クエスト/カウンターバランス

Last-modified: 2020-04-04 (土) 12:40:15

MHP3のイベントクエスト。後にMH3GのG級クエストとしても登場した。
内容は闘技場でのアグナコトル原種及び亜種、2頭の同時狩猟。
本来は真逆の環境に生息するアグナコトル原種&アグナコトル亜種
闘技場にて同時に登場するという珍妙な強化クエストである。

 
作品クエストレベルクエスト種別目的地報酬金契約金参加条件配信日
MHP3集会浴場上位★8狩猟クエスト陸の闘技場16800z1400zHR4以上2011年9月23日
MH3G港G級★824000z2100zHR6以上-
 

概要

  • 依頼主である「謎を追い求める少女」によれば、
    「炎と水、相容れぬ存在が闘技場に巣くうておるみたいや。相殺せず、共存するなんて…。」
    …とのことだが、広範囲を薙ぎ払うアグナレーザー、横滑りタックル、連発される地中からの突撃など、
    激しく同士討ちを繰り返す姿は果たして共存と呼べるのか…。
    いつも通り仲良くハンターだけを狙う所に関しては共存と言えるか。
    ただこのクエスト、けむり玉で分断できないと片方のレーザーに集中していたら後ろから襲われるなど
    とても見ていられない状態になってしまう。
    アグナのレーザーの性質上ガードした時の削りダメージが激しい為納刀が遅いAGガンランスではクリアが難しく
    天龍飛翔とは別の意味で最難関とも言える。
  • 両者とも本来の生息地以外での出現を想定されていないためか、
    闘技場で地中に潜った時にも溶岩の軟化氷の硬化が発生する。
    真逆の温度変化が同じ場所で起こっているという事であり、
    こっちこそが依頼主の言う「謎や。ミステリーや。」ではなかろうか。
    無論ハンターはいつも通りモンスターを全て狩ってクエストを終わらせるのだが、
    依頼主に納得のいく報告ができたのかどうかは定かでは無い。
  • 因みにこのクエストではいわゆるクロスビームが見られる。
    そのためにはアグナコトル・アグナコトル亜種・プレイヤーの位置が三角形にならなければならない。
    危険な位置関係であり、必ずしも仕掛けてくるとは限らないので注意しよう。
    なお、MHP3のクエスト配信前の予告画像は、原種と亜種のブレスがクロスしているカットが採用された。

余談

  • クエスト名はMHP3では「カウンターバランス」だったが、
    MH3Gでは「カウンターバランス!」と感嘆符が付いたタイトルとなっている。
    …より迫力を出したかったのだろうか?
  • 類似クエストに「氷泥武闘曲」(ボルボロス原種&亜種)、「塵雪の乱気流」(ベリオロス原種&亜種)がある。
    原種と亜種がコンビを組んで闘技場に登場するクエストは、MH3Gではさらに追加され、
    「肉断つ斧、骨砕く槌」(ドボルベルク原種&亜種)、「牙竜の檻」(ジンオウガ原種&亜種)、
    「ミュージカル~彩鳥の舞~」(クルペッコ原種&亜種)の3つが新たに登場した。
    • また、イベントクエストで「JUMP・連撃の炎戈竜!!」という、やはりよく似た内容のクエストがある。
      こちらは原種2頭を闘技場で同時に狩猟するというもので、やはり難易度は高い。
      報酬で「秘宝Jチケット」が入手可能であり、5枚集めることで「キャプテンJブレイド」が生産可能。

関連項目

モンスター/アグナコトル
モンスター/アグナコトル亜種
クエスト/塵雪の乱気流 - 原種と亜種を同時狩猟するという点で共通しているクエスト。