみやらを身に付けた珍妙な格好をしたリンクや、
    勇者のコスプレをしたオトモアイルーといったようなちぐはぐなことになってしまうので、
    特に理由が無ければ一式での着用をオススメする。ネタ的には非常に美味しいが。
    背中には風のタクト版マスターソードとミラーシールド(後述)を背負っているが、飾りであり使うことはできない。
  • 代わりに武器として振るう得物は「ネコのタクト」。ネコタクではない。
    原作に登場する重要アイテム「風のタクト」を象った武器。
    原作では風を操ることができるアイテムだったが、
    これを装備させたからといってオトモの攻撃で吹き飛ばされたりはしない。
  • かなりスッキリしたデザインで、その大きさはきりみステッキに並ぶくらい小さい。
    防具に被ったり埋まったりせず、色も白いため目立ちにくい。
    個性的なデザインのものが多いオトモ武器の中でもかなり主張が少なく防具に合わせやすいため
    見た目用武器としてはかなり有用。これで武器合成ができれば...
    ちなみに同コラボ防具と組み合わせると盾の裏側にピッタリ収納されるので見栄えがいい。
  • MHXXからはオトモ防具の着彩設定が可能になったが、
    残念ながらこの装備はカラー変更に対応していない。

余談

  • 「風のタクト」シリーズの大きな特徴として
    トゥーンレンダリングを利用した、アニメチックなグラフィックが挙げられる。
    煙や波、風に至るまで全てがアニメ調にデフォルメされており、
    作品全体が独特な雰囲気を持っている。
    もちろん登場キャラクターもトゥーンタッチとなっており、リンクも例外ではない。
    勇者シリーズと比べてみれば分かるようにその差は歴然。
    風のタクトシリーズのリンクを指してトゥーンリンクと呼ぶこともある。
    ちなみにカプコンが開発元となっている「ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし」に登場するのも
    このトゥーンデフォルメがなされたタイプのリンクである。
  • 背中に装備した盾は「ミラーシールド」というアイテム。
    その名の通り鏡のように光を反射する盾で、通常の盾と同じように攻撃から身を守る他
    作中ではその特性を謎解きに活用することになる。
    なおこのミラーシールド、原作ではストーリーが佳境に入ってから手に入るアイテムである。
    防具の説明には"壮大な冒険を乗り越えた少年を象った"とあるため
    おそらく冒険が大団円を迎えた辺りの装備を象ったのだろう。

関連項目

クエスト/ゼルダの伝説シリーズ - この装備が作成できるクエスト「ゼルダの伝説・勇者、ふたたび」についての記載あり。
防具/勇者シリーズ
武器/勇者の剣
ゲーム用語/任天堂
ゲーム用語/コラボレーション


*1 露出しているネコ耳や尻尾も新規にモデリングされているため、オトモの毛並みの影響を受けない