クエスト/【ターン】リモセトス

Last-modified: 2021-08-12 (木) 21:37:14

MHST2に存在するトライアルクエスト

作品レベル種別目的地報酬金獲得経験値
MHST2★2トライアルクエスト闘技場200z20

概要

  • まず初めに、トライアルクエストとは前作やメインシリーズで言う闘技大会に当たるもので、
    装備やオトモン、編成などは特に指定はされないが特定の条件でクリアすると特別に報酬が貰える。
    このクエストはそんなトライアルクエストで一番最初に受けられるものである。
  • 内容はリモセトス3頭の討伐という非常に簡単なもの。
    トライアルボーナスで最も難しいゴールド条件は「1ターン以内でクリア」となっているが、
    リモセトスは草食種と言うのもあってあまりにも弱いので、
    オトモンをちゃんと育てて武器を鍛え、共闘パートナーで手数を増やせば達成は可能。
    共闘パートナーがいない時は手数が絶対的に足りない以上、全体攻撃が必要になる。
 
  • ここで注目したいのがトライアルクエストの仕様。
    トライアルクエストは受注するとその場で即座に戦闘が開始され、戦闘が終わるとクエスト報酬が貰える。
    そして、再びトライアルクエスト選択画面に最も上にある項目を選択した状態で戻るのである。
    • この点が発売前の体験版配信時にしゃぶり尽したいプレイヤーに目を付けられた。
      というのも、Aを連打しているだけで戦闘が終わり、報酬を受け取り、再受注もできるため、
      連射機能付きコントローラーでA連打させて放置しているだけで稼ぎが可能なのである。
      報酬金はたった200zと高くは無いが、リモセトスは換金アイテムのトロ肉を落とすのでそれも売れるし、
      生肉を大量に落とすので今度はサブクエストの「焼きます! こんがり肉」で稼ぐ手もある。
      つまる所、最序盤の稼ぎとしてはバランスブレイカーなぐらい効率が良い
      中には体験版時点で最早所持金をカンストさせてしまった猛者もいるとか……。
    • 連射コンの自動連打で稼げる関係上、ゲームを起動しっぱなしで一日中稼働させている
      なんて者も見受けられるが、これはハードに著しい負担をかける行為なのであまりお勧めはできない。
      そもそも、やりすぎると資金に全く困らなくなるバランスブレイカーな面もあるので
      この稼ぎは程ほどにしておこう。
  • なお、ストーリーをある程度進めるとこのクエストでの放置稼ぎは不可能になる
    何故かと言うと新しいクエストがこのクエストよりも上に追加されるため。
    一応ソート機能でこのクエストを一番上にはできるが、クリアした後は並びが戻ってしまう。
    無論、このクエストの難易度が上がる訳では無いので生肉の調達手段としては優秀だが。
    • ただし、あくまで"このクエストを使った稼ぎが不可能になる"というだけで、
      新しく追加されたクエストを連打放置しても問題無い程の戦力が整っているのなら
      相変わらずトライアルクエストを用いた放置稼ぎは可能である。
      ただ、製品版ではレベルの制限が無く放置する限りどこまでも上げられてしまうため、
      適正レベルを大幅に超えてやり応えが無くなってしまうリスクもある。
  • ちなみにこの放置稼ぎには、ライダーカードの表示における大きなデメリットがある。
    ライダーカードにはよく使うオトモンとしてパワー、スピード、テクニックから
    各3体が乗るのだが、このクエストは体験版や序盤で回すことになるため、
    パワーはドスファンゴ、スピードはドスランポス、テクニックはイャンクックやプケプケなどの
    序盤のモンスターの使用率がとんでもないことになり、ゲームクリアしてエンドコンテンツを楽しむ頃になっても
    よく使うオトモンに序盤のモンスターが不動の如く埋め尽くされる。
    これを上書きするためにはよく使うオトモンにしたいオトモンを編成して
    【ターン】リモセトスを回した回数を超える回数分戦闘する必要がある
    つまりリモセトスの討伐数が9999体でカンストさせるくらい回した人最低でも3333回回す必要があり、
    何かしらの対策と取らない限り、ライダーカードに序盤モンスターが永久に刻まれ続ける。
    自分のライダーカードや他人から貰ったライダーカードを確認してみよう。

関連項目

ゲーム用語/金策
モンスター/リモセトス
モンハン用語/肉屋