クエスト/水清ければ月宿る

Last-modified: 2022-01-03 (月) 02:49:40

MHRiseに登場するイベントクエストのひとつ。

 
作品クエストレベルクエスト種別目的地報酬金条件メインターゲット
MHRiseイベント★6大連続狩猟獄泉郷15120z受注・参加:
HR4~
全てのターゲットの狩猟
 

概要

美しきトレジャーハンター
私は海や川の奥底に眠る古代のお宝を探し求めるトレジャーハンター。
でも、狙ってた場所がモンスターだらけで潜れないの。
私が潜るときに愛用している重ね着装備の素材をあげるから、
狩猟してくれないかしら…?
  • 2021年11月26日より配信されたイベントクエスト。
    トレジャーハンターの女性が獄泉郷に眠る宝を探せる様に、
    同地にて水棲のモンスター達を相手取る大連続狩猟クエストであり、
    ジュラトドスイソネミクニタマミツネの順で1頭ずつ相手取る事となる。
    • 登場するモンスター達は強化個体ではなく、大連続狩猟故に体力も低い。
      ストーリー攻略中の方々は兎も角、HR解放後のハンター諸氏であれば恐るるには足らないだろう。
      しかも、登場するモンスターは三体とも雷属性が弱点の為、武器選択にも困ることもない。
      一応、水属性やられを回復するウチケシの実、イソネミクニの睡眠対策の元気ドリンコ、
      タマミツネの泡対策の消散剤辺りを持っていくと良いか。
    • 報酬は、重ね着装備「ダイバーシリーズ」の生産素材である「潜水チケット」。
      ダイバーシリーズは、前作MHW:Iの『アステラ祭【納涼の宴】』において登場した防具であるが、
      今作では装備の方は存在せず、重ね着装備のみの登場となっている。
  • ここまで見れば、重ね着装備の生産素材を入手するだけのイベントクエストであるが、
    このクエストの特筆すべき点は、初めて明確に獄泉郷を活動拠点とするモンスターが確認された点にあるだろう。
    • 本イベントクエストの配信以前、獄泉郷を舞台とするクエスト自体は、
      これまでに『高難度:猛者たちの酒宴』、『高難度:ヌシの名を戴くもの』が存在していた。
      しかし、これらのクエストは依頼文の内容から、
      「モンスター達が集まって来て危険だから狩猟して欲しい」というよりも、
      どちらかと言えば「見世物としての狩猟」という趣が強かった。
      それらのクエストに対し、本クエストの依頼文には、
      狙ってた場所がモンスターだらけで潜れないの。』と書かれており、
      本クエストに登場するモンスター達が、その場に居た野生個体である事を伺わせている。
    • そして、これまで獄泉郷に登場していたモンスター達は、皆危険度★6以上と錚々たる顔ぶれであった。
      しかし、本クエストではジュラトドスやイソネミクニといった、
      危険度が★4~5という、強さや影響力では彼らに劣るとされるモンスターも登場している。*1
      それでも、タマミツネやイソネミクニは生息環境から見れば、獄泉郷に棲んでいても違和感は少ないだろう。
      只、ジュラトドスに関しては、危険度*2と泥濘地に依存した生態から、
      獄泉郷への登場に違和感を覚える人も居るかも知れない。
      というかその水場ってそんなに深かったのか・・・

余談

  • 本イベントクエストは、HR解放前のハンターが獄泉郷に赴ける初のイベントクエストである。
    しかし、獄泉郷限定のモンスターやアイテム等は存在しない為、
    目ぼしいものと言えば、この世の地獄とも言える景色ぐらいだろうか。
  • こちらは余談中の余談であるが、ジュラトドス、イソネミクニ、タマミツネの三者に関しては、
    獄泉郷以外にも水没林でお互いかち合う機会が存在する。
  • クエスト名の「水清ければ月宿る」は
    「きれいな水には月が映るように、心に穢れがなければ神仏の加護を得られる」
    …といった意味の諺。
    もっとも、クエストの内容を鑑みるに
    「水清ければ→邪魔なモンスターがいなければ」
    「月宿る→お宝を得られる」
    といったニュアンスでつけられた名前と思われ、
    諺としての意味についてはあまり意識してなさそうである。

関連項目

モンスター/ジュラトドス
モンスター/イソネミクニ
モンスター/タマミツネ
フィールド/獄泉郷
システム/イベントクエスト


*1 モンスターの危険度は単純な強さの他にも、人間社会への影響も考慮されている為、一概に危険度=強さとは言えないが。
*2 ジュラトドスの危険度は★4。